« 野中 邦子先生の無限塾 | トップページ | 「富士山夢プロジェクト」 »

2007/01/04

ヒステリーは 子宮の病気

ヒステリーは 子宮の病気
先月作家で精神科医の なだいなださん の話を聞きました。

古代ギリシャのヒポクラテスの時代からヒステリーはあった
ヒステリーの語源は ヒステラー から
ヒステラーとは子宮のことで当時はヒステリーは女性特有の病気で女性の子宮が体の中で動き回るからそうなると信じられていたそうです。
その後解剖学や顕微鏡などの発明により子宮は動かないことがわかってこの説はなくなりました。19世紀になると フロイト という医者が精神分析学という学問を打ち立てまして、わからない患者はなんでもかんでもヒステリーにしてしまいました。
ヒステリーがないのは皮膚科だけであとの内科外科眼科どこでもヒステリーという病名がつけられたのだそうです。
その後精神病では「キツネ憑き」というのが流行りました。
20世紀に入ってヒステリーも「キツネ憑き」もあまり言われなくなってしまいましたがヒステリーはどこへ行ったのでしょうか?

というようなお話でした

|

« 野中 邦子先生の無限塾 | トップページ | 「富士山夢プロジェクト」 »

健康」カテゴリの記事

コメント

さといもさん
おいでやす
ここは静かなしずかな部屋です

ヒステリーという言葉が子宮からきているとは知りませんでした。昔は女性特有だったのでしょうね

いまの切れるはもっとこわいですね
またおっしゃるように男女同権でしょうか

投稿: えーさん | 2007/01/05 20:26

夫婦喧嘩で女性がぎゃぎゃ怒ってたり、
子供を母親がキーキー言いながら怒ってる。
又、学校で女性教師が目を吊り上げて怒ってたりすると。
決まって「おお あれはヒステリー」って言ってましたけ。不思議にそれらは女性が多く、
男性は少ないです。

そういえば、最近聞かなくなりました。
その代わり「切れる」という言葉を耳にします。
これは、男性も女性もないですね。

投稿: さといも | 2007/01/05 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野中 邦子先生の無限塾 | トップページ | 「富士山夢プロジェクト」 »