« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006/12/29

デトックスブーム

いまや世のなかデトックスブームですね。何でも毒出しということらしいです。身体から毒を出してスッキリというイメージで病気も一緒に出て行くように感じるのは私だけではないと思います。

デトックス その1
先日TBSラジオのストリームというポッドキャスティングの番組で 辛酸なめ子さん が突撃レポートというのでやってました。
東京にあるらしいのですが女性専用だったかな
専用の衣服を着てまた火鉢のようなのに座るのだそうです。下から暖めるのですね
なんでも薬草を使うらしいです
そうすると体中から汗やら毒素が出てきて下に置いてあるバケツにポタポタと滴り落ちるのだそうです。なんでもこの汗を持ち帰りが出来るのだとか
これはデトックスと言ってもちょっとやり過ぎの感じですが

デトックス その2
名古屋にある自然医学総合研究所でやっているものです。ここの大沼 四廊先生は現代の難病を治すことで有名です。私の知人も随分助けられました。今までの医学とは全く違った観点から治療をされています。

そこで最近使われだしたのがこの デトックスマシーンです。
これはお湯を入れたバケツのなかに両足を30分入れるだけです。
私も実際に見ましたが妙齢のご夫人が足を30分入れました。そしてバケツの中を見てビックリ透明のお湯が真っ黒です。こんなにも身体の中から毒が出たと思うと恐ろしいくらいです。
この機械はあちこちにあるようですね 名古屋でなくても出来ると思います。
これはある種の電気分解のようですが詳しいことはわかりません

デトックス  私の場合
私はデトックスの機械ではありませんが、汗を出すサウナのような機械を使っています。
「湯カラッと」という名前で中津川の会社が作っています。
この会社とはちょっとした仕事上の関係があり知りました。1台21万円もしますので清水の舞台から飛び降りたつもりで買ったのです。
毎朝30分これに入ります。今は気温が低いのであまり汗が出ませんが夏などはタオル3枚が絞れるほどに汗が出ます。特に黒い汗が出るわけではありませんが身体の新陳代謝は出来ていると思います。
そしてこれのもう一つのいいところは汗を出しながら本が読めることです。頭と両手は外へ出ているのですから私の読書タイムというわけです。この「湯カラッと」は無料でお試しが出来ますので一度使ってみたいと思われたらメールをいただけば手配いたしますよ

この他にも今大流行の岩盤浴酵素風呂などもデトックスの一種ですね
いや本当は岩盤浴がデトックスの一番オーソドックスかもしれません。
最近は酵素風呂も流行の兆しです。これも大分以前からあって私も3箇所ほど行きましたが何度も行くとなると面倒で続きませんね

何事も溜め込まずに出すことです。

| | コメント (2)

2006/12/25

「その他のガン治療法」

メロウ倶楽部メロウライフ館という情報館があります。 
そこの フォーラム   健康と病気 というところに「その他のガン治療法」ということで書いてみました。
いろいろとみなさんからお教えいただいたことをあれこれと書いてみました。
もっとその他のいいことがあったら教えてほしいと思います。
またそれは違うよということもお教えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ガン治療は手術、放射線、抗ガン剤 が3大治療法でこれが主力ですがほかの方法もありさおうです。
ご研究ください。

あとあれこれ書いていますのでご覧ください。

| | コメント (0)

2006/12/24

女という字を使った漢字

私が入っているメロウ倶楽部という高齢者のパソコンクラブがあります。
ここの仲間でとんぼさんという人が「トロン工房」というホームページを作っておられます。
ここを覗いて驚きました。

女という字を使った漢字がいくつあるとお思いでしょうか?
驚いたことに4536字もあるのだそうです。
こんな字を考えた中国人はえらいと思います。いや作らせた女が偉いかも

それに比べて男という字を使った漢字はたったの98字だけ

とんぼさんのブログ

| | コメント (0)

2006/12/20

新年の行事ご案内

◆「ルナパーク」 交流会

「runapa-ku.pdf」をダウンロード

・日時 1月8日(月曜日)  午後4時から

・場所 ローズコートホテル
      名古屋市中区大須四丁目9-60
       TEL 052-269-1811   
      ・料金  セミナー  3000円
       懇親会   5000円

◆ 元X・JapanのToshiと わが心の師、行徳哲男先生の
   「ありがとう、詩旅(たびうた)コンサート」です。

   110

   (株)エバ 江場社長様からのお知らせです

  今の世に、最も不足しているものは、ドキドキワクワクです。
  みなさんに、必ず胸を熱くする感動をお約束します。
  お誘い合わせて、ぜひ、ご参加ください。
  お待ちしています。

             (株)エバ  江場 康雄

・日時 1月10日(水)  午後6時から

・場所 名古屋南文化小劇場
      名古屋市南区千竈通2丁目10番地の2
       TEL 052-823-6511
     

・料金  7,000円

・チケットのお申込みは、
    えーさん までメールをください
    特別価格できるかも

| | コメント (0)

「じあいネット」 について

「じあいネット」 について

最近札幌の稲田 芳弘様が中心となって「じあいネット」というものを立ち上げられました。
ーーーーーーーーーーー
「じあいネット」は、主にガン問題を取り扱うNPO法人(申請中)で、「ガンは死に至る病」と考えがちな「ガン呪縛状態」から、ガン患者、その家族、友人、そしてガンを恐れる人々を解放していきます。そして「ガン治療(治癒)」に、希望を灯したいと思います。

ーーーーーーーーーーー

まだ出来たばかりで充分なものではありませんが、毎週木曜日に           インターネット放送 を1時間されています。

これは後でダウンロードして聞くことも出来ますので私はいつも持ち歩いて聴いてます。大勢の人が毎週この放送を楽しみにしています。

この放送はガン患者さんが自ら元気を取り戻すことを目的に行われているものです。
どうかガン患者のかたもそうでない方も是非お聴きください。
また「じあいネット」 へもご入会をお願い申し上げます。
入会金 1000円 年会費 3000円
このお金でこれから放送を続けることが出来ますしまたいろいろと活動が出来ると思います。
私も早速入会しました。

| | コメント (0)

2006/12/17

砂糖の食べ過ぎで、膵臓ガンの発症率高まる

大阪の甲田 光雄先生から論文をご紹介いただきました。  また森 美智代様が新聞で紹介されましたのでその写真です

Img102

論文紹介

砂糖の食べ過ぎで、膵臓ガンの発症率高まる

スウェーデンのカロリンスカ研究所の研究チームが45歳以上の男女約8万人についてその食習慣を調査された。

 その中で膵臓ガンになった人は131名であった。この131名の食生活では特に砂糖の摂取量が多かった。その結果、砂糖の食べ過ぎは膵臓ガン発症の危険要因であることを明らかにした。

砂糖を加えたソフトドリンクを1日2回以上飲む人は、飲まない人に比べ発症率が1.9倍、砂糖を入れたコーヒーや紅茶を1日5回以上飲む人は、全然飲まない人に比べ約1.7倍高かった。

 これについて同研究チームは、砂糖の食べすぎによって起こる高血糖が膵臓ガンの発症を高めるのではないかと推論している。

(以上は徳洲新聞、№545:4,2006年11月20日より転載)

■甲田光雄の感想

 砂糖の食べ過ぎでアトピー性皮膚炎が悪化したとか、冷え症がひどくなったという人は案外多く見られます。しかし、膵臓ガンも砂糖の食べ過ぎで発病率が高まるということを知ってやっぱりそうかと納得できました。糖尿病になると、ガンが併発してくるというのは現代医学でも明らかになっております。現在糖尿病及び糖尿病予備軍の人々が合計2000万人近くもおられるのは将来大問題をかかえていることになるわけです。いまの間に正しい食生活を行って、血糖値が常に正常になるよう注意しなければなりません。ここで是非おすすめしたいのは、毎日食べておられる「ご飯」を生玄米(生玄米粉とか発芽玄米の生)に変更していただくことです。生の玄米を食べると血糖値が確実に下降してくるということは、既によく解っているからです。

| | コメント (2)

2006/12/04

山之内けい子さんの写真展

山之内けい子さん  の写真展 があります

栄近辺へお出かけのおりにはちょっと寄ってみては如何でしょう          彼女はずーっとスペインの写真にこだわっています。今年も中区役所ビルで写真展を開くそうです Yama_sdm12a Yama_sdm12b

★ 「愛しのポルトガル」山之内けい子写真展 part12
      日時:12月12日(火)~17日(日)
      9:30~19:00 (最終日は17:00まで)
    場所:名古屋市民ギャラリー栄7F(中日ビル横の中区役所)
 

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »