« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007/12/28

ちょっと気になるカレンダー3つ

いつもメールをいただくお人から年末のご挨拶代わりと言って
こんなメールをいただきました。
これはその人のまた知人から送られたものらしいのですが
世の中には面白いカレンダーがあるものですね。
白川静 という人もたいしたお方です。
早速買いたくなりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 これまで毎日見てゐたものが、バングラへの旅行中 ここには
  無いなぁ と、物足りなく思ってゐたものが ありまして、其れが
  白川静の漢字カレンダー( 平凡社 1200円 )だったんですよ

  大森の自宅では、1階のトイレでしゃがんだ時に、目の前に掛
  かってゐるのが、これです

  今年も もう最後のページに成りまして(=12月ですので)この
  カレンダーとも じきにお別れですが 既に来年2008年の分が
  八重洲ブックセンターから買って来てあります( やはり 1200
  円だったはずです )ので 安心です 世の中にこれほど優れた
  カレンダーは まず無い と言ってもいい くらいのものです よ

  たとへば(今年の最後のページは)東西南北、前後左右 と云
  った方角を表す漢字は、むかしはどう書いたか?ナゼさう書い
  たか? と云った内容を、今は亡き白川静さんが語り掛ける調
  子で以って 静かに 簡明に解説してあるんです 誠に素晴しい

  【 前 (まへ)】 これを むかしはどう書いたか? 白川 静

   止  もしくは  止
   舟        舟
            刀  のやうに書いた( と解説されてます )

  即はち 上に止の字を書いて、下に舟を書いたのが、前の正字。
  あるいは、これに刀を加えた形 それでも良い。

  止 は、足の指を表してゐる。 舟 は、盤(たらいのやうな水盤)。

  つまり旅から帰ると、まず水盤の水で止(あし)を洗って清め、刀
  で爪を剪(き)り揃へるのである。 前 は、足指の爪を切る意の字
  であるが、指先きの意から 前後の前の意に用い、さらに前進の
  意となり、また時間の上に移して 往昔などの意となる。( 白川 )

  このやうな解説を、ほぼ一ヶ月にわたって眺めてゐるわけでして、
  毎朝( これは必ず )座りながら この2年間 さうですね、文字数に
  して 毎月 だいたい6文字から 8文字ほど 学問してゐる 私です

  つひつひ“来月はどんな字が解説されてゐるのかな?” と思って
  来月をのぞき見たりする これも楽しみの一つ に成ってをります

ーーーーーーーーーーーーーーーー
このメールを見て 白川静さんのカレンダーはどんなものだろうと
グーグルで調べていたらこんなのに出くわしました。

http://blogs.yahoo.co.jp/blognews2005/52123437.html

ちょっと気になるカレンダー3つ――2008年版――白川静漢字暦うまいもの暦月と季節の暦

どれも気になりますね

私はこの中の三つ目 月と季節の暦 が大変気に入りまして2008年版もすでに買いました。
これを作っているのは 志賀 勝さん です。
みなさんも如何ですか?

宣伝係を仰せつかっているものですから

| | コメント (2)

「木と木材の幸せな旅~東濃~」見学ツアー&座談会

えな山村塾(山里文化研究所・NPO法人夕立山森林塾)から行事のお知らせです         山林や木に興味のある方は是非ご参加を !!

◆◆1/26「木と木材の幸せな旅~東濃~」見学ツアー&座談会◆◆参加者募集

●主催/えな山村塾(山里文化研究所・NPO法人夕立山森林塾)
    http://www.ena-sansonjuku.net/ にも内容掲載予定

   -- -- -- -- -- -- --
・優良な東濃ひのきを育てることについて       *安江銕臣
・木材流通について                    *金子一弘
・超省エネルギー木造住宅について          *金子一弘
・山主参加型間伐材エコ住宅について         *堀尾憲市
・ダムに流れ込む流木を大量炭化することについて *大島光利

 ※コーディネーター    *原島幹典の案内で
            第一線にいる方の話を聞き、現場を見学し、意見を交わしあいます。

   -- -- -- -- -- -- --
◆2008年1月26日(土曜日)9時~18時半     於:岐阜県恵那市内

9: 10 JR中央線恵那駅集合
          貸切バスで移動
9:45 間伐材利用「ほりおハウス」見学
12:00 奥矢作湖畔で昼食
         奥矢作森林塾(流木窯)見学
14:30 超省エネルギー「自立循環型木造実証モデル住宅」見学
        木材流通会社キーポイント見学
16:30 東濃ひのきを育てる話(安江氏レクチャー)
        座談会~18:30  19時恵那駅解散

19:00  交流会(自由参加・恵那市内)~21:00

   ※座談会/原島幹典さん、金子一弘さん、堀尾憲市さん、安江銕臣さんとともに

-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
◆コーディネーター
¨》 原島 幹典(はらしま みきのり)/岐阜県森林文化アカデミー教授
大学卒業後、生家の林業経営に携わるが不況で中断。会社勤めの傍ら、森林ボランティア活動や地域材の家造り運動に参加、1998年に独立、林業体験指導や山村文化の紹介を通じ、新時代の林業や循環型社会の姿を模索。2005年より岐阜県立森林文化アカデミー勤務。

◆プレゼンテーター
   -- -- -- -- -- -- --
¨》 大島光利(おおしま みつとし)/NPO法人奥矢作森林塾代表理事
岐阜県・長野県境から愛知県を流れる一級河川矢作川の上流の矢作ダムに、毎年大量の流木が流入する。中には切り捨て間伐材も含まれている。ことに、平成12年の恵南豪雨(東海豪雨)では向こう岸まで歩いて渡れるほど湖面を埋め尽くした。
それを大量に炭化する窯を湖畔に造り、2007年から稼動。その運営をするのが奥矢作森林塾である。
夕立山森林塾会員。

   -- -- -- -- -- -- --
¨》 金子一弘(かねこ かずひろ)/木材流通業
昭和27年東京生まれ。昭和52年恵那市へ移り住む。金子建築工業(株)代表取締役・東濃林産(協)代表理事・(協)東濃地域木材流通センター代表理事、木材流通と超省エネルギー木造住宅の研究を通して地域に育った東濃桧の利活用を目指している。恵那市・えなの森林づくり委員会委員長。
現在、東京大学博士課程在学中。夕立山森林塾会員。

◇「自立循環型木造実証モデル住宅」は2000年の省エネルギー基準の四分の一のエネルギーで快適に暮らす事を研究テーマにして建築した実証実験住宅。暖房冷房・給湯・電気を含めた全てのエネルギーが四分の一になる。国土交通省の建築研究所からも視察されている。

   -- -- -- -- -- -- --
¨》 堀尾憲市(ほりお けんいち)/工務店
大量に切られている桧、杉、唐松、などの間伐材の有効利用という目的から家造りを始めた。人呼んで「ほりおハウス」。「まだ始めてからの日は浅く勉強することばかりの毎日を送っています。いまさらに木の持つさまざまな力に驚きつつ仕事をしています」と語る。
夕立山森林塾会員。

◇「ほりおハウス」は山主自らが家造りに直接かかわっていく仕組み作りの一環としてある。角材が立ち並んで壁ができている家。一般の木造住宅は建築時にも大量のCO2を排出するが、ほりおハウスではアルミサッシや工業製品を極力少なくしてCO2固定量が排出量よりかなり多くなっている。

   -- -- -- -- -- -- --
¨》 安江銕臣(やすえ てつおみ)/林業家
昭和29年生まれ。木曽ヒノキ・東濃ひのきで有名な裏木曾・中津川市加子母在住。
加子母優良材生産クラブ会長、加子母学びの森協議会代表、岐阜県林業グループ連絡協議会副会長、トヨタ紡織環境の森実行委員会会長、岐阜県森林審議会委員、岐阜県林業普及外部評価委員、中津川市林業委員会委員。農林水産祭林業経営コンクール・農林大臣賞受賞、岐阜県林業経営コンクール最優秀賞受賞、森林インストラクター。
山作りに関しては、空間的利用を企てる・針広混交の多段林化。造り手の顔がわかる山造り。長伐期による単層の多段林。それぞれの各所にあった山造り方法を持つべき。との考えで進めている。
夕立山森林塾会員。

-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
●定員50名 先着順
●応募のしかた
【記載事項】住所、氏名(ふりがな)、年齢(1月26日現在)、性別、連絡先電話(できるだけ携帯)、所属、メールアドレス(ある人のみ)、交流会の出欠
【方法】電子メール、ファクス、ハガキ。

【締め切り】一次締切 1月10日
(この時点で応募者多数の場合は①夕立山森林塾塾生②矢森協会員を優先します)
       二次締切 1月23日

●参加費 1000円(昼食代、バス代)昼食付きです。 ※交流会参加費は別途実費
●申し込み先・お問い合わせ先
       山里文化研究所 http://www.yamazato4.com/
       〒509-9131 岐阜県中津川市千旦林1522-125-メゾンオザワ102
        Tel 080-5129-6016(午前11時~午後9時) Fax(0573)68-6016
         Eメール:yamazatobunka@feel.ocn.ne.jp 

※当事業は、林野庁補助事業「平成19年度山村塾事業」の助成を受けています。

| | コメント (0)

2007/12/24

恵那・山里の聞き書き塾に参加して

 12月22日23日の土日の二日間 恵那・山里の聞き書き塾という聞きなれない塾の塾生として参加してきました。
サンデー毎日の気軽さからの興味本位の行動でしたがなかなかにいい体験ができまして、主催者の清藤 奈津子様 には感謝です。

P1080083   P1080111_2                P1080159  「tirasi.pdf」をダウンロード                                                                                                  

この塾は清藤 様が呼びかけ人で恵那市山間部の食文化について古老たちに聞き書きをして後世に残そう伝えようと言うもので今回はその聞き書きをするレポーターのための養成講座でした。これに参加した以上は来年3月までに一人の聞き書きをしてそのレポートを提出する義務を負わされてしまいました。

参加した人は10人ほどで家庭の主婦 東京からはるばるやってきたOL お寺のご住職
環境おばさん 最近恵那の山奥へ引っ越してきたという若夫婦 など多彩な顔ぶれでした。 私みたいな定年退職組は少なかったのが意外でしたがこういう仕事は若い人のほうが向いているとも感じました。

講師には東京から NPO法人 樹木・環境ネットワーク協会 理事長の澁澤 寿一様が二日間みっちりとやっていただきました。
これで二日間昼食がついて4000円ですから本当にあちらもボランティアですね。

澁澤 寿一様 は5年間 毎年全国から選ばれた100人の高校生に「森の名人・名手」を訪ねて聞き書きをするという 「森の聞き書き甲子園」 という行事を主催されている方です。あとで聞いたことですがなんとあのオランダ村 ハウステンボスの経営に初めから10年間携わってこられた方でもあります。また明治の偉人で日本の近代経営の父とも言われるあの渋沢栄一の曾孫です。

今回は練習でしたが実際に村のお年寄りにお話を聞いてそれを文章にして纏める作業はなかなかに大変なことです。
このことを通じて村の生活 文化 民族 風俗 がわかりますしその人の生き方、考え方、人格までもがよくわかります。これから10人がそれぞれまた聞き書きをしてそれが完成するのが来年の5月くらいだということでそれは印刷されるそうです。

来年の仕事が出来ましたね。 楽しみです

清藤 奈津子様 は中津川で 山里文化研究所 を主宰されるほかいろいろな活動をしている環境ウーマンです。 とても活動的な方です。

P1080090 このこの食事は食事は恵那市中野方町にある地元の おばさんたちがやっている店舗兼食堂での昼食です。いろとりどりの地元産の食材で出来た食事はとてもおいしく残さずいただきました。味噌汁もついて500円とはうそみたいです。

P1040454_3 Ptanada1040447_3 

今回の取材は日本棚田100選にも選ばれている坂折棚田周辺で行いました。この写真は10月に通りかかったときに撮ったものです。

| | コメント (6)

2007/12/16

飛騨市観光協会 村坂会長

岐阜市で若者による町興しの会合が定期的に開かれています。
今日は 飛騨市観光協会 の村坂会長が来られるということで行って来ました。
とても興味の沸くお話でした。
村坂会長は今年62歳の印刷会社の会長さんです。
この人が今の観光の町 古川を今日の姿にされたのです。

P1070804kougi

古川もかってはどこにでもある過疎の村として埋没するところでした。
村坂会長の必死の努力 なんとかしたいという強い思いが実ったのですね
そのエピソードを少し

◆ 学生時代に東京から京都まで歩いた
   新幹線が出来たとき  
   東京から京都  6500円だったが歩いて行ったら2週間かかり費用は16000円かかった。
   野宿を含めて最低の生活でもこれだけかかった。昔の旅行は大変だったね

◆ 古川の宣伝の映画を作った
   「ふるさとに愛と誇りを」 1時間30分の映画です。

  この映画は 浜 美枝さん との出会いから始まりました。

  今から30年前 ボンドガールの浜 美枝さんが古川に来ていました。
  それを知った村坂青年は 浜 美枝さん が食事をしているところへ乗り込みました。

  浜   「あんた だーれ?」
  村坂 「私は青年会議所の村坂といいます。浜 美枝さんはどうして古川へお出でになるのですか?
   ここにどんないいところがあるのか私たちはわかりません。
   どうか教えてください。」
  浜 「古川にはふるさとがあるわよ」

  それから青年会議所で60万の予算をとった。東京の浜 美枝さんに電話をした。      村坂 「古川のふさとをを見える形にしたいので映画を作りたいのです。」

  浜  「いいわね 作ったら で予算はいくらあるの?」
  村坂 「60万あります」
  浜  しばらくして「あっはっ  ないに等しいわね しばらく待ってね」

  大分経ってから電話がありました。
  浜  「遅くなったけど 関係者を集めたから○○に東京のホテルニューオータニへ来てちょうだい      。」
  
  ホテルニューオータニへ行ったら10人くらい集まっていた。
  それから2,3人が古川へ視察に来てくれた。
  浜 美枝さんはこりゃやるしかないわね と言いました。
  そこで彼女が言いました。
  「村坂さん あんた印刷屋でしょ  台本くらいは出来るでしょ」

  それから題名を考えたり台本をみんなで作りました。
  そして出来たのが「ふるさとに愛と誇りを」という映画です。
  作るのに3年かかった。費用は年60万で3年で180万円で作った。

◆ 浜 美枝さんに会うきっかけがあった                                    浜 美枝さんが古川へ来るちょっと前に古川で映画のロケがありました。小柳ルミ子と古  谷一行主演の映画のロケが3日間ありました。村坂会長は当時観光協会の若者としてこのロケの交通整理を3日間やりまして映画俳優が来ただけでこんなにも人が出てくるということを実感したのです。 そこへ浜 美枝さんが現れたのでいてもたってもいられずに飛び込みでアタックしたというわけです。  

◆ その他

   サッカーグラウンド の誘致
      トヨタ自動車  グランパスエイト
      ルーマニアサッカー
      古河電工 
      

   NHK「さくら」の誘致
      

   ノーベル賞受賞者の講演会実施 小柴先生が受賞決まった
      前日までアメリカの学者に依頼していて飛行機に乗る寸前だった
      「夢のたまご塾」飛騨アカデミー  を作った

       

| | コメント (2)

クリスマスカード

もうすぐクリスマスですね
今年もクリスマスカードが送られてきました。

おすそわけです

http://www.jacquielawson.com/viewcard.asp?code=1337008108118&source=jl999

もう一つおまけです

http://www.panahome.jp/christmas/top.htm

どうかよいお年をお迎えください。

| | コメント (0)

M-easy忘年会

先日 常滑で農業をやっている若者たちとの忘年会に参加してきました。

株式会社 M-easy という会社ですが若者3人の会社で農業を通じて新しい社会を作っていこうと意欲に燃えています。今年8月から常滑の農協や地元の協力をいただいて約4000坪の畑をかりて野菜作りをしています。果物もこれから作ろうと計画しています。
この会社は出来てから5年たってますがまだ自立するまでに至っていません。
これから段々と軌道に乗せていく予定です。
私たち定年退職組は老人の立場で彼らの計画にどう関わっていくかをアドバイスする意味で関わっています。名古屋大学の教授を中心にサポート組織が出来ており毎月名古屋で会議をひらいています。
今回は初めての収穫と忘年会ということで行いました。

Putiawase1070737 Pgotisou1070741_2 地元の農家の方も加わっていただき貴重なご意見も聞けました。
彼らの行動を初めからテレビ局が撮影を続けています。もう少し軌道に乗ったら放映されるかもしれませんね。名古屋テレビです

Pkamera1070739本当はクラインガルテンを始める計画でいろいろと検討をしていたのですが土地が農地法ですか
法律にひっかかってうまく進みません。それでまず自分たちで野菜つくりを始めようということで8月から畑を耕しはじめました。

ホームページもあります。
これから中高年の退職組 また若者の労働力 子供の畑体験 
などみなさんの力とお金もお借りしたいと思っています。
そのときにはご協力をまたお願い申し上げます。

農家の方が作ったアボガドやカボス みかんをたくさん持ってきていただきました。またおじいさんが豊浜漁港まで行って大きな鰤を買ってきてそれをサシミにしていただきました。おいしかったです。

| | コメント (2)

2007/12/09

山之内けい子さん 写真展

山之内けい子さん の写真展が今年もあります。 なんと14回目です。            山之内けい子さん は知多半島にお住まいでスペインに魅せられて何度も訪れては写真を撮り続けている女性です。とってもチャーミングな方ですよ

◆ 日時  12月18日火曜日 ~ 23日 日曜日  9時30分~午後7時(最終5時まで)

◆ 会場  名古屋市民ギャラリー 7階第5展示室   入場無料                                    名古屋市中区栄四丁目1番8号
中区役所朝日生命共同ビル7・8階
TEL 052-265-0461

| | コメント (0)

2007/12/05

おかしな商売

昨日メロウ倶楽部のパソコン初心者勉強会の帰りにお仲間と新装開店となった名古屋一番の家電量販店 エイデンの本店へ行ってきました。

私は家のファックスを買い換えたいと思ったのです。

そこで二つのことを発見(大げさな)しました。

1・電話やファックスは売れていない ということです
   1階の売り場はデジカメと携帯電話のオンパレードでこれでもかという
   感じです。
   店員さんにファックスはどこと聞いたらなんと5階のパソコン売り場の
   隅っこと言うことでした。
 5階についてもどこにあるかわからずまた店員さんに場所を聞いてやっとわかりました。
   かっての自分を見るみたいです
   窓際族とはよく言ったものですね
   壁に張り付くようにすこーしだけ置いてありました。

2・ファックスはたいていが普通紙使用となっていまして感熱紙は少ししか
  ありません。
  そして殆どの機械が電話器とワイアレスの子機が1台ついています。
  値段はセットで15000円から25000円くらいです。

  私は子機をもう1台欲しいと思って子機1台はいくらですか?
  と聞きました。
  店員さんは大分調べてからこう言いました。
  子機1台は大体15000円から17000円です。

  ええっー  絶句です
  セットで15000円なのにそれについている子機が15000円とは
  これ如何に
  なんと言う商売でしょうか?
  店員さんは何も松下ばかりじゃありませんよ
  どこのメーカーもこれくらいです
  そして一番困るのは同じメーカーでも子機がいろいろとあって互換性が
  ないことですよ
  何とかしてほしいですね  と

しかし一方でファックスの15000円は機能からいって安いと思いますね

   

| | コメント (2)

2007/12/04

名倉えり子 ディナーショー

プリウス の 名倉えり子さん が新年にディナーショーを開きます。

いける方はどうぞご参加を!!

「20080127.pdf」をダウンロード

◆ 日時  2008年1月27日 日曜日
    午後5時から 
    ディナー  5:30 ~
    ショー   7:00 ~

◆ 場所  豊田スタジアム 4階レストラン ヴェルデロッソ

◆ 料金  10000円

   振込先  愛知銀行 松葉町支店 普通預金 583963
        名倉えり子後援会 ナグラエリコ

        振込後 メールか電話をお願い申し上げます。
          052-937-2300
          maimaieriko@msd.biglobe.ne.jp

そうそう 12月20日はプリウスで恒例のショウがあります。
こちらもどうぞ
会費は2500円です。

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »