« 大東亜戦争(太平洋戦争)はなぜ起ったか | トップページ | 岐阜 健康関係講座のお知らせ »

2006/09/24

気高き日本人と闇の権力者たち

 「気高き日本人と闇の権力者たち」  中丸 薫 著 文芸社
   1680円

中丸 薫さんはこの本の中でこう言っています。
「今世界中で起きていることは私たち人類が明るい未来を体験する前に必要な「大掃除」
と言えるかもしれない。
だからしばらくは混迷の時代が続くがそれを我慢しくぐり抜けなけねばならない。
時代のキーワードは「力の道から命の道へ」 

目次
第一章  疑惑だらけの9・11テロ
第二章  アメリカ大統領選挙のひどい実態
第三章  緊迫を強める中東とアジア
第四章  アジアへ飛び火する緊張
第五章  日本国民もだまされている
第六章  国連やバチカンと闇の権力
第七章  米政権に危機!世界は変わる

この本では多くのページを9・11テロの疑惑にむけています。
このことは最近でもアメリカ国内だけでなく世界的にいろいろな議論が起きています。
日本でも千葉の普通のおばさん(けっして普通のおばさんではないと思いますが)
きくちゆみさんがメールマガジンや講演会 映画会 などでキャンペーンをはっています。
実際に世界貿易センタービルで救出活動をし自身も最後に瓦礫の中から救い出されて当時英雄となった人にもインタビューしているのですが
その人はそのとき飛行機がぶつかる前にビル内で爆発があったと証言したばかりに非常につらい立場にされているそうです。
この本の中でもいろいろな証言が出ています。
どちらの言うことが本当か知りませんが。

2004年アメリカ大統領選挙の疑惑
ブッシュ大統領を有利にするための数々の疑惑
民主党も今回の選挙は捨てて次の選挙で勝つ作戦だったとか
本当にアメリカでこのようなことが行われていたとはとても信じられないことですが

中国について
内政不安あり  そのための反日教育
中国バブルの崩壊近し

日本は吸い取られるばかり
 郵政民営化  350兆円はアメリカのものになる
 日銀は認可法人なので「株式」ではなく「出資証券」ですが上場しています

     前川レポートは日本潰しの青写真だった

 
中丸 薫さんは闇の権力者が世界を自分たちのものにしようと思っていろいろな事件が起きているのだとおっしゃいます。
しかしその闇の権力者にもいろいろあってその連中の戦いがまたあるのだとも

限りある命 限りある地球 なのにどうして我が物にしたいのでしょうか?
不思議です

|

« 大東亜戦争(太平洋戦争)はなぜ起ったか | トップページ | 岐阜 健康関係講座のお知らせ »

お勧めの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大東亜戦争(太平洋戦争)はなぜ起ったか | トップページ | 岐阜 健康関係講座のお知らせ »