« 第二回 福笑の会 ご案内 | トップページ | 第2回ぎふ山の日フェスタ »

2007/08/08

『不都合な真実』を超えて~」

8月5日岐阜県美濃市にある 岐阜県立森林文化アカデミー の特別講座に参加してきました。講師はあの有名な 枝廣 淳子様 です。 ちなみに私は彼女の追っかけです。

世の中には頭のいい人はいるもんだ というのの見本みたいな女性ですね。東京大学卒業です しかも美人です
なんだかんだ言ってもやっぱし東京大学ですね。

まず岐阜県立森林文化アカデミー ですが美濃市の長良川の近くの小高い丘の中にあります。すべてが木で作られた校舎が山の中に点在しています。
とても雰囲気のいい学校です。ここで木材関係のあらゆることを教えているようで      熊崎学長 は農林省から筑波大学の教授を歴任されたかたですがとても人懐っこい素晴らしい方です。
ここでは生徒たちで毎年一つ建物を作ると聞きました。

枝廣 淳子様のやっていることは

翻訳 ・出版 ・環境コーディネーター ・教育 ・仕掛け人 ・環境メールは9000人に
  などなど多彩です

自分を変える 社会を変える  というのがキーワードですべては
それのためにやっているのだとおっしゃってました。

Dscfedahiro0108
有限会社 イーズ   代表取締役社長

有限会社 チェンジ・エージェント  代表取締役社長


JFS ジャパン・フォー・サステナビリティ  共同代表

ちなみに私はJFS ジャパン・フォー・サステナビリティの個人会員です。

枝廣 淳子様のお話

・地球温暖化  ではない 地球熱帯化 である
  温暖化の影響
   ・ハリケーンや台風の強大化
   ・生態系への打撃、種の絶滅
   ・水の循環を乱す、水不足の発生
   ・海水面の上昇
   ・マラリヤやデング熱など熱帯の伝染病の蔓延

地球は宇宙の中で奇跡的な位置にある
  太陽系でも生物が生きられるのは地球のみ
  これは偶然か神の配剤か

・このままいくと大変なことになりますよ
  動画で見せてもらいました
  150年で6度くらい地球の温度が上がるそうです

  今の状態はブレーキの効きの悪いクルマで、どんど
  ん急になっている下り坂を走っているようなものだ

・温暖化は温室効果ガスが大気中に大量に放出されるからだ
  60%くらいはCO2ですが他にもいろいろある

・IPCC  今年2月2日のメッセージ は重要だ
   「子供たちの未来を守るため、今行動を!」

   世界に先駆け「低炭素社会の実現」という目標を共有し
   、私たち国民ひとりひとりが、自分の
   の生活を見直し、温室効果ガスの低減のために何ができるか考え
   行動することを改めて呼びかけたい。今、行動を開始すれば、子ども
   たらと人類の未来を守ることができる0

・世界は動き出している
   イギリス  2050年に60%削減を義務付けた
   ノルウエー 2050年までにCO2の排出を0に
           他国との排出権取引も入れて
   アメリカ  企業の目の色変わってきた
         法的排出規制をする

   安倍総理  2050年までに50%削減を訴えたが具体性なし

Dscfco20111

・日本の森林問題
   世界の70%は海
   陸地の3分の一は森林です
   日本は67%が森林でしかも毎年増えていてとても恵まれているのだが

   現状の問題点
     木材自給率の低下
       一国産材の販売量の低下
        一植林 育成 伐採 販売 植林 というサイクルがまわらない

 
     材価の低迷
      一林業従事音の給与の低迷
       →林業に従事する人が減少、高齢化
・日本の森林問題の根っこ
   「人々と森林とのつながり」が切れてしまっていること
    燃料革命により薪や炭がいらなくなり、森が暮らしから消え
    思いがいかなくなった

・森の活性化を図るために新しいプロジェクトの立ち上げを考えている
    そのためには
     いろいろな科学的アプローチを図っていく

・温暖化は史上最大のチャンスである
    
危機 = 危険 + 機会

    時代が動かざるを得ないとき、社会や経済の仕組みを変えざるを
    得ないとき、望ましい変化を大きく創り出せる

・私たちがすべき 5つのこと

    ・知ること

    ・ビジョンを描くこと   バックキャスティングによる

 
                    ビジョニング 最終の姿を思い描く

    ・全体像を把握すること (システム思考)
                ・今日の問題は昨日の解決策から起きている
                 目の前の問題だけでなく全体像をつかむ
                 バイオエタノール燃料は本当に有効か?疑問
                ・人を責めない、自分を責めない
                 問題のパターンは構造が生み出している
                 構造を変えることが先決

                ・解決策は問題の近くにあるとは限らない
                 レバレッジポイントを見つけること

    ・行動すること     CO2を減らす行動をする
                ・一人一人が気をつけて減らす
                ・減らす行動をとりたくなるような仕組みを作る
                ・行動の前提を問い直す

                家庭からのCO2
                 電気 ガス ガソリン がほとんど

    ・伝えること、広げること 

・経済成長で本当に幸せになれるのか?を考え直そう
    ブータン  GNPからGNH (国民総幸福)
             基本的な生活
             文化の多様性
             感情の豊かさ
             健康
             教育
             時間の使い方
             自然環境
             コミュニティの活力
             良い統治

    向山塗料  会社の総幸福

    東京都荒川区  
         でも始まっている
・「取り戻す」時代

   ・時間を  :スローライフ
   ・火を   :
キャンドルナイト
   ・お金を  :
地域通貨
   ・人とのつながりを
   ・本当の気持ちよさ、美しさを:LOHAS
   ・自分を  :
自分の手綱は自分で握る
   
    自分の頭で考え、自分で選び、自分で決めること

  
 最後に伝えるためにはこうやってブログに書いたりお話するよりも
まず自分が何か行動を起こすことのほうが伝わるのだよということを
言われました

耳が痛いですね

|

« 第二回 福笑の会 ご案内 | トップページ | 第2回ぎふ山の日フェスタ »

環境」カテゴリの記事

コメント

かわさん

すごい発想ですね
是非実験をしてみてください
うまくいったら枝廣 淳子様に紹介します
彼女が言えば1000倍いや1万倍の
効果があると思います。

投稿: えーさん | 2007/08/09 22:21

地球環境問題と個人の行動に時代
いよいよ深刻に皆さんが気が付いたと思います。
利便性を要求した見返りのほうが大きなマイナス要素。
話は変わりますが、地球温暖化の気温の変化を高校生の方などに分かりやすい実験道具を試作しています。
それは、古いレコードプレイヤーを想像して下さい。
洗い桶の底に、サーモグラフをおき中心にコップに氷を入れて、周囲は数十度の温水の配置にします。全体を回転すると、当然水温は冷やされますがサーモグラフには、ある現象が起きます。
それが地球の温暖化の原理のヒントです。ご興味ありますか?
えーさんは、いつもネタを拾って見えますのでこちらも挑戦したくなります。いつまでも元気のわくブログを楽しみにしています。
かわさんより。

投稿: かわさん | 2007/08/09 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第二回 福笑の会 ご案内 | トップページ | 第2回ぎふ山の日フェスタ »