« 憲法週間記念「講演と映画の会」 | トップページ | 不思議研究所 »

2007/04/06

弁栄上人伝聞記

千島学説研究会 大阪の主催者の 忰山 紀一さんがこのたび 

弁栄上人伝聞記  という小冊子を発行されました
この本には
 ・弁栄上人伝聞記
 ・晩年の文左衛門
 ・清少納言の恋人
 ・扁鵲
 ・華柁
の5編が載っています

最初の弁栄上人伝聞記 が特に心に残りました
弁栄上人というお方は浄土宗のお坊さんで「光明会」を組織して在家仏教に大変貢献された方です。
これを読むと上人は数々の奇跡を起こして庶民を仏教に入れられたようです。上人は安政6年下総に生まれて大正6年に60才柏崎で亡くなられた。

そして弁栄上人に参ったと言って弟子になった人には明治大正またその後も立派な方々が大変多くいらっしゃるのですね
  横山 大観
  東京大学教授   笹本上人
  数学者  岡 潔    などなど

また弁栄上人は米粒に細かい字でお経を書かれてそれを信者に与えられました
あるお寺はその米粒の謝礼金で作られたそうです。

弁栄上人について

 近年の高僧で傑出した人は稀少ですが、弁栄上人(べんねい)は別格です。大師さま格ではないでしょうか。この人は山崎弁栄といって、安政六年(1859)二月二十日生まれで、大正九年(1920)十二月四日、61歳で逝去された。明治元年に十歳。大正元年、53歳で真言宗の一派、光明主義という教団を設立しています。

 24歳のとき二ヶ月、筑波山に籠もり、一日十万遍の読経修行で悟りをひらき、さらに宗円寺にて三年間で7334巻、一切経を読破し、ついに仏眼了々と開き、見仏されました。仏陀の涅槃後2,400年にして、最初のほとけの生き返りの人物が日本に誕生しています。

 仏陀の説く仏教の本質は光明にあることを「人生の帰趣(帰点)」と題して述べられています。そして上人は、「如来はいつもましますけれども衆生はしらない。それを知らせにきたのが弁栄である。」といわれて永遠の眠りにつかれました。

 上人の一番の魅力は、その私心のなさで、高僧中の高僧、なななななんと!沼南町、東葛郡手賀沼村大字鷲野谷の出身で、農夫の子です。

 この光明主義を理解すべきだといいだしたのは、かの大数学者、岡潔です。この前頭葉の世界が理解できれば、道元の正法眼蔵も、たちどころに理解できる、といっておられる。正にそのとうり。

 岡潔は科学と仏教についてのべた最後に「明治以前の人は科学は知らなかったが、仏教は知っていた。私たちは科学はよく知っているが、祖先の貴重な遺産である仏教のほうは忘れてしまっている。そしてもっと悪いことには、知らないでいながら、知っているように思っていることです」、と締めくくっている。

 岡潔が指摘した悪しき戦後日本の物資主義は、更に悪化し、政治的、経済的、医療的、宗教的に行き詰まり現象で、ついに平成のバブル以降、科学は知らない、仏教も知らない、知る意欲もない、いわゆる無明の世界に迷いこみ、地獄、餓鬼道、肉眼のみに頼った世界に突入してしまっているのです。早めの弥勒菩薩の登場を待ち焦がれる人も多い世情です。

弁栄上人については 下記をご参照ください

船井 幸雄さん 

人生の帰趣  山崎 弁栄

辨 榮 聖 者

やさしい仏教講座

「弁栄上人伝聞記 」をお買い求めの際は下記のところへお問い合わせください

電話&FAX:072-643-8579
価格は、送料込みの1,000円だそうです。
(本来これは会員価格ですが、えーさんの紹介と言ってください)

   

 

|

« 憲法週間記念「講演と映画の会」 | トップページ | 不思議研究所 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

松本 彌様

ご指摘ありがとうございます。
私も本当は詳しくなくて忰山 紀一様の本の書き写しなんです。
仰せのところはたしかに変ですね

インターネットでいろいろと検索してみましたがわかりません。
私が思うのに弁栄上人は浄土宗の方だと思います。
主旨一環そのようですね。
ただ
>弁栄上人(べんねい)は別格です。大師さま格ではないでしょうか。この人は山崎弁栄といって、安政六年(1859)二月二十日生まれで、大正九年(1920)十二月四日、61歳で逝去された。明治元年に十歳。大正元年、53歳で真言宗の一派、光明主義という教団を設立しています。と>浄土宗、真言宗とどちらが本当でしょうか?

ここのところは「院長のコラム」
http://mitsuo-cl.com/mitsuo/colum/colum15.html
にもこのまま書いてありますし忰山 紀一様の本にも書いてあるので実際のところは
どうなんでしょうか?

光明主義で調べても真言宗というのは出てこないように思います。


浄土宗のお坊さんであることは間違いありません。
また自分で光明主義というものを唱えられたのですから宗派を超えた
お坊さんとも言えると思うのですが

あやふやで申し訳ございません。

投稿: えーさん | 2008/08/08 07:55

冒頭で「弁栄上人というお方は浄土宗のお坊さんで「光明会」を組織して在家仏教に大変貢献された方です。」と書かれておりますが、中ほどの文章で
弁栄上人(べんねい)は別格です。大師さま格ではないでしょうか。この人は山崎弁栄といって、安政六年(1859)二月二十日生まれで、大正九年(1920)十二月四日、61歳で逝去された。明治元年に十歳。大正元年、53歳で真言宗の一派、光明主義という教団を設立しています。と浄土宗、真言宗とどちらが本当でしょうか?

投稿: 松本 彌 | 2008/08/07 08:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 憲法週間記念「講演と映画の会」 | トップページ | 不思議研究所 »