« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007/03/26

枝垂れ桜 見てきました

昨日の日曜日午後から天気が良くなったので近くの枝垂れ桜のスポットへ行ってきました。

1・岐阜市の林陽寺の枝垂れ桜です。
   岐阜県岐阜市岩田

Dscfrinyoujisidare0027

  長良川の堤防道路を北へ登ってもうすぐ料金所というところを右下へ降りますと左側に
  大きな桜が見えてきました。ちょっと小高いところに1本だけ聳えています。
  近くに立派な駐車場がありました。
  そこは伊波乃西神社の駐車場でした。
  そこから歩いて5分ほどで林陽寺へつきます。
  すでにお寺の周りにはカメラマンでいっぱいです。
  寺の下の駐車場ではおしることお好み焼きのサービスがありなんと無料でいただきました  。あとでお賽銭をたくさん入れますからね

  枝垂れ桜は1本だけですが木が大きく下へ傾いています。支えるためにつっかい棒が何本  も立ててありました。
  ちょうど満開の真っ盛りと言ったところです。
  お寺の中では「深尾 明美さんのコンサート」が開かれており満員の盛況でした。

  
2・長誓寺の枝垂れ桜

Dscftyouseiji_sidare0093
  一宮市の北部 浅井というところにあります。
  実はこの近くのそばやさんへ行こうと思い車を走らせていたらこの桜が見えたので
  ユーターンして見てきました。
  なんでも有名な枝垂れ桜で中日新聞に載っていたそうで大勢のカメラマンが来ていました。境内の枝垂れ桜ともう一本の大きな桜も満開でまさに見ごろでした。
  外にも大きな枝垂れ桜がありこちらはまだ2分咲きくらいでしょうか

番外
    美人の湯 かがみがはら

Dscfbijinnoyu0067

   お湯は素晴らしい
   なんでも郡上市白鳥町「美人の湯」から湯を運んでいるとか
   つるつる ぬるぬるのいい湯です
   露天風呂も大きくて中の設備もいいですが、料金は750円とちょっと高めですね

 有漏地  そばや

Dscfuroji0124
     
      〒491-0001
      一宮市瀬部字諸谷51
      tel/fax 0586-51-8767

   そばやさんというより洋風居酒屋といった雰囲気です。
   おいしい酒とおつまみがいろいろとあって呑み助にはたまりませんね
   そばの味もすばらしく酒とそば通にはこたえられない店です
   ただ交通の便が悪くてお酒を飲むときはちょっと行き方を考えてしまい ます。    一宮駅からやっぱりタクシーでしょうね

  

| | コメント (0)

2007/03/19

福禄寿 幸せの4つの暗号

福禄寿 幸せの4つの暗号    著者 白峰 由鵬氏
こんな小冊子をいただきました。
ある講演会で本を買ったらこれがついてきました。
発行所 有限会社 メディア358
価格  400円

著者の白峰 由鵬氏はまったく変わった人です。私は二度この先生の話をお聞きしたことがあります。本当のようなでたらめのような しかし一理あると思われることが多いので私は信じていますしまたこの先生のファンも多いです。名前をしょっちゅう変えているので私はこの名前を使っています。

白峰 由鵬さんの話

著書   世界大改革と世界の盟主

◆ 福禄寿 とは

福  人間関係のすべてに関わること
   親子関係、仕事関係、夫婦関係 すべて入る
   ハート のこと

禄  財産 お金に関するもの全て
   臍下丹田 のこと

寿  心と体の健康
   仙骨 のこと

子ども教育は 
寿  0歳から6歳まで
   
まず健康  わんぱくでもいい健康に育ってほしい

福  6歳から12歳まで
   まず人として好かれる人間になれ
   礼儀・礼節・挨拶 など

禄  12歳から18歳
   世のなかの仕組みを教える
   

の順番で教えること

この3つがうまくいっている人が本当の成功者だ

◆ 幸せの4つの暗号

一つ目   言霊 (ことだま) プラスの言葉
             ありがとうございます。 ツイてます  感謝します
             など

二つ目   音霊 (おとだま)
             母音  右脳に響く
             子音  左脳に響く
             右脳が低下するとボカが始まる
             モーツアルトの音楽はいい

三つ目   色霊 (しきだま)
             誰も色との相性がある
             春生まれの人   緑
             夏生まれの人   青
             秋生まれの人   黄色
             冬生まれの人   白

             青        肝臓
             赤        心臓
             白        肺
             黒        腎臓
             黄色       脾臓

             一番エネルギーの高い色は  ゴールド
             次は            紫

四つ目   数霊 (かずたま)
             数には意味がある
             生年月日を一桁の数字で表す
             11日なら  1+1  2
             20日    2+0  2
             31日    3+1  4

             1  いっさいの始まりをあらわす
             2  運勢が上昇期を迎える
             3  新企画を創造・開発する
             4  思い切り仕事に打ち込める
             5  最高の栄誉を手中に出来る
             6  慎重さを要する衰運
             7  現状維持を心がける
             8  気力充実の時期を表す
             9  ひたすら充電に徹すべき

白峰 由鵬さんは温泉が大好きで今は飛騨高山にある温泉に逗留しておられます。
昨年は 「温泉風水開運法」 というとぼけた本を出しています。
いつどの方角のどういう温泉に入ると運が開けるかということが書いてあります。 

   

| | コメント (5)

奪われる日本  関岡 英之氏

最近知人から 「奪われる日本」  関岡 英之 著 をいただきました。

同氏は1960年生まれのノンフィクション作家だと思いますが鋭いことを書いてます。   是非ご一読をお勧めいたします。

「奪われる日本」の主な題字だけでも想像がつくと思います。

第1部 検証「平成の大獄」 郵政、そして医療(郵政―アメリカの狙いはなんだったのか
『年次改革要望書』はどう始まったのか
前自民党議員たちはなぜ反対したのか
医療―世界がうらやむ皆保険をなぜぶっ壊すのか)

第2部 節度も品格も無き時代 ―小泉治世の検証(M&A推進派はなぜ「日本」を売りたがるのか
悪徳業者はなぜ世に蔓延るようになったのか
談合はいつから犯罪になったのか
あなたはほんとうに訴訟社会を望んでいるか
日本政府は米国になにを「要望」しているか)

第3部 皇室の伝統をまもれ! (万世 一系をなぜまもるのか
こどもたちは知りたがっている)

彼は本のなかでこう言っています。

これから数年後の日本に何が起きるか。それを知りたいとき、必読の文献がある。『日本政府への米国政府の年次改革要望書』という文書をご存知だろうか。通信、エネルギー、金融、流通。さらには医療制度や薬事制度、公正取引委員会と独占禁止法、商法、司法制度改革、構造改革特区、郵貯をふくむ公益法人の民営化政策。個別産業分野から一国の立法、行政、司法に及ぶあらゆる分野に関して、アメリカのなまなましい要求事項が網羅されている。アメリカ政府が毎年公表しているものだが、日本でそれを知る人は少ない。

そしてこれらのことは実際に実行されていますね
このために小泉首相は自民党の仲間さえ反対者を刺客を送って抹殺しました。

年次要望書を見るには

年次要望書は、在日米国大使館のホームページに日本語訳が掲載されている。
具体的には、下記の手順で見ることができる。

在日米国大使館のホームページを開く。
タイトルの下のメニューの[政策関連文書]をクリックする。
下の一覧から [経済・通商関連] を選ぶ。
一覧から[規制改革]を選ぶ。
一覧から[2XXX年規制改革要望書]を選ぶ。

また同氏の出版物としてこちらもあります。
『拒否できない日本―アメリカの日本改造が進んでいる』  (文藝春秋[文春新書]、

 『アメリカの日本改造計画』 (イースト・プレス、イースト・プレス特別取材班との共編、

| | コメント (0)

2007/03/18

山陰の旅

阪急交通のバス団体旅行に参加してきました。結構内容のあるもので楽しかったです。2泊3日で一人25000円ポッキリとお値打ちなのが第一です。

見所  鳥取砂丘
     足立美術館
     出雲大社  正式参拝
     まがたまの里 伝承館
     大根島 由志園

お泊り 三朝温泉  三朝ロイヤルホテル
     玉造温泉  保性館

シーズンオフだけに観光地はどこも静かでしたね
そして全国的な寒波でもあり多少寒かったですがこれはまあ費用を考えるとやむをえないところでしょう

・鳥取砂丘

Dscfrifuto0047_1 Dscfsakyuu0042_1
昔一度来たことがありますがなんだか小さくなったような印象を持ちました。
リフトに乗りましたが以前からあったのでしょうか
   入口で長靴を貸してくれました。
   これも以前なかったように思うのですが忘れているだけかも

・足立美術館

Dscfadati0189_1 Dscfadati0199_1
   驚きました
こんなに立派な庭園と美術館が松江にあるとは
それも個人で作られたのです
どうしてこんなにお金を儲けたのか どうやって儲けたのかに興味があります。足立全康氏が作ったものですが氏は安木市の出身で大阪で身を起こし繊維問屋や不動産業で大儲けしたようです。昭和45年、71才の時、郷土への恩返しと島根県の文化発展の一助になればという思いで、財団法人足立美術館を創設しました。横山大観の絵は130点と圧巻ですがそのほかにも上村松園、平山郁夫、前田青邨、橋本関雪、伊東深水、川合玉堂などなど数限りなく今回もその一端を見たにすぎません 。何度も行って見たいところですがなにしろ遠いですね。また庭の作りから手入れは相当なもので米国の庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」(JOJG)は、「2006年日本庭園ランキング」を発表し、足立美術館の庭園が2003年、2004年、2005年に続き、4年連続で「庭園日本一」に選ばれました。

私たちが行ったときも大勢の若い人たちが庭園の手入れを這いつくばってやっていました。
今回の旅行で一番良かったのはなんと言っても足立美術館です。

・出雲大社 正式参拝

Dscfizumo0312_2 Dscfsutendo0320_1 Dscfmiko0325_1

   出雲大社は神社のなかの神社で毎年10月には全国の神社の神様がここへ集まるので全国は神無月と言われていることでもおわかりと思います。驚いたのは神様が集まるアパートのような集会室が東西に作られていることです。また神社は60年に一度の遷宮があることも始めてしりました。今度は平成20年にあるそうです。ただしここの遷宮は屋根の葺き替えだけです。それと驚いたのは昔の出雲大社の建物がものすごく大きかったらしいということです。
まず全員神楽殿に入り正座して待ちました。大太鼓の音とともに神主と巫女さんが入ってきました。お供えをして祝詞をあげ巫女さんが舞いました。全員にお札を授かりなおらいのお神酒をいただいてそとへ出ました。
神楽殿で驚いたのは入口の大きな注連縄 なんと5トンもあるそうです。
またこの建物は昭和56年に作られたのですが正面破風の装飾にステンドグラスが設置されているのは珍しいことです。
その後本殿の中へ入れていただき参拝しました。また神社の内外の案内を係の女性がついてずーっとしてくれました。
どうやらお土産屋さんの女性らしいのですが

・まがたまの里 伝承館

Dscfmagatama0246

   勾玉がここ出雲で作られていたとは知りませんでした
   めのうが出る山があるらしいのです
   そして勾玉を作る職人の技が伝承されているのですね
  玉造温泉の玉造は勾玉を作るという意味だったのですね。

・大根島 由志園

Dscfninjin0475 Dscfbotan0504 Dscfbotann0502

Dscfyuusien0516 大根島とは今から約12万年前、鳥取県の伯耆大山(ほうきだいせん:1,711m)がまだ活火山であった頃、その裾野の末端であった中海の海底火山層が爆発をして出来た火山島が、大根島です。ここは豊富な養分があり高麗人参の産地として有名ですがお上に知られないように大根島と命名し内容が知られないようにした。
門脇 由蔵(よしぞう)という人が島の観光のために日本庭園を作ろうとしましたが完成前に死んでしましました。息子さんがその意思をついで作ったのがこの由志園です。由蔵さんの由をとってその志をついで作った庭園なので由志園となずけらました。
   ここは高麗人参とぼたんの名所です。
   みなさん高麗人参をたくさん買い込みましたね。
   健康には一番関心があるようです。
   高麗人参のエキスがいいようですがこれはくずをエキスにしたのだろうと言っている人がいましたが効けばなんでもいいですよね

続きを読む "山陰の旅"

| | コメント (3)

新野 恵さんのこと

新野 恵さんと言う人がいます。
私は千島学説研究会 の大阪で二度ほどお目にかかったことがあります。
50歳まで中国電力の技術者でしたが、50才のとき自分の使命に気がついて会社をやめた。
何をするかは決めてなかったが
収入はすごく減ったが幸せの度合いは比べられないくらい大きいとおっしゃってます

新野 語録

・病気は治すのではなくて治るものだ。

・病気の人は笑い始めると治る

・ガンの人もずいぶんよくなった
  始めは何とかして治してあげようと思っていたがそれは間違いであると気がついた
  病気を治すのはあくまで本人である
  こちらはそれを手助けするだけ

「雲の上に木を植える」
       もうじきに本が出ますが今はまだありません
   新野 恵さんは2003年にモンゴルでの大掛かりな植林をしました。
   あの「天国はつくるもの」の「てんつくまん」が新野 恵さんの話に感激して一緒にやろうということになったのだそうです。
       今年も4月11日から三回目の植林事業をされます。
   1回目はジャンボジェットを貸切で行きました。

   竹炭の粉を空へ撒くと地上に植えた植物がすごくよく育つのだそうで  す。
   
・竹炭のこと
新野 恵さん は竹炭を使って健康のことや自然環境改善をされています。
      竹炭や竹酢液や結界の話などとても不思議なことばかりです。

新野 恵さんはお医者さんではありませんのでガンを治す 治るとは言えませんが何か得るところがあるのではと思います。
新野 恵さんの連絡先はここです

株式会社サクセス・アイ代表
かぐや支援ネットワーク山口支部長
新野 恵
   電話  0836-34-3630  FAX 0836-33-7643 
   メール info@takesumi.org

また全国を講演に歩いておられますのでお近くへ来られたときに会ってみるのもいいと思います。

新野 恵さんはことし72歳のおじいさんです。女性とよく間違われますので念のため

◆  先週の「じあいネット」22回のラジオに出ておられます

    http://ji-ai.net/radio/

| | コメント (0)

2007/03/11

柳原 能婦子先生の話

豊田市の高木特殊工業株式会社高木 利誌社長様が主催された 柳原 能婦子先生の講演会に参加してきました。

私は柳原 能婦子先生の講演のテープは二、三回聞いたことがあり不思議な先生だなー
一度会ってみたいなと思っていました。

Dscfyanagihara0055 Dscfgomu0065
会場は豊田市の知立よりのある大きな料理屋さんの宴会場で行われました。60人くらいは集まっていたでしょうか
超満員の大盛況です。
午後4時30分から3時間あっという間にすぎました。
柳原 能婦子先生の話は聴衆の悩みを聞きながら実際にその場で治してしまわれます。
今思い起こしてもなかなかうまく報告できません。
間違ったことを書いてはいけないし実際に見て聞いてもわからないことばかりです。

思い出せる範囲で書いてみます。
これからもしお医者さんでも治らない病気になったら柳原 能婦子先生は愛媛県の松山市においでですから松山へ飛んでいくことですね。

柳原 能婦子先生は本を出しておられます。

手さぐりの施療所から (単行本)
柳原 能婦子 (著)   私も今途中まで読んでいますがこれを読んで更に柳原 能婦子先生の考え方 生き方 施療についてよくわかります。みなさんも是非読まれることをお勧めします。

続きを読む "柳原 能婦子先生の話"

| | コメント (3)

2007/03/10

3っつの経済

ある人からブログでこんな事を書いていただきました

ーーーーーーーーーーーーーーー

自然農で有名な 川口由一さん のお話を聞きにいって、腹に落ちた話があり、経済論を語る時に必ず引用するのが、私流に伝えると

地球上には3つのレベルの経済があります。
・貨幣経済
・人的経済
・自然経済
です。
経済を語る人(学者)は貨幣経済という一番ミクロな経済の話がほとんどです。ですが人と人との「助け合い」「家事」「奉仕活動」「子どもの世話」にはお金は発生しませんが、お金に換算したら、今の貨幣経済より大きいのは明らかですね。
では自然経済は?どんなにお金をかけても自然と同じくらい空気は作れません。どんなにお金をかけても自然と同じくらい水を作れません。どんなにお金をかけても地上を照らす太陽のような灯かりは作れません。どんなにお金をかけても、お米や野菜を化学技術で作れるでしょうか?

貨幣経済<人的経済<自然経済

だということを腹に落としておいて欲しいです。(*^∇^*)

| | コメント (0)

2007/03/07

名古屋学院大学の新校舎

名古屋学院大学名古屋キャンパス白鳥学舎を見学してきました。
ちょっとした用があり同大学の教授のところへお伺いしました。
同大学は瀬戸市の山の中に素敵な校舎があるのですがこのたび大部分を白鳥公園 (国際会議場) の中の土地に引っ越してきました。
この4月の新学期からこちらの校舎で授業が始まります。

この土地は名古屋市のもので50年の借地契約だそうです。

Dscfjimu0032 Dscftosyokan0020 Dscfsyokudou0035 Dscfkyoukai0045 Dscfkyoukai0048 

 

ジム   図書館のパソコン  食堂      教会    内部

Dscfdaigakuin0052

大学院

そしてこの大学では
・公園と大学に境界がないことです。
 公園と大学が一体となっており犬や子どもずれの方々が散歩しています。
 そのまま大学の中へ入れてしまいます。
 それで図書館や食堂は市民にも開放されます。

・入口に立派な教会があります。
 ここも市民に開放される予定です。

・図書館には30台くらいのパソコンがあり誰でも使えるそうです。

・またパソコンが50台くらい設置された教室もいくつかありました。

・大学院の校舎は地下鉄の日比野駅の上に別に建てられました。
 これはまた便利ですね
 大学とは歩いて5分ほどですし地下鉄から傘なしでいけます。

すごく勉強しやすい環境だと思いました。
建物のデザインや色も素敵です。

| | コメント (4)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »