« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007/02/26

布ぞうり つくり

今日は暖かかったですね
家内と一緒に半田の仲間がやっている 「あゆちの会」 布ぞうりつくりに参加してきました。
メロウな仲間が60人くらい集まり 布ぞうりとつるかご をつくりました。
昼には大きな鍋で作った 炊き込みごはん と 野菜汁 のごちそうで
大変美味しかったです。

Dscfnunozouri0003 Dscfzenkei0025 Dscfyasainabe0013 Dscfume0015

帰りには東浦の温泉に入って帰ってきました。

この行事を主催しているのは半田のYさんで 「あゆちの会」は年配の男女を中心に若いおかあさん 子どもさんも交えた幅広い活動をされています。  地元に密着した行政では出来ないことをされていて見習うべき方です。

出来上がった 布ぞうり のサンプルです

Dscf0001

| | コメント (7)

2007/02/25

名古屋市鍋屋上野浄水場 見学記

先日ある会合の行事として 名古屋市鍋屋上野浄水場 を見学してきました。

Dscfjimusyo0020 Dscfsuisitu0065
まずその大きさと施設(建物)の立派さに驚きました。
いつこんな立派な建物が出来たのかと

・名古屋市の上水道は浄水場   3箇所
          配水事務所 4箇所
          営業所  16箇所 からなりたっています。

・大正3年3月に完成、同年9月から給水を開始しました。
 現在93年目であと7年で100周年を迎えます。
 いま100周年記念行事を計画中です。
 上田敏郎氏 が設計監督して出来上がったものです。
 なんと今でもこの技術は大筋で変わっておりませんし施設は稼動中です。たいしたものと言うべきか進歩がないと言うべきか

大正3年に出来たポンプ場内部も見せていただきました。当時これだけの施設があったとは驚きです。

名古屋市の上下水道の歴史

  

続きを読む "名古屋市鍋屋上野浄水場 見学記"

| | コメント (4)

日本を美しくする会  掃除に学ぶ会に参加して

日本を美しくする会  掃除に学ぶ会に参加して
Dscfsyuugou0003 Dscftoire0014 Dscfgomi0020

今朝は4時30分に起きて名古屋まで車で走りました。
栄あたりで街路清掃の会があると聞いて参加したのですが
さて栄と言っても広ろうござんんす
車で一回りするとテレビ塔の西側にそれらしき集団があり車を近くの駐車場に停めて
参加しました。
約50人くらい集まっていました。5時45分から早速に朝礼が始まりました。
3班に分かれてください。トイレ掃除をしたい人は4人前へ出てください。
との話で初めて参加した私はトイレ掃除に手をあげました。
各班リーダーのもとそれぞれ持ち場につきました。
錦3丁目の見慣れた公衆トイレが我々の持ち場ですがそこへ行くまでに道に落ちている
ゴミを拾いながら行きました。道路がまるでゴミ箱のようにいろいろなものが捨てられて
います。その汚いこと。またたくまにビニール袋が一杯になりました。
トイレは男子 大 小 各1個 女子 大 1個 という小さな公衆トイレです。
昨年8月から毎月ここを掃除しているそうです。
班長さんから段取りの説明があり長靴に履き替えて掃除に取り掛かりました。
私の担当は男子の小トイレです。
トイレの下のカバーを外して小便が落ちていく穴の中までしっかり洗いました。スポンジで
拭いただけでは落ちません。ペーパーのようなものや硬いヤスリのようなものでゴシゴシとこすりました。小便の垢の塊りのような白いものが少しづつ落ちていきます。濁っていた水も透明になってきました。
約1時間天井から床までピカピカになるまで掃除しました。
こんなにきれいな公衆トイレがあるだろうかと思えるほどになりました。
また始めの場所に戻って全員で終会がありました。
会長さんからの挨拶があって散会しました。 会長さんのお手配でお茶と大きな握り飯が配られました。
名古屋掃除に学ぶ会は毎月25日に栄で掃除をしているそうです
朝5時40分 集合  6時から7時まで1時間の掃除です。

もしご参加される方は 052-891-1200
までお問い合わせください。
各地に 掃除に学ぶ会  があります。
  

聞いた話ですがこの 日本を美しくする会 は (株)イエローハット の創業者・ 鍵山秀三郎さん の発案だそうです。
東京新宿の商店街では3年前から早朝清掃を始めました。そうしたら犯罪が大幅に減ってきて町もきれいになり商店街の売上も上がってきました。今では商店街が音頭をとって毎日清掃を行われています。

こうした動きが全国つづ浦々にまで広まっていくことを願ってやみません。
今年はニューヨーク 台湾 ブラジル 北京 でも大会が行われます。
台湾の大会には名古屋から100人も参加するそうです。

| | コメント (4)

2007/02/12

江場社長様吉本有里さんのコンサート

(株)エバの 江場社長様 からのお知らせとお願いです

吉本 有里さん は、昨年12月信州高遠にある自宅を全焼され、
  彼女と二人の子どもは助かりましたが、愛するパートメンバーの誠さんは光となりました。
  その彼女の復帰のコンサートです。(今話題の プライナス など友情出演もあります)
  このコンサート、彼女の歌は、きっと皆様の心に響くと信じています。

  ・ 日時  3月18日(日) 開場 17:00 開演 17:30
  ・ 場所  中小田井、善光寺別院 「願王寺」
  ・ 料金 2,500円

どうか、ご協力、ご参加いただけるとありがたいです。
 

よろしくお願いいたします。
ありがとうございます。

2007年2月13日
江場 康雄

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は吉本有里さんを知りませんが素晴らしい方のようですね。江場社長様がすすめられる人に間違いはありませんが 

またプライナスのボーカルの真由美さんは私の知合いの山田 將貴様のお嬢さんで私もよく存じ上げています。 楽しみですね 私も是非参加しようと思っています。

| | コメント (0)

2007/02/11

「富士山夢文字プロジェクト」

再度 「富士山夢文字プロジェクト」 について

今年の「富士山夢文字プロジェクト」は2007年7月7日 富士山頂にて実行予定です。

最近この運動をしている近藤 薫さんから「富士山夢文字プロジェクト」のことが 「月刊HADO」 誌に載ったということでその記事を送ってきました。

これを読むとこの「富士山夢文字プロジェクト」を始めた 大志君 はどんな男で何を考えて始めたのかがよくわかりました。「hado_kiji.pdf」をダウンロード

「富士山夢文字プロジェクト」に協力してみようかと言う方がいらっしゃったらどうか メール をください。 ハンカチを送ります。

江場社長様 も応援しています。

小田 全宏様 も応援しています。

| | コメント (0)

2007/02/10

祈りは効くか

祈りのライブをやっているAKIRAさんから聞いた話です

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

祈りが病の治しに効くか

アメリカのラリードッシーが書いた本 「魂の再発見」 に書いてあったこと。
カリフォルニア大学のランドルフビルド教授が実験をした
400人の心臓患者で実験をした
患者をコンピューターでランダムに二組に区分けした
半分 患者一人につきやく5人から7人の人が祈った(毎日祈る 祈り方は自由)
あとの半分は祈らない

祈られる人は何も知らない            

その結果  4つの違いが出た

1・祈ったほうは抗生物質の必要量が5分の一だった

2・祈ったほうは肺気腫になった人は3分の一だった

3・祈ったほうは器官内送管をする人はいなかった

4・祈ったほうは死亡がいなかった

その後もビルド博士たちは数々の実験をしましたが同じような成果をあげたそうです。

そしてこうういうこともわかりました。

・空間的な距離は関係ない

・知り合いが祈ったほうが効果が大きい
   つまり家族がベスト

・植物でも同じ効果があった

・祈りとしては ガンを消してください  と言うよりは
 どうか本人にとっていい方向になるようにしてください

・祈った人の病気もよくなった。

・ギャンブルを祈っても効果はなかった

それでAKIRAさんは 祈りプロジェクトという名前でがん患者の病気を祈りで治そうというプロジェクトをやっています。
ライブやインターネットのホームページを通じて全国の人たちの祈りを受けて実際にガンがよくなっています。

AKIRAのホームページ   akira mania

| | コメント (0)

2007/02/04

夢をあきらめない  島袋 勉さん

今日は岩倉市で 島袋 勉さん の講演を聞いてきました。
岩倉市総合体育文化センターという新しく出来たらしい立派なホールでの講演でした。
小さい子どもさんをつれたお母さんの姿が目立ちました。

Dscf0006 Dscf0014 Dscf0018 Dscf0023

島袋 勉さんのことはみなさんテレビや本や講演会などですでにご存知だと思います。
私はお話をお聞きするのも本人を見たのも始めてでしたがとてもさわやかな青年というイメージです。この人が5年前に事故で両足を列車に切断されてしまったのです。
それから義足をつけてのリハビリを続けなんとフルマラソンや7000メートルもの山登りもしてしまったのです

島袋 勉さんはこう言われました。

・障害を隠さない
・足がないことを受け入れる
・あきらめない

足がなくなっただけではなくて高次脳機能障害も起こされました。
なんでもすぐに忘れてしまうのだそうです。
それで話をしたことをすべてメモする。
メモをかたずけない。
かたずけるとメモがどこへいったからなくなってしまうから

倒産しかけた会社を再建するうちにだんだんと脳の働きが
戻ってきたそうです。
いまでは会社経営も軌道にのり全国を講演してまわって子どもたちを
はじめ多くの方に「夢をあきらめない」という題で夢を与えておられます。
またマラソンもフルマラソン10回も達成されています。

何事もやる気になれば出来るのだということを教えられた一日です。

| | コメント (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »