« 1/4の奇跡 | トップページ | 食事の基本は »

2007/11/29

『癌を克服するために』 酒向 猛博士

11月25日NPO 日本ホリスティック医学協会の講演会に参加してきました。
以前にもここでご案内していた中津川市民病院の医療部長 酒向 猛博士の講演でした。
その内容について気がついたことを書き留めてみます。 

Psakou1060309







▲ 特報 ▲ 
またもっと詳しく知りたい方は酒向 猛博士著
『癌を克服するために』 をお読みされることをお勧めします。
これは非買本です
下記へご注文ください

長谷部式健康会
 http://www.interq.or.jp/world/kenko/
 TEL 0586-46-1273   FAX 0586-46-0367
  

   『癌を克服するために』      価格  3000円 (送料込み)

   『癌を克服するために』+当日の録音(パネルディスカッションもあります)

                       価格  4000円  (送料込み)

酒向 猛博士のお話から

◆ がん の現状
   死亡者 急増  1950年   年間  6万人
           2006年      32万人

           現在 男性は二人に一人  女性は三人に一人が罹る病気です  

   アメリカではガンは減って来ている
          1976年 ガン撲滅に失敗した
          1977年 マクガバンレポートが発表された
                ガンの原因は偏った食事にある 
                日本食を中心とした食事に改めよう
                1990年からガンが減ってきた
                心臓病はもっと顕著に減った
                「デザイナーズフーズ計画」がスタートした
           最近では日本とアメリカの一人当たりの野菜消費量が逆転した

◆ ガン とは何か

   ガンは不健康な生活習慣でなる
   ガンは不健康な精神状態からなる

  がんは始めから全身病である

  切ったり放射線でやっけても根本が治ったわけわけではない

  東洋医学では ガン は気 血 の乱れである

  西洋医学では
    ガンはテロである
    テロ対策として
    兵器 (手術)
    核兵器 (放射線治療)
    毒ガス (抗がん剤)
     でやっけろ

  東洋医学ではがんは非行少年である
    心を改めるよう指導する

◆ 病気とは

 病気とは健康が足りない状態である
   健康を増やせばいいのではないか
 病気になるといろいろな症状が出る
   熱・下痢・腹痛・嘔吐・痛み・だるさ
   身体からの警告であるので感謝すること
   それに耳を傾けて原因を考える
   なるべく薬は使わないほうがいい

◆ 外科について

外科
  外道はずれ
内科
  本道  ほんもの
  
  昔から外科は外道のやるものと言われている
  手術は戦争と同じ
  これ意外手段がないときやむをえないときにやるものだ

◆ 健康 とは
  かけ算である
    心身相乗原理
     心の健康 × 身体の健康
     どちらかが0だといくら掛けても0です
    

◆ がん の自分で出来る治療法 (あまりお金がかからない方法)あるいは罹らないた  めに

1・血液をきれいにする

  ●呼吸 各種呼吸法 腹式呼吸 吸うより吐くが大事 塩谷 信男さん の呼吸法など

  ●食事  玄米食 野菜中心の食事 各種ミネラル 山の湧き水 
       久司 道夫 氏マクロビオティック   など

2・血液の流れを良くする

  ●運動をする  気功・ヨガ・瞑想・整体 などもいい
         (中国 郭林新気功 は有名)

  ●刺激する    マッサージ・あんま・指圧 など
          小山善太郎氏はマッサージでガンを治した

3・精神的治療
   アメリカではすすんでいる
   ストレス で がんになる  
     ストレスが悪いのではなくストレスへの対処法が悪いからだ
   
   カール・サイモントン
     ガンのイメージ療法 を開発した
     イメージでガンが治ると想うと治る
     日本でもカール・サイモントン療法をしているお医者さんはある
     「ガンのセルフコントロール」

◆ ガンになりやすい人
  
  タイプC症候群
    怒りや不満をうまく表現できない
    自己嫌悪・自己不信が強い
    人生に生きがいを求めても、どうせ失敗に終わるという絶望感が強い
    過去に人生の目的意識を失うような経験をしていることが多い
    人を気にする
    いい人でいたい  
    タイプCの人が長い間ストレスにさらされるとガンになりやすい。
    さらに食事の偏りや運動不足が加わると余計になりやすい

   多少ご迷惑をかけますが言いたいことを腹にためずにずけずけ言うのがいいのかも

◆ 千島 喜久男博士 について
    かなりの時間をさいてお話をされました。
酒向 猛博士は名古屋大学で博士号をとられましたが千島学説での博士号は取れませんでした。やむなく他のことで博士号を取られましたが未だに千島学説への想いは絶ちがたく今も千島学説は正しいと信じておられます。

    千島学説によれば
       ガンは大変に治りにくい超慢性炎症である

    千島学説についてはこちらをご覧ください。

またガンについてはこちらもお勧めです 毎週木曜日にラジオ放送をやっています。インターネットでも聞けますよ

   「じあいネット」 

    

|

« 1/4の奇跡 | トップページ | 食事の基本は »

健康」カテゴリの記事

コメント

 しかし相変わらずいい加減な本を売っているのですね。結核で平均寿命が50歳代の昭和20-30年代にはがんで死ぬ前に結核で大量死していた国民が「がん」で死ねるようになったのを、さも増えすぎてっていうが、毎年60万人の新規がん患者のうち、半数がなおるのに・・・まぁ、いつの世もへんな学者が世の中をゆがめますな。
 要は、海外でも見向きもされないようなへんな学説を振り回して、金儲けの対象にされる訳で、その辺「がん」の自然治癒の英語論文もないのによく吟味もせずに丸呑みする危険性を考えたらいいよ。

投稿: 民間医療にだまされんなよw | 2009/11/02 14:58

まや=8ちゃん

コメントありがとうございます。
これが少しでもお役に立てればありがたいのですが
殆ど自分の覚えのために書いてます

投稿: えーさん | 2007/11/29 22:14

参考になる情報の共有ありがとうございます。
わたくしも 学んだものはみなさんで共有できるようにblogをかいていきたいとおもいます。
えーさん ありがとう(*^_^*)

投稿: まや=8ちゃん | 2007/11/29 19:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1/4の奇跡 | トップページ | 食事の基本は »