« ジェームス・スキナー氏の 「成功の9つのステップ」 | トップページ | 「いのちをバトンタッチする会」 »

2006/09/11

船戸クリニック ヴィジョン・クエスト 体験談

船戸クリニック ヴィジョン・クエスト 体験談
Dscfhanasi0037 Dscfyama0001 Dscfdougu0084 「200610suetto.pdf」をダウンロード

「bijyonkuesuto.pdf」をダウンロード

10日の日曜日 船戸クリニックで金親先生のヴィジョン・クエスト 体験談を聞く会というのに参加してきました。若い女性が中心で30名ほど集まりました。
金親先生は船戸クリニックのオイルマッサージのお医者さんで洞戸でも自分の診療所を持って
営業されています。

話の途中で金親先生がどうして船戸クリニックへ来たかということを話されました。
金親先生のお人柄からなんとなく想像はしていましたが想像をはるかに超える体験をされて来られて今日船戸 崇史先生にめぐり合い今日があるということがよくわかりました。
あまりうまくここでは言えませんが

そして今年の6月にアメリカのコロラドで行われた日本人のためのラコタ族の伝統であるヴィジョン・クエスト という行事に参加してこられました。
その体験談をお話いただきました。
11日間も休んで行かせてもらえた船戸クリニックに大変感謝しているとも

◆ どうして参加することになったのか
 数年前に船戸クリニックの奥様の博子先生と金親先生の奥様ともう一人の先生が穂高にある
 穂高養生園でマリリン・ヤングバードというラコタ族のメディスンウーマンが主催するスウェ ットロッジというものに参加されたのだそうです。そしてこれが非常に良かったということ で昨年洞戸の近くの板取でスウェットロッジを金親先生が実施されました。
 そこで今度は本場へ行ってみようという話しが盛り上がった結果だということです。

◆ 今回のヴィジョン・クエスト の旅
 日本から行ったのは男性 2名 女性 4名の6人です。
 最初は20名くらいの参加予定でしたがいろいろと都合が出来て結果6名になったとか
 ヴィジョン・クエスト とは
  ラコタ族の男性は必ずやらなければいけない行事だそうです。
 一種の肝試しみたいなところがあるのでしょうか
 3日3晩 絶食でスウェットロッジをやります。水は飲めますが
 そして途中の夜 山の中へ入って一人一人が結界をはってその中で寝るのです。周りは動物 の糞でいっぱいだそうで結構臭いらしいです。でも糞もどけてはいけません
 あるがままにするのだそうです
 山の中で熊やコヨーテ、蛇やトカゲなども這い回りますが結界のなかへ入ってきても殺して はいけません。雨が降ってもそのままにしているのだそうです。
 寝袋に入って寝るのですが夜はすごく冷えるので厚着をしてマフラーを首に巻いて寝るとか
 月経中の女性は結界の中へは入れません。今回も2名がそうなったので中へ入れなかったそ うでとても残念がっていました。しかしその女性に対してはボランティアの人たちが下にも おかないもてなしをしてくれてすごいご馳走も食べれて結果良かったと言っていました。
 ヴィジョン・クエスト をやる意義とは
・人間を含む自然界のすべての存在と目に見えないスピリットたちとのつながりを感じる
   ようになる
  ・原始林の中でひとりだけのサバイ′〈ル体験をすることによって生きる力に対する自  信を得ます。
  ・地球上で与えられている人生について感謝の気持ちにあふれてきます。
  ・自分が智慧の源であることを理解します。
  ・宇宙と一体となり、スピリットガイドと出会うことで、直接、ヴィジョンを受け取るこ   とが可能となります。

◆ スウェットロッジ のお知らせ
 今年も板取で10月にスウェットロッジが行われます。
 もし参加したい人は申し込んでください。
 ●日時   第一回  10月13日から15日  
       第二回  10月20日から22日

 ●場所   キャンプランド新板取
        宿泊  板取川温泉 コテージ湯屋

 ●参加費  45000円
            

  

*マリリン・ヤングバード
アリカラ族の末裔で、ホワイト・シールド酋長の孫娘としてノースダコタ州に生まれました。ノースダコタ州立大学で心理学、民俗学を学び、後、スタンフォード研究所で、少数民族問題を担当する研究員として働き、スウェットロッジなどの先住民の儀式などを人々に紹介しました。当時、カーター元大統領のアドバイザーを務めました。
1980年代以降、アメリカ国内をはじめ、カナダ、スウェーデン、ロシア、日本、その他   各国でセミナーやワークショップを行い、先住民の自然観や知恵を伝える活動をしてい   ます。

 *<参考>スウェットロッジについて
   「INIPI:浄化の儀式」 Onikare(スウェットロッジ)

   「イニーピー」とは、創造主がネイティブアメリカンインディアンに与えた7つの神聖    な儀式のうちのひとつです。「スウェットロッジ」は宇宙、地球、地球上に育つすべ    ての生物、水、火、空気、そして鉱物のたずさえる力(パワー)を活用して行われる    儀式です。
    北米のネイティブピーピル(先住民)にとって、「スウェットロッジ」は母なる大地    の子宮に相当する場所だといえます。そして私たちは、「地球」を私たちの母だと考    えています。すべて生命が地球から与えられたものですので、私達はこの地球上に生    きる全てのものは皆つながっていると考えています。
「スウェットロッジ」の儀式は、私達の心と体と魂を浄化する手助けをしてくれます。この儀式を通じて、私達はすべてのもの・・・太陽、月、星、風、雨、火、植物(食物)、鉱物・・・その他創造物(おじいちゃん)が創りだしたあらゆるものと一体であることを実感することが出来るようになるでしょう。そして、私達人間は、実はたった5つの要素から成り立っていること、と同時に、そのうちのひとつでも欠けると生きてはいけなくなる、という真実にも気づかせてくれるでしょう。
    さらに、この儀式を通じて、私達が最も怖れを抱いているものと向かい合い、真を語り、真を歩み、真実にも気づかせてくれるでしょう。心を浄化することによって、私    達は知識と知恵と明瞭さと洞察力を得られ、結果的に自分自身の心が作りだしたネガ    ティブな感情から自由になり、自分を愛する術を学べるようになるでしょう。
Onikare-スウェットロッジは、心と体と魂を一体化するために、北米の先住民が用い    る神聖な儀式のひとつなのです。

|

« ジェームス・スキナー氏の 「成功の9つのステップ」 | トップページ | 「いのちをバトンタッチする会」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェームス・スキナー氏の 「成功の9つのステップ」 | トップページ | 「いのちをバトンタッチする会」 »