« 「木と木材の幸せな旅~東濃~」見学ツアー&座談会 | トップページ | 冬桜の会 »

2007/12/28

ちょっと気になるカレンダー3つ

いつもメールをいただくお人から年末のご挨拶代わりと言って
こんなメールをいただきました。
これはその人のまた知人から送られたものらしいのですが
世の中には面白いカレンダーがあるものですね。
白川静 という人もたいしたお方です。
早速買いたくなりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 これまで毎日見てゐたものが、バングラへの旅行中 ここには
  無いなぁ と、物足りなく思ってゐたものが ありまして、其れが
  白川静の漢字カレンダー( 平凡社 1200円 )だったんですよ

  大森の自宅では、1階のトイレでしゃがんだ時に、目の前に掛
  かってゐるのが、これです

  今年も もう最後のページに成りまして(=12月ですので)この
  カレンダーとも じきにお別れですが 既に来年2008年の分が
  八重洲ブックセンターから買って来てあります( やはり 1200
  円だったはずです )ので 安心です 世の中にこれほど優れた
  カレンダーは まず無い と言ってもいい くらいのものです よ

  たとへば(今年の最後のページは)東西南北、前後左右 と云
  った方角を表す漢字は、むかしはどう書いたか?ナゼさう書い
  たか? と云った内容を、今は亡き白川静さんが語り掛ける調
  子で以って 静かに 簡明に解説してあるんです 誠に素晴しい

  【 前 (まへ)】 これを むかしはどう書いたか? 白川 静

   止  もしくは  止
   舟        舟
            刀  のやうに書いた( と解説されてます )

  即はち 上に止の字を書いて、下に舟を書いたのが、前の正字。
  あるいは、これに刀を加えた形 それでも良い。

  止 は、足の指を表してゐる。 舟 は、盤(たらいのやうな水盤)。

  つまり旅から帰ると、まず水盤の水で止(あし)を洗って清め、刀
  で爪を剪(き)り揃へるのである。 前 は、足指の爪を切る意の字
  であるが、指先きの意から 前後の前の意に用い、さらに前進の
  意となり、また時間の上に移して 往昔などの意となる。( 白川 )

  このやうな解説を、ほぼ一ヶ月にわたって眺めてゐるわけでして、
  毎朝( これは必ず )座りながら この2年間 さうですね、文字数に
  して 毎月 だいたい6文字から 8文字ほど 学問してゐる 私です

  つひつひ“来月はどんな字が解説されてゐるのかな?” と思って
  来月をのぞき見たりする これも楽しみの一つ に成ってをります

ーーーーーーーーーーーーーーーー
このメールを見て 白川静さんのカレンダーはどんなものだろうと
グーグルで調べていたらこんなのに出くわしました。

http://blogs.yahoo.co.jp/blognews2005/52123437.html

ちょっと気になるカレンダー3つ――2008年版――白川静漢字暦うまいもの暦月と季節の暦

どれも気になりますね

私はこの中の三つ目 月と季節の暦 が大変気に入りまして2008年版もすでに買いました。
これを作っているのは 志賀 勝さん です。
みなさんも如何ですか?

宣伝係を仰せつかっているものですから

|

« 「木と木材の幸せな旅~東濃~」見学ツアー&座談会 | トップページ | 冬桜の会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

8さん

ありがとうございます。
8さんって どなたかな?
好意的に見ていただいてうれしいです

これからもよろしく

投稿: えーさん | 2007/12/29 23:21

宣伝よりもえーさんの実直な感想がなみよりです。
わたしは えーさんのそうゆうところがすき!!

投稿: 8 | 2007/12/28 17:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「木と木材の幸せな旅~東濃~」見学ツアー&座談会 | トップページ | 冬桜の会 »