« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006/11/30

元イーホムズ 藤田社長からの

元イーホームズ 藤田社長からのメールが「きっこの日記」に掲載されてます。大勢の方に見てほしいということなのでこちらに転載させていただきます。 本当のことはわかりませんが藤田社長があそこまで言うのはやはり何かを感じるのですが  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕が存じ上げる、外国記者の皆様、外国特派員協会の皆様、日本に来られている各国大使の皆様、経済同友会の皆様、財界の大先達の皆様、国土交通省建築指導課の皆様、弁護士の皆様、裁判官の皆様、東京地検の皆様、日本の報道関係者の皆様、建設業界の皆様、耐震偽装事件で被害にあった住民の皆様、同じくこの事件で亡くなられた方のご遺族の皆様、そして、to all my friends in tha world

「耐震偽装事件」の真実について語った生放送の収録番組が、「あっ!とおどろく放送局」でオンデマンドで放送されました!!!

前編 http://odoroku.tv/vod/000000A99/index.html
後編 http://www.odoroku.tv/vod/000000A9A/index.html

是非に、この番組を、お知り合いの方に紹介してください。耐震偽装事件だけでなく、社会保険庁の問題や、憲法の問題、様々な問題について、僕が知る核心的な問題意識を話しました。

日本のIT革命は、真の意味での、憲法21条(言論と表現の自由)の実現に近づかせています。時代のエポックです。

この放映を決断された、「あっ!とおどろく放送局」の社長様ならびにスタッフの皆様に感謝いたします。
*年末までの放映でなく、ずっと放映していただきたいと思います。

しかし、もっと重要な映像があります。upされない状況は、「あっ!とおどろく放送局」に圧力がかかっているかもしれません。その映像は・・・

続きを読む "元イーホムズ 藤田社長からの"

| | コメント (0)

2006/11/29

「こころの処方せん」 なだいなだ氏 特別講演

NPO 日本ホリスティック医学協会 中部支部主催で別紙のような講演会があります。 もうすぐです

12月3日

ウイルあいち (愛知県女性総合センター) です

「kokoro06111.gif」をダウンロード

「kokoro06112.gif」をダウンロード

| | コメント (0)

「アクティブ・ブレイン・セミナー」

江場社長様からとっておきのセミナーのご案内です                     目から鱗が落ちるとはこのことだそうです

百聞は一見にしかず  とか  まず参加してみるべきでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いま全国的にも評価され、

絶好調の 小田全宏さん のセミナーのご案内です。

「191.doc」をダウンロード

「憂鬱」、「薔薇」という漢字がすらすら書ける。

夏目漱石、アザラシ、・・・、新幹線、・・・、

と、20、30、さらに100個の言葉が、ドンドン覚えられる。

それも実に楽しく、笑いながら、・・・。

こんな経験を私たち40人の仲間が今年7月にしました。

以後、何か自信がついたのでしょうか、

物事の見方や、生き方にまで影響が出てきたように思えます。

皆さんにぜひそんな経験をおすそ分けしたいです。

「アクティブ・ブレイン・セミナー」

来年、1月13日、14日開催です。ぜひご参加ください。

待ってます。

| | コメント (0)

坂折棚田石積みボランティア

先週の土日 岐阜県恵那市の坂折棚田石積みボランティアというのに参加してきました
ある環境団体からのお誘いがあり物好きで参加したわけですが遠くは茨城からも参加者があり約30名近くが集まりました。殆どは定年退職後のおじさんおばさんですが大学生も二人来たり疑惑の岐阜県庁や地元恵那市役所の若手も参加しました。

Dscfkousyuu0018 Dscfisigumi0080 Dscfisidumi0089_1 Dscfisigumi0093 Dscfkansei0210 Dscfasamoya0167Dscftanada_moti0238_1  

この坂折棚田は400年前に作られたものだそうですが棚田は石垣で保護されています。この石垣が経年変化で崩れたところを修復するのにボランティアの力を貸してほしいというものです。

石積みの勉強をしたり実際に石を運んだり組んだり土を掘ったり結構重労働でした。でもこの技術は大変なもので我々ボランティアでは実際に石を組んでいくのはとても無理です。地元のベテラン石組工の人(全員70歳以上)は石を見ながらどこへどの角度で置くかを瞬時に判断していきます。石だけでがっちりとした石垣が組みあがったときは感激です。
30名は3班に分かれて作業をしましたが最後は遅れているところを全員で作業をし昨日の3時には全部終了しました。来週の土日もやる予定でしたが2日間ですべて終わったのでもう来週はなくなりました。

食事はすべて地元の奥さんがたが作ってくれて地元でとれたものばかりでの味噌汁や猪鍋 また棚田米で作ったお酒などどれもすごくおいしかったです。
翌日はさといもとご飯で作ったいももち作りも体験しました。
炭火で焼いて生姜醤油をつけて食べるのですがすごくおいしかったです。

夜は持参の寝袋で寝ましたが寒いのなんのって冷え込みますねー

元庄屋さんの離れを今回から借りれるようになったそうで今後もいろいろな行事をすることになると思います。

この石垣を作ったのは徳川時代の黒くわ衆 という特殊な技術者集団だそうで知多半島から来た人だと聞きました。この黒くわ衆は名古屋城の石垣を作った人たちだそうです。
全国各地へ重い黒くわを担いで出かけていったそうです。

棚田のお手伝いをしていろいろな問題があることがわかりました。
その棚田を維持するためにのほ場整備ということが行われていました。
これで作業は楽になりましたが自然環境はかなりそこなわれました。どこで折り合いをつけるかが問題です。農家の上水道のためにダムが出来ていました。 このダムは多目的ダムと言っていますが本当にこのダムがいるのだろうかと疑問もわきました。

夜は満天の星空
朝は朝もやのなかに なんにも音がしないのです
しずかな朝でした
みんなが眠っているような

棚田を見ていると昔の人たちがお米作りに如何に苦労されたか、執念を燃やしたかがよくわかります。この坂折棚田は全国棚田100選に選ばれており棚田サミットも平成15年に開かれました。

この棚田や石垣積みの技術をなんとか残したいものです。

この企画をされたのは山里文化研究所 の美人所長  清藤さんです。

| | コメント (0)

2006/11/20

甲田 光雄先生から論文の紹介

大阪の 甲田 光雄先生 から3つの論文を紹介いただきました。
甲田 光雄先生は少食療法で数々の難病患者を治しておられる有名なお医者さんです。今年から 「全国健康むら21ネット」 という組織を立ち上げられて健康つくりを全国展開しようと意気軒昂です。

その3つの論文は以下のとおりです。
詳しくは添付書類をご覧ください。

1・アメリカ、ノースウェスタン大学(シカゴ)のHalcyon Skinner博士らはビタミンDを推奨量摂取すると膵臓ガンの発症がほぼ半分に減ることを明らかにされた。「bitamin.doc」をダウンロード

2・食肉加工品摂取で慢性閉塞性肺疾患の発症率高まる
Medical Tribune(メディカルトリビューン)、39(42):8、2006年10月19日
アメリカ、コロンビア大学医療センターのグラハム・バール(R.Graham Barr)博士の研究  「niku.doc」をダウンロード

3・野菜や果物のジュースでアルツハイマー病(AD)を予防できる
―青汁や果汁に含有されているポリフェノールが効く-
アメリカ・テネシー州のバンダービルト大学内科学のQi Dai(キューイ・ダイ)助教授らは日系アメリカ人1836名を対象にした大規模疫学調査で、週3回以上、野菜または果物のジュースを飲用しておればADの発症が76%低減するとの確証が得られた。この詳細はAmerican Journal of  Medicine(2006;119:751~759)に発表された。  「aojiru.doc」をダウンロード

| | コメント (3)

2006/11/19

白川 静氏のこと

白川 静氏  立命館大学名誉教授が10月30日に96歳でお亡くなりになったと知合いが知らせてきました。 白川さんと言われてもどんな人か知りませんでした。
何でも福井市のご出身で漢字研究の第一人者だそうです。
漢字の成り立ちを明らかにした「字統」、漢字を日本人がどう読んできたかの「字訓」、独自な漢和辞典「字通」。世評に高い字書三部作は、13年余りかけ、80代半ばに完成した。「命なりけり」の感慨という。そのほかにもたくさんの著書があります。全部で50冊くらいのものを21世紀の人へと残されています。
お亡くなりになったのを悼み講演録をいただきました。

そしてそれを読んで驚いたことがあります。それは中国芸文研究会でのご挨拶だったのですが
・日本の言語 文化はアジアとの関係から成り立っている。
 ヨーロッパのものとは違いがはっきりしている。

・今の日本は事実上占領下にあり、属国であります。日本が独立国だと思っているのは事実の誤認もはなはだしい。春秋の筆法で言えばこれを「附庸」と言う。日本はこのままいけば一つの州となるでしょう。そういう意味で日本はもっと中国と親しくすべきである。

白川氏についてこんなことも

・「逆風に向かって飛べ」。まだ白川さんが社会的な評価を受ける前、建て売りの小さな自宅に伺ったとき、さりげなくもらした

・88歳で文化功労者に選ばれ、94歳で文化勲章を受章した。表彰理由のひとつ「独力で完成した」について、「好きなことを、自らの方法でやってきただけ」「学問は、借り物ではできません。どなたでも独学になるはず」と語った。在野のような立場から、権威に対しても真摯(しんし)に挑んできただけに、「私のような者でも、年金がいただけるとは。ありがたい」とも。

白川 静氏の死を悼むと同時に漢字についてこれからもっともっと深く考えたいと思います。

| | コメント (0)

曽木公園もみじライトアップ

25日朝 中日新聞の一面にきれいな紅葉の写真が載っていました。てっきり香嵐渓の紅葉かと思ったら違ってました。土岐市の 曽木公園もみじライトアップ  でした。なんでも数年前から地元の人たちでライトアップをしていたのが評判となりその規模が段々と大きくなったのだとか

Dscfsakasa0060 Dscfsakasa0061 Dscfsakasamomiji0033
新聞では今月25日の土曜日までやると書いてありました。
明日の日曜日は雨のようなので行くなら今日しかないということで夜6時から車で走りました。もちろんかみさんと一緒です。
瀬戸品野の東海環状線インターまでは高速で行ってそこからは国道363号線を土岐へ向かいました。国道と言ってもひどい道です。カーブは多いし道は狭いそして車の交通は結構多いのです。曽木公園がどこにあるのかわからずカーナビでは曽木町をセットして行きました。
途中のガソリンスタンドで聞きましたら363号線をまっすぐ行けばわかりますよとのことでしばらく車を走らせると途端に人通りが多くなりました。
歩いている人が多いのです。あとでわかったのですがちょっと離れたところにある駐車場から曽木公園もみじライトアップ会場への行き帰りの人たちでした。

少し走ると曽木公園もみじライトアップ会場に到着しました。7時30分ころで帰る人もぼつぼつ出てくるころあいでうまい具合に近くの駐車場へ入ることが出来ました。
この駐車場は後で行った バーデンパーク という最近出来たばかりの温泉の駐車場でした。

曽木公園もみじライトアップは新聞で見たとおり いやそれよりもずっと素晴らしいものでした。人出も大変なものでやはり今朝の中日新聞が効いたみたいです。
会場ではたくさんの飲食のテントが出ていましたが殆どが町の人たちがやっているみたいでお値段はリーズナブルです。もみじライトアップ会場へ入るには100円の入場料が必要ですが50円はここの飲食で使えるので実質は50円が会場整備代ということになります。

なんで25日の土曜日に終りなんですかと聞きましたら日曜日はあと片付けをしないといけないからとのことでした。みんな町の人のボランティアで行われているようですね。

もみじが池に写ってまことにきれいです。 すごく池が深いように見えるのですが地元の人に聞いたら膝までくらいの浅い池なんだそうです。 この浅さがいいのだそうで それできれいに写るのだそうです。

もみじを堪能してから隣にあるバーデンパークへ行って温泉に入ってきました。ここは今年4月にオープンだそうです。
施設はとても立派でこの手のふるさと創生温泉としては出色ものです。施設は市のものですが運営は東京の民間会社が委託されてやっているとのことでこの会社は全国にたくさんこういう仕事をしているそうです。なかなか上手な運営をしているように見受けました。
近くに入っていた地元の若者はここの年間会員権を買っているそうで日曜日なんかは3度も入りにくると言っていました。
曽木温泉は古くからあったそうでその温泉の湯を使って施設を新しく作ったのだそうです。
本当にいい温泉です。
お勧めですよ

| | コメント (0)

2006/11/18

月と季節の暦

今年も 「月と季節の暦」 が送られてきました。
といっても勝手に来たわけではなく注文したからですが。

Top_cln


ここ3年くらい毎年このカレンダーを買っています。
昔の太陰太陽暦のカレンダーです。
これを買うようになったのはこれを作っている志賀 勝さんの話を聞いてからです。
それまでは月のことは聞いていてもあまり深く考えることはなかったのですが
月のことを聞けば聞くほど面白いものですね

そして昨年の6月には伊勢 二見が浦の賓日館で志賀 勝さんを招いて一泊の講演会がありました。家内と二人で参加しました。丁度その晩は満月でした。そして翌日の朝が夏至だったのです。これは何十年に一度のことだそうでこの日を意識してこの行事を計画されたのです。
 
志賀 勝さんの「月と季節の暦」は観る読む暦と書いてあります。まさにその通りで時々壁にかかったこのカレンダーを観て月のあれこれを見て読むのを楽しんでいます。
このカレンダーの2007年版がこのたび出来てきたというわけです。

このカレンダーのご縁で毎月 月暦の晦日に当たる日に 晦日そば を出している蕎麦屋が名古屋市南区にあります。 喜八」 という店なんですが今月は明日20日が晦日にあたります。 先日知人と久しぶりに行って来ました。
とってもおいしいお蕎麦やさんですがいかんせん場所が悪いのです

 「喜八」  061013_k04kihati

本格手打ち蕎麦・うどんが頂けるお店。
〒457-0071 名古屋市南区千かま通4-2-1
【TEL】052-811-1940


ちょっと宣伝になりましたが

| | コメント (0)

2006/11/14

その他のガン治療法

その他のガン治療法
ガン治療は手術、放射線、抗ガン剤 が3大治療法でこれが主力ですがほかの方法もありそうです。
ご研究ください。
私はメロウ倶楽部のメロウライフ館というところにこれについて自分の知りうるところを書いてみました。 他にもいろいろあると思います。 

続きを読む "その他のガン治療法"

| | コメント (4)

2006/11/13

耐震偽装は終わったのか

耐震偽装問題はもう終わったのでしょうか?

報道を聞いたり見たりする限り姉歯建築士一人が悪かったということで幕が下ろされそうです   

ただイーホームズの藤田社長一人まだ頑張っていますねhttp://www.janjan.jp/living/0611/0611100412/1.php

私には何が本当かわかりません  しかし藤田社長が嘘を言っているようにも思えないのですが どうなんでしょう  

民主党もこの問題に幕を引いたようですが何故でしょうか?

| | コメント (0)

2006/11/12

整膚 って

  1. 押してもダメなら引いてみな

Dscf0002_1

先般 整膚 という健康法の講演をNPO 日本ホリスティック医学協会の例会で聞いてきました。整膚とは聞きなれない言葉だと思いますがこれは創始者の 徐 堅氏の造語です。
徐 堅氏は中国から名古屋へスポーツ医学の指導に来られていたのですがその仕事をするなかで皮膚をひっぱると何事もよくなるということを発見しました。 初めは自分は何か間違いをしていると思いいろいろと調べたそうです。
今まで引っ張るという治療法なり健康法はなかったのですから自分は未熟なのに中国4000年の医学に逆らえるわけはない。
きっと自分が間違っていると思われたらしいのです。
しかしいろいろと調べたり体験していくうちにどうも自分のほうが正しいのではないかと思うようになりそれを「整膚」となずけて1992年に整膚と名付けそして1994年に名古屋整膚学院を設立しました。
それから弟子もたくさん増えて名古屋から日本全国に「整膚」の店も出来ました。
また中国やアメリカにも進出しいまや「整膚」が新しい医学として認められつつあると思います。

徐 堅氏の講演は約2時間でしたが半分以上は実技を伴うもので家で毎日毎晩一人で出来るものですからとても有意義だったと思います。

整膚とは

・気を整えること    心地よい程度に引っ張る

・耕すこと        身体を耕す

・神経・血・気  の流れをよくすること

皮膚がきれいになれば中身もきれいになります

ガンの予防はくぼんだところを引っ張るのを続ける

・徐 堅氏の夢                                                    整膚の総合病院を作ること

・健康器具買った人 健康にならない

   売った人がお金儲けるだけ  ただし買った人も精神的な満足が得られる

・世のなか便利になって病気が増える

・大事なこと

   ありがとう という感謝の気持

   欲をなくすこと

   奉仕の気持を持つこと

整膚のメカニズム
① 皮膚をつまみ臓腑にやさしい刺激を与える
② 経絡の気の流れを良くする
③ 新陳代謝を促す
④ 血行が良くなる
⑤ 体内の緊張が緩和される

続きを読む "整膚 って"

| | コメント (0)

「いわゆる靖国問題について」

「いわゆる靖国問題について」 講演会のご案内

このたび私の知合いの広能 達二さんが下記のような講演会を主催されます。 時節柄 大変興味深い内容かと思います。

みなさん ふるってご参加くださいますようお願い申し上げます。

広能 達二さんは昨年 特攻隊の物語 「回天の夏」の戯曲をされ今年には同じ

題で「回天の夏」を自主出版されています。

◆ 講師 愛知護国神社宮司 臼井貞行氏

◆ 日時 11月26日(日)、午後2時~4時頃

        1時30分開場します

◆ 会場 名古屋栄マナハウス7階(丸善、明治屋道路対北ビル)

◆ 会費 ¥3、000円(収益の一部を護国神社に寄付させていただきます)

◆ 連絡先  

      広能 達二  携帯 090-3441-8960

-

           FAX 052-363-0126

           〒454-0841 名古屋市中川区押元町1-24-202 

なおこの企画はラルーナ・プランニングさんも協力されています。

| | コメント (0)

2006/11/10

日本冬桜の会「認知症に強い脳を作ろう」

日本冬桜の会 12月 例会
  「認知症に強い脳を作ろう」「20061202_.pdf」をダウンロード

◆ 日 時: 2006年12月2日(土曜日) 午後6時~8時00分

◆ 会 場: 名古屋ボランティア・NPOセンター 
        12階
        (名古屋市中区栄1-23-13、℡ 052-222-5781)
         御園座南

◆ 講師   NPO法人 認知症予防サポートセンター副理事長
                         釘宮 由紀子さん

◆ 懇親会  みその亭   052-212-4477     8時から9時30分          
 
◆ 費用   講演会     1500円
       懇親会     4000円
          当日会場にて
    
◆ 申込み  11月30日締め切り
        電話     052-896-0800

        FAX 052-896-0622

        メール   fujino@fuyuzakura.com
   
         藤野 まで

| | コメント (0)

2006/11/05

ハチドリのしずく

なごや環境大学の仲間がやっています
お時間があったら覗いてみてください

「20061117.pdf」をダウンロード

◆ 育てよう! 愛・地球博の芽
    一緒に落としませんか  ハチドリのしずく

  ● 日 時   11月17日金曜日
            午後7時00分から (6時開場) 
           
    ● 会 場  名古屋市西文化小劇場
           名古屋市西区花の木二丁目18番23号
           TEL 052-523-0080

  ● 料金      1000円 (ハチドリブックレット付き)
            
    ● 問い合わせ先     052-853-3878

| | コメント (0)

2006/11/01

100キロ 歩きました

10月28日から29日にかけて行われた 「第11回三河湾チャリティ100キロ歩け 歩け大会」 に参加してきました。

Dscfkaikaisiki0135 Dscfsapota0251 Dscf0286
そして見事100キロ歩けました。 この大会は今年で11回目です。
結構有名な大会らしいです
私は今年もらった年賀状で発奮して参加したのです
ある女性経営者が昨年参加したと書いてあったのです
あの人がやるなら自分でも出来るかなと いう不遜な心からでした

100キロはやっぱり長いです

この大会は安城にある七福醸造の犬塚 敦統社長が社員の健康増進と意識改革を狙って開始されたものです。 ここの社員は一度は100キロを歩くのがノルマとなっているようです。  

またこの大会では歩くのと同じかそれ以上にサポート役が重要視されています。今年歩いた人は来年はサポート役に回るのがルールです。 こうして人は自分だけで生きているのではないということをわからせるのが狙いだと思います。

続きを読む "100キロ 歩きました"

| | コメント (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »