« 岐阜農業フェスティバル | トップページ | 「腕振り体操」 と 「魔法の呼吸」  住吉 克明様の話 »

2007/10/28

七里の渡し  船旅

今日は知り合いのそば屋 喜八そば の中村さんのお誘いで熱田の宮の渡しから桑名の渡しまでの七里の渡しと言われた東海道唯一の船旅を体験してきました。

本当は なごや環境大学 の学習の一環として計画されたものですが私たちはその計画に乗った形で別に船を一艘出した人たちにまたまた便乗したかたちでした。

私は仲間4人と一緒に行きましたが船の中は同年輩くらいの人たちでにぎやかに和やかなものでした。
宮の渡し を午後1時に出発しました。
早速船の中でお弁当とビールをいただきました。
感激したのはお弁当の中に入っていたてんぷらがなんと桑名のはまぐりだったことです。
はまぐりのてんぷらなんて初めてです。さすが桑名の料理屋さんだけのことはありますね。
蜆の味噌汁もおいしかったです。

空は雲ひとつない快晴で名古屋港内も伊勢湾もまったく波がありません。
昔は宮の渡しから桑名までまっすぐ西へ行けたのでしょうが今はたくさんの埋立地のために大きく南へ回って行かねばなりません。イタリア村 や名港水族館を右に見てさらに伊勢湾岸道路の 名港トリトン の下を通って名古屋港の外へ出るとそこにはいっぱいの海苔の養殖いかだがありさらにそれを避けて南下しました。

船頭さんの話では昔は熱田から桑名まで帆船で行ったらしく約5時間かかったそうです。船賃は今のお金にするとだいたい4000円くらいとか   そこから今回の船賃も計算されたのかも  江戸時代 やじさん きたさんの時代の話です。

Pmiyanowatasi1040748_2

Pitaria1040780_2Ptoriton1040807Pminato1040789_2Pkontena1040846_2Pkyakusen1040857Pnori1040871Pnagasima1040877        

                

                 
                        

港の先端には大きなガントリークレーンがいくつも重なるように設置されています。なんと100メートルもの長さまで伸びるそうです。コンテナーが如何に多いのかがわかりました。

名古屋港へ真っ白な豪華客船が入ってくるのが見えました。

長島スパーランド の前を横切り船は長良川の河口から桑名を目指します。

最近出来たアウトレット ジャズドリーム長島 はなんと売上が日本一とか  ますます長島の人気が上がりますね

桑名へついたらみんなが東のほうを眺めています。なんと富士山が見えると言うのです。
なばなの里には頭に富士山を乗せた観覧車がありますがそのせいかと
気持ちビルの上に白い雪をかぶった山が見えるような気がしました。
あれが富士山だとみんなが言いました。  ほんとかなー

まもなく桑名の渡しに到着で3時間の船旅は終わりました。
そこから桑名駅までブラブラと帰ったのですが途中 六華苑(旧諸戸清六邸)も入り口から眺めたりしてきました。また途中にもなかなか趣のあるそばやさんや民家やお寺もあり楽しめました。

本当にいい一日を楽しめました。

今日乗った船は くわなリバークルーズ株式会社 です
夏には長島スパーランドの花火見物の乗り合い船も出るそうです。

|

« 岐阜農業フェスティバル | トップページ | 「腕振り体操」 と 「魔法の呼吸」  住吉 克明様の話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岐阜農業フェスティバル | トップページ | 「腕振り体操」 と 「魔法の呼吸」  住吉 克明様の話 »