« 西尾市歴史公園  | トップページ | 「価値創造のためのプロジェクト・マネジメント研究会」 »

2006/10/19

徳山ダム 見学

今日半田市の会合に参加させていただき話題の 徳山ダム を見学してきました。
徳山ダムは貯水量日本一のダムで今後これ以上のダムは日本ではもう作ることはないと言われています。「tokuyamadamu.pdf」をダウンロード Dscfdamusita0068

徳山ダムは昭和46年に計画され当時の徳山村の居住所は全て水没するため全員が引越しをしています。
今は揖斐川町に合併されましたが村全体がなくなるのは珍しいことですね

平成12年3月から17年11月まで堤体工事実施
平成18年9月25日より試験湛水開始
平成20年  完成予定   というスケジュールです

今日は湖に水を貯めているところで見晴台から見ると村の道路が半分くらい水没していました。
小学校のコンクリート校舎はまだ水に浸かっていません。
やがて小学校も水の中に埋まります
図面で見ると水面はずーっと上のほうです

いったん上面まで水を貯めたあとまた水を抜くのだそうです。
そうして水漏れがないか
がけ崩れがおきてないか?
など数項目のチェックをしたあとまた水を貯めて完成ということになるそうです。

今日はここの工事を受注されたゼネコンの偉いさんに案内をしていただいたのでいろいろと詳しくお話を聞けました。
世間では水なんかいらない
おおいなる無駄だ
なぜあんなに予算オーバーになったのか
などと非難が多いのですが
実際に担当者から聞くと現場は本当に経費節約を一生懸命していることもわかりました。
またこれからの気候変動を考えるとこのダムがどうしても必要になるときが必ずやってくることもよくわかりました。  また工事のやり方や道路の建設についても環境への配慮がきめこまかくされていました。

これから発電設備やダムの水を木曽川に引く工事などまだまだやらねばならないことがたくさんあることもわかりました。

なお私たちは団体なので事前予約でバスで行けましたが個人で見学する場合は11月末までの土日祭日 午前10時までに現地へ行って先着順40名までの狭き門です。
問い合わせ  0585-22-4711  
 

おまけ

中部のダム貯水量は少ないのだ                                            人口一人当たりの貯水量 m3/人                                              関西   55                                                          関東   36                                                           中部   28

ということで中部は関西の半分程度しかありません

しかし徳山ダムが出来ると中部の貯水量は関西並みになるそうです。 徳山ダムが如何に大きいかという証明でもあります

|

« 西尾市歴史公園  | トップページ | 「価値創造のためのプロジェクト・マネジメント研究会」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西尾市歴史公園  | トップページ | 「価値創造のためのプロジェクト・マネジメント研究会」 »