« 食事の基本は | トップページ | ひんここ祭り 農民の踊り »

2007/11/29

大矢田神社 「ひんここ祭り」

11月23日の勤労感謝の日 岐阜県美濃市の大矢田神社へかみさんと行ってきました。

ここはもみじ谷というもみじの名所と聞いていました。そして毎年11月23日には「ひんここ祭り」という奇祭がおこなわれるのだそうです。
どんなお祭りか見てみようという好奇心で行ったのです。

もともとの起こりはどこにでもある収穫祭のようなものですがここでは麦を蒔くお祭りだったようです。
元大矢田村と言っていたころは秋の祭りだったのですが美濃市と合併してからは市の祭りと一緒に春に行われるようになりその後やっぱり秋には「ひんここ祭り」だけでもやろうということで復活したそうです。

「ひんここ祭り」 の大筋は麦を蒔いていた農夫たちが大蛇に飲み込まれてしまったのを須佐之男命が大蛇をやっつけて農民を救うというものです。それをそれぞれが大きな人形を持って山の中腹にしつらえた舞台で踊ります。観客は下で見上げています。なんとものどかなお祭りでしたPjinjya1060212
Pkouyou1060175Ptyamise1060181Phinkoko1060189Phinkoko1060191Phinkoko1060200Phinkoko1060204Phinkoko1060208 

ちょうど天気は快晴でもみじも真っ盛り(と言ってもたいしたことはありません)名物の五平餅と田楽をいただいて帰りました。

それから近くの関市 上之保温泉 ほほえみの湯へ入ってきました。山の上の広大な土地に作られた    ふるさと創生温泉 です。 露天風呂からの眺めが最高でしたね。

Pkaminohoonsen1060220

帰りには関市商店街にある 創業140年の名物うなぎの「辻屋」でうな丼をいただいて帰りました。
久しぶりに 「辻屋」 へ行ったのですが相変わらず女将さんは元気できれいでしたね
うなぎ丼も関西風のぱりっとしてとてもおいしかったです。

関 のながーい商店街はシャッターが閉まって真っ暗ですが「辻屋」だけがおお流行りです。
Ptujiya1060227

|

« 食事の基本は | トップページ | ひんここ祭り 農民の踊り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食事の基本は | トップページ | ひんここ祭り 農民の踊り »