« 木祖村 森造り協力事業 に参加 | トップページ | 「八田與一技師の偉業」 »

2007/06/08

お木曳きに参加しました

先週の土曜日 6月2日に伊勢神宮外宮の お木曳き に参加してきました。
お木曳きについては昔から聞いてはいたのですが参加したことがなくこの6月3日で
今回のお木曳きが終ると聞いて何としても一度は参加したいと思ったのです。
次回は20年後ですからもう物理的にも無理かなー

というわけで2日朝4時に起きてかみさんと一緒に車で伊勢神宮へ行きました。
5時に家を出て伊勢神宮へ着いたのは7時でした。ちょうど2時間です。

集合場所の宮町と駐車場の場所をまず確認しまして外宮の駐車場へ車を停めてまず 外宮 へお参りしました。
朝のピーンと張り詰めた空気がとてもよかったです。
三々五々同じようにお木曳きに参加すると思われる人たちが参拝していました。

Dscfkodomo0097 Dscfropu0084 Dscfropu0107 Dscfdaisya0137 Musume

【お木曳き】
今回は電話で申し込みました。申し込むと郵送で一式が送られてきます。一人分7500円の着払いです。鉢巻 帯紐 法被 とDVDが送られてきました。
そもそもお木曳きは伊勢神宮のご遷宮にあわせてその材木を運搬するために行われるものです。そしてそれを行えるのは伊勢市民に限られていました。今では新規に合併したところも含めて七十いくつかの奉曳団があるらしい。
当日は私たち一日神領民のお木曳きが3台出まして、それぞれ申し込み順に曳く車と場所が決められていました。段取りがすばらしくいいですね
受付から木やりの人たち お木曳きの応援団 到着場所での接待やお土産のお渡しなど
大勢の地元の人たちがボランティアで参加していました。こうした地元の働きがあって初めて出来るのだと思います。

一日神領民 とは地元以外の全国からお木曳き行事に参加する人のことを言いますがこの日は3台のお木曳き車に3000人の一日神領民が参加しました。そのうちの3分の2はバスやら企業からの団体の参加で3分の一は私たちのような個人の参加のようでした。

出発前から団長さんから参加者の紹介や森下隆生伊勢市長からの歓迎の挨拶や木遣り歌の競演などで段々と盛り上がってきます。
太い二本のロープで引っ張るのですがこのロープは終るまで絶対に下に置いてはいけないのです。またロープを台車から先頭まで手渡しで送るのですがそのスピードの速いこと。うっかりすると引っ張られて転びそうになるくらいです。

いよいよ出発です。
道の両側に長いロ-プが伸びて台車をエンヤ エンヤ の掛け声で引っ張ります。
距離は2キロくらいでしょうか  これを途中2回休憩しながら約1時間かけて外宮まで引っ張りました。 本当にいい経験が出来たとうれしくなりました。

外宮で台車を置いたら全員で揃って外宮の中まで入っての正式参拝があり今日は二度目の参拝です。

伊勢にいる知り合いが応援に来てくれまして途中写真を撮ってもらいました。伊勢の名物「伊勢うどん」のうまい店 を紹介してもらい一緒に食べました。濃い醤油のうどんですが辛くなくて甘いような感じです。さぬきうどんのしっかりしたうどんと違ってどろんとした太いうどんで特徴的ですね

Dscfudon0132

うどんを食べてまた外宮へ帰ってきましたらえらい人だかりがしています。すごく大きな木を積んだ車が丁度外宮へ入ろうとしていました。なんでも外宮で一番大きな柱となる木だそうです。たしか小川町の旗があったような  車からはブーン グィーン というエンジンのような音がするのです。これは ワン鳴り と言ってこの音を出すのがコツらしいのですが

 Dscfitiban0144                        お木曳きが終ったらお土産をいただきました。それは桧で作ったお木曳き台車の模型です。オルゴールもついています。

Dscfokimono0035 お木曳きのリーダーが盛んに言っていたことを思い出しました。それは10月15日にまた伊勢へ来てほしいとのことです。伊勢神宮の 神嘗祭 が行われるそうです。15日から16日にかけて伊勢中がお祭りになるそうですよ

|

« 木祖村 森造り協力事業 に参加 | トップページ | 「八田與一技師の偉業」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

森島さん
ありがとうございます。
いいでしょう
このお姉さんは朝 車でたまたま通りかかった人ですが
車を停めて写させていただきました。
この方は地元の女性ですがこういう人が随分たくさん
いらっしゃいました。
お木曳きに女性が参加するのは今回が初めてと聞きましたが
女性が元気なのが目立ちました。

投稿: えーさん | 2007/06/09 21:23

夕陽さん

いつも見ていただきありがとうございます。
お土産の台車 素敵でしょう
オルゴールは伊勢音頭です
この歌が町中に流れています

インターネットなんかでも見ていたのですがやはり現場へ
行かないとわかりませんね
神嘗祭にも行きたいと思います。

投稿: えーさん | 2007/06/09 21:20

えーさん

またまた、興味深い話題を読ませていただけて、有難うございます!
えーさんのフットワークの軽さにも、いつも感心しています。

こんなことを言うと、神様には叱られるかもしれませんが、
お土産が素敵~~♪
オルゴールでは、どんな曲が鳴るのでしょうか?

投稿: 夕陽 | 2007/06/09 17:13

江崎さん
ご無沙汰です。
昨年たまたま伊勢神宮へ行ったらお木曳きに遭遇。
伊勢市民の熱意が伝わってきました。
写真にあるいなせなおねーさん カッコいいですね~
その時も多分江戸のおね~さんの一団が参加していて
カッコよかった!!

投稿: 森島 | 2007/06/09 12:11

サンタサンタさん

またまた えー話をありがとうございます。
いろはにほへと にはいろんな説があるのですね
勉強になります

当日は伊勢神宮から姫路城 それから瀧原宮 松阪木綿を見て
 帰りには湯の山温泉で汗を流して帰りました。
いい一日でした

投稿: えーさん | 2007/06/09 09:27

えーさんへ

えーはなし、ありがとうございます。

カミさん連れて、神に会いに行くとは。

うちは、おっ家内だものね。

ちなみに、カミさんの由来は、いろはにほへとからです。

きょうのおくやま、から奥さんは「やま」の上に「おく」があるので、やまのかみから、カミさんになったときいています。

投稿: サンタサンタ | 2007/06/09 08:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木祖村 森造り協力事業 に参加 | トップページ | 「八田與一技師の偉業」 »