« 「船井 幸雄オープンワールド2007」 | トップページ | セグウエイに乗ってきました »

2007/09/12

「千島医学講座」のDVD

「千島医学講座」 と言ってもなんのこっちゃ と思われる方もいらっしゃると思います。千島 喜久男先生 という岐阜大学の教授が唱えられた 千島学説 を勉強しましょうと言うことで札幌の稲田 芳弘さんがこのたび始められた勉強会が「千島医学講座」です。

稲田 芳弘さん は千島学説をあえて 千島医学 と言おうとおっしゃってます。 それでその勉強会の内容をDVDにして頒布されるそうです。それも大変リーズナブルなお値段です。興味がある方はご注文をされてはどうでしょうか? 私ももちろん注文します。

稲田 芳弘さんのブログを以下に添付します。 また稲田 芳弘さんは 「じあいネット」 というNPOをやっていらっしゃいます。こちらも是非 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日「千島医学講座」のご案内をしたときに、札幌から遠いところにお住まいの何人かの方からメールが届きました。

「本当は講座に参加したいんだけど、遠いから出向けない。もしできたら、講座の内容をテープかビデオで記録しておいて、 あとで譲っていただけないものだろうか。札幌には行けないけど、それを観(聞き)ながら勉強したいから」と…。

こんなメールが何通か届いたこともあって、とにかく当日の模様をビデオに収録することにしました。

本当は、自分の姿や話し振りをさらけ出すのは恥ずかしい限りですが、「千島医学」を広く伝えていきたいと思い立って一歩を踏み出した以上は、そんな個人的な思いや感情にとらわれてはいけないでしょう。というわけで、スタッフに協力してもらって収録したのでした。

それに、第一回目の参加者は30数名でしたが、これからもずっと続けていくとしたら、途中から参加した方も同じように、「ここまでの過去の講座記録を知りたい」と思うかもしれません。
それには、最初からきちんと記録しておくのがいちばん。ということで、先日の講座内容を収録したのでした。

で、それを昨夜観てみましたが、なんとか使いものになりそうです<笑>。(次回からは、プロにお願いするつもりです)
そこでそのビデオをDVDに焼き、ご希望の方に提供させていただきます。(勝手ながら、DVDのみとさせていただきます)

価格は、誠に恐縮ですが、「講座参加費用」と同様に、
「じあいネット」会員:1000円、非会員1500円。
DVDのほか、当日配布した「講義ノート」(12P)も同封する予定です。これにはもちろん郵送料も含ませていただきます(郵送料込みの価格)。

ということで、もし「千島医学講座1」のDVDをご希望の方がおられましたら、郵便番号、ご住所、お名前、お電話、会員or非会員などをご記入のうえ、以下の、稲田宛にメールいただきたいと思います。
inada@creative.co.jp

ただし、お申し込みありしだいの手作業生産?になりますので、お送りするまでには多少時間がかかるかもしれません。(特に第一回目のDVDにはご理解いただきたいと思います)

なお、第一回千島医学講座は、以下のような内容になっています。

 ******************

★なぜ、いま、千島医学なのか
 21世紀に蘇る千島医学「気・血・動 の医学」

★千島博士の予言?

★『千島・革新の生命医学全集』刊行の言葉

★革新の生命・医学8大原理とは

★著者が本全集を世に送るわけは…

★千島「生命探求の旅」
 何が千島をこの旅に誘い出したか?

 (以下は、その内容の一部)

 その出発点は…
 ある夏の日の「一瞬のひらめき」だった。

 1922年、世田谷野砲兵第1聯隊付「陸軍獣医官」(24歳)
 夏の日曜日、独りで武蔵野を乗馬で散策中、
 強烈なインスピレーションが千島の脳にスパーク。

 人間の人生は、「誕生→成長→老衰→死」
 「循環・回帰」

 その当時、千島は、ニーチェの「永劫回帰」
 仏教の「輪廻思想」のことを考えていた。

 すべては循環的に繰り返す(生命の循環説)

 そのとき『Outline of Science』の中の、
 ラザフォード卿の「原子の構造と太陽系」が頭に浮かんだ。

 このように、千島の「生命探求の旅」は、
 ある夏の日の一瞬のひらめきから始まった。
 それは、宇宙から素粒子までを一貫して貫く
 渦運動、螺旋運動、波動(周期性)のパターンである。

 そのとき、千島は思った。

 マクロ(極大)の世界(太陽系・宇宙)と
 ミクロ(極微)の世界(原子)とが、
 互いによく似た構造を持っているとしたら、
 その中間にある人間や生物もまた、
 そうした対立と循環的な繰り返しを持つにちがいない…と。

 螺旋という言葉は元来、形態的なものから来たと思われるが、
 西洋では螺旋を「Spiral」と書き、精神・霊などを「Spirit」と言う。

 これは螺旋運動や渦巻きに、なにか霊的、生命的なものを感じ取った古代人の直感が、「Spiral」と「Spirit」とを同一視したのではなかろうか。

 日本では螺旋とは言わず「ウズ(渦)」と呼んだ。

 ウズ、ウズマキのウという音は、言霊によれば「内にこもっていたものが、まさに動き出そうとする状態にあること」を意味している。
 「動く・海・浮く・産む」などのウは「陰の音」であり、
 これが陽声音のアと結びついて「アウン(阿吽)」となり、
 阿吽は天地一切を産み出す意味を含むと言われている。

 すべての生命も、人間も、そのごとく作られ、維持されている。

 千島の生命学・医学は、そんな直感から紡ぎ出された、
 「螺旋と波動の生命弁証法」なのである。

★「千島学説」→「千島医学」

★「気」の本質は「螺旋 Spiral)

 ……etc.

 ******************

稲田芳弘

★「ガン呪縛を解く…千島学説パワー」改定版の申し込み
http://www.creative.co.jp/m/books/index2.html

★「世の終わりの贈りもの」の申し込み
http://www.creative.co.jp/m/books/index3.html

★「じあいネット」会員申し込み
http://www.ji-ai.net/member/join.php

★この連載は、メルマガとしても配信していますので、
ご希望の方は、下の申込サイトからお申し込みください
(もちろん無料)。
http://www.creative.co.jp/m/mmm/index.c

|

« 「船井 幸雄オープンワールド2007」 | トップページ | セグウエイに乗ってきました »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「船井 幸雄オープンワールド2007」 | トップページ | セグウエイに乗ってきました »