« 黒坂 三和子様からのお願い | トップページ | サマーセミナー安田文吉歌舞伎講座    »

2007/07/28

サマーセミナー 勅使川原 郁恵 さん

勅使川原 郁恵 さん は誰でも知っているスケートのオリンピック選手ですね。
意外と小柄でとてもかわいい女性でした。またとても気さくで司会の先生も今回大勢の講演者と交渉しましたが彼女の事務所及びご本人とも一番アットホームでよかったとおっしゃってました。

・岐阜市に生まれて3人姉妹の末っ子です。
 父はスケートの選手兼コーチをしていた関係から3人姉妹ともスケートをしていた。
 3歳からスケートを始めたそうです・

・あるとき岐阜県のスケート大会で長女 中学校 で優勝 次女が小学校 高学年で優勝 自分が小学校低学年で優勝したという事件がありました。
このとき初めて新聞に載ったのが今でも忘れられない。

・最初の夢は いつかは姉を抜かしたい

・次の夢は日本一になること
 中学2年でショートトラック全日本選手権で総合優勝を果たしました。
 次の夢は世界で一位になることでした。

・高校から名古屋へ通った。他の人より多く練習するために時間を節約して頑張った。他の選手にはそういうことをさとられないようにした。高校1年から5連覇を達成しました。
高校のときスケートを一生懸命やったが勉強も手を抜かずにいい成績を残した。
1996年の世界ショートトラックジュニア選手権においては、日本人としては唯一、総合優勝を果たしている。冬季オリンピックははじめリレハンメルに出れると思っていた。それが残念ながら代表に選ばれなかった。これはくやしかった。よーし次の長野では絶対に出るぞ

オリンピックは長野、ソルトレーク、トリノの三大会に出場し、長野では500m6位、1000m5位、3000mリレー4位、ソルトレークでは1000m17位、3000mリレー4位、トリノでは1500m17位に終わりました。
トリノオリンピックが終わったときもう4年後とも考えたが今回自分としては最高の準備をし大会でも全力を出し切ったのでもう引退しようと思った。
 
・新しい夢  選手の気持ちを伝えられるスポーツキャスターになりたい

・引退後はスポーツキャスターとして第二の人生を踏み出す。 昨年9月18日から12月1日、NHKハイビジョンテレビ及びBS2の『街道てくてく旅~中山道完全踏破』で、京都三条大橋から東京日本橋まで530キロを歩き通した。これが評価され、ウォーキング親善大使に選ばれた。
そしてウォーキングの楽しさを効用にきずきました。

・ウォーキングのいいところ
   景色に出会える
   花や植物 鳥など自然をよく見られる
   人との出会いがある
   環境のために役に立つ
   健康によい   有酸素運動で新陳代謝がよくなり姿勢もよくなる
           

      などなど
ウォーキング親善大使にも選ばれたことなのでこれからウォーキングを世間にどんどん広めていきたい。

・実は昨日オランダの歩け  歩け大会「フォーディズマーチ」に行って帰ってきたばかりです。4日間 毎日40キロ 160キロ歩いてきました。

ウォーキングはオランダが発祥の地だそうでこのウォーキング大会も世界的に一番有名な大会です。なんでも軍隊の行進から始まったとか
勅使川原 郁恵 さんは開会式で日の丸を掲げて行進してきました。

講演が終わってからは一緒に写真を撮ったりサインをしてもらったりと大変フレンドリーな講演でした。
これからも勅使川原 郁恵 さんを応援したいと思います。Dscfsensei0028

・現在は スポーツビズ という会社に所属しています。
  

R9通信  というのを荻原兄弟とやっています

|

« 黒坂 三和子様からのお願い | トップページ | サマーセミナー安田文吉歌舞伎講座    »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒坂 三和子様からのお願い | トップページ | サマーセミナー安田文吉歌舞伎講座    »