« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/27

岐阜 健康関係講座のお知らせ

○ いきいき健康・福祉・美容フェア&メッセinぎふ

「1014.pdf」をダウンロード

◆  10月14日(土曜日)15日(日曜日) 

◆  場 所    岐阜メモリアルホール
            で愛ドーム・体育館・屋外
             

◆  内 容  
    ① で愛ドーム
        14日(土曜日) 15:00~ ラジオ公開録音 神野 美伽さん

        15日(日曜日) 15:00~ 健康トーク 「笑いは百薬の長」
                                 蟹江 篤子さん     
    ② 体育館   アロマセラピー・鍼灸・マッサージ・福祉相談
            メイクアップカウンセリング・ピエロショー

    ③ 屋外    骨密度測定・福祉車両展示・フリーマーケット
            アニマルセラピー・飲食コーナー・おもしろ自転車

◆  入場  無料
     両日先着300名に粗品進呈
 

○ メタボリックシンドロームを知ろう

「117.pdf」をダウンロード

◆  11月7日(日)13:30~16:00  
 

◆  内 容  
  基調講演: 「メタボリックシンドロームと運動」  
              佐藤 祐造教授 (愛知学院大学)
                  
     簡単実技: 「楽しく体を動かそう」    
              小木曽 昌子氏
                ((有) スタジオディーエイチ ダンシングハート主宰)
     
◆  場 所    ソフトピアジャパン ソピアホール
             大垣市加賀野4-1-7
             058-77-1122  
             
◆  参加料  無料   300名 先着順
 
◆  申込み方法   住所・氏名・電話番号を記入のうえ電話・FAX・はがき
           にてお申込みください
        申込み先
           岐阜県健康長寿財団  予防事業研究普及部
              〒500-8384 岐阜市藪田南5-14-12
                    シンクタンク庁舎内
               電話  058-273-1456
               FAX 058-268-6015

○ 老人障害予防公開講座

「124.pdf」をダウンロード

◆  12月4日(月曜日)13:30~16:00  

◆  内 容  
     ◎基調講演: 「幸せ脳の作り方~ 脳のアンチエイジング~」 
              久恒 辰博氏 
                  
     ◎老人障害予防活動報告 
              
     
     ◎長寿社会子どもの夢作文コンクール表彰
              

◆  場 所   県民文化ホール未来会館 長良川ホール 
              http://www.wec-gifu.org/guide/mirai/index.html
            岐阜市学園町3-42
            TEL 058-296-0888
              
◆  参加料  無料  500名 先着順
 
◆  申込み方法  住所・氏名・電話番号を記入のうえ電話・FAX・はがき
           にてお申込みください
         申込み先
           岐阜県健康長寿財団  予防事業研究普及部
              〒500-8384 岐阜市藪田南5-14-12
                    シンクタンク庁舎内
               電話  058-273-1456
               FAX 058-268-6015

| | コメント (0)

2006/09/24

気高き日本人と闇の権力者たち

 「気高き日本人と闇の権力者たち」  中丸 薫 著 文芸社
   1680円

中丸 薫さんはこの本の中でこう言っています。
「今世界中で起きていることは私たち人類が明るい未来を体験する前に必要な「大掃除」
と言えるかもしれない。
だからしばらくは混迷の時代が続くがそれを我慢しくぐり抜けなけねばならない。
時代のキーワードは「力の道から命の道へ」 

目次
第一章  疑惑だらけの9・11テロ
第二章  アメリカ大統領選挙のひどい実態
第三章  緊迫を強める中東とアジア
第四章  アジアへ飛び火する緊張
第五章  日本国民もだまされている
第六章  国連やバチカンと闇の権力
第七章  米政権に危機!世界は変わる

この本では多くのページを9・11テロの疑惑にむけています。
このことは最近でもアメリカ国内だけでなく世界的にいろいろな議論が起きています。
日本でも千葉の普通のおばさん(けっして普通のおばさんではないと思いますが)
きくちゆみさんがメールマガジンや講演会 映画会 などでキャンペーンをはっています。
実際に世界貿易センタービルで救出活動をし自身も最後に瓦礫の中から救い出されて当時英雄となった人にもインタビューしているのですが
その人はそのとき飛行機がぶつかる前にビル内で爆発があったと証言したばかりに非常につらい立場にされているそうです。
この本の中でもいろいろな証言が出ています。
どちらの言うことが本当か知りませんが。

2004年アメリカ大統領選挙の疑惑
ブッシュ大統領を有利にするための数々の疑惑
民主党も今回の選挙は捨てて次の選挙で勝つ作戦だったとか
本当にアメリカでこのようなことが行われていたとはとても信じられないことですが

中国について
内政不安あり  そのための反日教育
中国バブルの崩壊近し

日本は吸い取られるばかり
 郵政民営化  350兆円はアメリカのものになる
 日銀は認可法人なので「株式」ではなく「出資証券」ですが上場しています

     前川レポートは日本潰しの青写真だった

 
中丸 薫さんは闇の権力者が世界を自分たちのものにしようと思っていろいろな事件が起きているのだとおっしゃいます。
しかしその闇の権力者にもいろいろあってその連中の戦いがまたあるのだとも

限りある命 限りある地球 なのにどうして我が物にしたいのでしょうか?
不思議です

| | コメント (0)

大東亜戦争(太平洋戦争)はなぜ起ったか

「大東亜戦争(太平洋戦争)はなぜ起ったか 」 発行所 日本政策研究センター 
   中村 粲(アキラ) 著   400円

という小冊子を知り合いからいただきました。
えーさん これを読んで勉強しなさい  ということで
私は太平洋戦争のことはかすかに覚えている程度で今まで詳しく勉強したことはありません。
焼夷弾が近くの畑に落ちてきたり防空壕に逃げ込んだ記憶はかすかにあるのですが
最近靖国神社参拝とかA級戦犯がどうとか南京虐殺がどうとか盧溝橋事件とか
断片的にいろいろと言われるのですが
大東亜戦争について学校ではくわしく教えてもらわなかったと思います。

その後も深く考えないままに仕事に追われて気がついたら定年を迎えていました。

私にこの本をくれた人はこの本について

非常に筋道たててよく書いてある本です。
是非全国民が読んで欲しい本です。
ただこっこには ハリマン条約のこととリットン調査団のことが書いてないのが残念だとおっしゃいました。

是非お勧めの一冊です 
日本政策研究センター
 

もっと詳しく知りたいかたは
「大東亜戦争への道」  中村 粲(アキラ) 著
   ¥ 3,990 (税込)  展転社 発行

| | コメント (0)

2006/09/23

シンポジウム 性被害にあわないために

シンポジウム 性被害にあわないために

「sinpo_sei.doc」をダウンロード

◆ 日 時: 2006年11月19日(日) 午後2時~4時30分

◆ 会 場: マナハウス7階「マナルーム」
        (名古屋市中区錦3-22-20、℡ 052-971-3830)

◆ 報 告 者  杉浦 康博 氏(愛知県警察本部・警務部住民サービス課補佐)

           未 定  (愛知県警察本部・警務部住民サービス課)

           宮本 信代 氏(聖カピタニオ女子高等学校・養護教諭)

           萬羽  進 氏(産婦人科医師・萬羽クリニック院長)

    司会    安井 美絵 氏(婦人科医師・愛知県保険医協会母性問題部)

 
◆ 定 員 100名   参加費無料 
     気軽にお出かけください。参加ご希望の方は、資料準備の関  係上、下記までお申し込みいただければ幸いです。

      《主催》 愛知県保険医協会 母性問題部 (名古屋市昭和区妙見町19-2)
        ℡052-832-1345 Fax052-834-3512

| | コメント (0)

日本冬桜の会の10月行事

日本冬桜の会の10月行事のお知らせです

「oosu.pdf」をダウンロード

大須演芸場観劇と懇親

◆  10月19日(木曜日)11:30~

◆  集合場所   大須演芸場
          名古屋市中区大須2-19-39
          電話 052-221-1782

◆  会費    会員 3000円 一般3500円  
 
◆   申込み方法 
        * 氏名 住所 電話  FAX アドレス
          を下記へ連絡してください
             藤野 弘二 宛
             fujino@fuyuzakura.com
             FAX  052-896-0622

        * 会費を下記宛 振り込んでください
             郵便振替 00890-1-71461
                 藤野 弘二 宛

    

| | コメント (0)

2006/09/17

CAM県民健康セミナー 

CAM県民健康セミナー のお誘い
 
船戸クリニックの船戸 崇史先生からお知らせいただきました。
岐阜県健康長寿財団主催で下記のような行事が行われます。
なんと締め切りは9月20日となっていますがまだあまり周知されてないようで参加者があまり集まっていないようです。
読んでみると大変興味のある内容ですね
しかも我らが船戸クリニックの船戸 崇史先生が分科会Ⅱ で「補完代替医療の実践・心のケア」と題して講演されます。
どうかふるってご参加いただきますようお願い申し上げます。

◆ CAM県民健康セミナー 

      - が ん と 補 完 代 替 医 療 -

◆ 日時   9月24日(日)13:00~16:30  

◆  内 容  
     基調講演: 「親しみやすくあたたかい補完代替医療」 13:10~14:10
              鈴木 信孝教授 (金沢大学)
                  
     分科会Ⅰ: 「がんの補完代替医療を知ろう」     14:20~15:20
              住吉 義光  医師(国立 四国がんセンター)
     
     分科会Ⅱ: 「補完代替医療の実践・心のケア」    14:20~15:20
              船戸 崇史  医師船戸クリニック 院長)

           講演    「笑う門には福来たる」                                     
              三笑亭 夢之助 師匠  (落語家) 

                    
◆  場 所   長良川会館 長良川ホール 大会議室
              
            岐阜市学園町3-42
            TEL 058-296-0888
◆  参加料  無料
 
◆  申込み方法
      下記へメールしてください
       岐阜県健康長寿財団 企画担当
        kec@kenkou.gifu-net.jp

           記入する内容
        住所
        氏名
        電話番号
        アドレス

| | コメント (0)

2006/09/13

「いのちをバトンタッチする会」

最近 (株)エバの江場社長様からいただいたものがあります。
それは 「いのちをバトンタッチする会」 の案内です。
実は前に同じ江場社長様からこのいのちをバトンタッチする会 の代表者 鈴木中人さんの
講演をCDでいただき聞いて思わず泣きました。
歩きながらこのCDを聞いていました。
人が見たらなんで泣いてるの といぶかしく思ったことでしょう

鈴木中人さんのお嬢さんが小児がんで若くして亡くなられました。
家族全員が一生懸命看病されましたが甲斐なく亡くなってしまいました。
鈴木さんは勤めていた会社を早期退職して2005年に「いのちをバトンタッチする会」を
たちあげられたのです。
詳しくはホームページをご覧ください。

そしてこの「いのちをバトンタッチする会」の第2回大会のご案内がありましたのでお知らせいたします。

◆ 「広げよう!いのちの授業」第2回大会開催のご案内 「06.10chirashi.pdf」をダウンロード

◆  10月1日(日)12:30~16:15 (開場12:00~)

◆  講 師   島袋勉  「夢をあきらめない」     80分
        岩城正光 「子どもの笑顔のために」   80分

◆  場 所   ウィル愛知 ウィルホール

◆  チケット代  生徒・学生500円、 一般1000円  事前購入要
 
◆   購入方法= 添付申込み用紙をFAX・メール下さい
                       FAX0565-31-4399
            メール  inochi-b@hm7.aitai.ne.jp

 

| | コメント (2)

2006/09/11

船戸クリニック ヴィジョン・クエスト 体験談

船戸クリニック ヴィジョン・クエスト 体験談
Dscfhanasi0037 Dscfyama0001 Dscfdougu0084 「200610suetto.pdf」をダウンロード

「bijyonkuesuto.pdf」をダウンロード

10日の日曜日 船戸クリニックで金親先生のヴィジョン・クエスト 体験談を聞く会というのに参加してきました。若い女性が中心で30名ほど集まりました。
金親先生は船戸クリニックのオイルマッサージのお医者さんで洞戸でも自分の診療所を持って
営業されています。

話の途中で金親先生がどうして船戸クリニックへ来たかということを話されました。
金親先生のお人柄からなんとなく想像はしていましたが想像をはるかに超える体験をされて来られて今日船戸 崇史先生にめぐり合い今日があるということがよくわかりました。
あまりうまくここでは言えませんが

そして今年の6月にアメリカのコロラドで行われた日本人のためのラコタ族の伝統であるヴィジョン・クエスト という行事に参加してこられました。
その体験談をお話いただきました。
11日間も休んで行かせてもらえた船戸クリニックに大変感謝しているとも

◆ どうして参加することになったのか
 数年前に船戸クリニックの奥様の博子先生と金親先生の奥様ともう一人の先生が穂高にある
 穂高養生園でマリリン・ヤングバードというラコタ族のメディスンウーマンが主催するスウェ ットロッジというものに参加されたのだそうです。そしてこれが非常に良かったということ で昨年洞戸の近くの板取でスウェットロッジを金親先生が実施されました。
 そこで今度は本場へ行ってみようという話しが盛り上がった結果だということです。

◆ 今回のヴィジョン・クエスト の旅
 日本から行ったのは男性 2名 女性 4名の6人です。
 最初は20名くらいの参加予定でしたがいろいろと都合が出来て結果6名になったとか
 ヴィジョン・クエスト とは
  ラコタ族の男性は必ずやらなければいけない行事だそうです。
 一種の肝試しみたいなところがあるのでしょうか
 3日3晩 絶食でスウェットロッジをやります。水は飲めますが
 そして途中の夜 山の中へ入って一人一人が結界をはってその中で寝るのです。周りは動物 の糞でいっぱいだそうで結構臭いらしいです。でも糞もどけてはいけません
 あるがままにするのだそうです
 山の中で熊やコヨーテ、蛇やトカゲなども這い回りますが結界のなかへ入ってきても殺して はいけません。雨が降ってもそのままにしているのだそうです。
 寝袋に入って寝るのですが夜はすごく冷えるので厚着をしてマフラーを首に巻いて寝るとか
 月経中の女性は結界の中へは入れません。今回も2名がそうなったので中へ入れなかったそ うでとても残念がっていました。しかしその女性に対してはボランティアの人たちが下にも おかないもてなしをしてくれてすごいご馳走も食べれて結果良かったと言っていました。
 ヴィジョン・クエスト をやる意義とは
・人間を含む自然界のすべての存在と目に見えないスピリットたちとのつながりを感じる
   ようになる
  ・原始林の中でひとりだけのサバイ′〈ル体験をすることによって生きる力に対する自  信を得ます。
  ・地球上で与えられている人生について感謝の気持ちにあふれてきます。
  ・自分が智慧の源であることを理解します。
  ・宇宙と一体となり、スピリットガイドと出会うことで、直接、ヴィジョンを受け取るこ   とが可能となります。

◆ スウェットロッジ のお知らせ
 今年も板取で10月にスウェットロッジが行われます。
 もし参加したい人は申し込んでください。
 ●日時   第一回  10月13日から15日  
       第二回  10月20日から22日

 ●場所   キャンプランド新板取
        宿泊  板取川温泉 コテージ湯屋

 ●参加費  45000円
            

  

続きを読む "船戸クリニック ヴィジョン・クエスト 体験談"

| | コメント (0)

2006/09/05

ジェームス・スキナー氏の 「成功の9つのステップ」

あるところからジェームス・スキナー氏の 「成功の9つのステップ」
という小冊子が送られてきました。なんのきなしにパラパラっとめくって読み出したのですが
なかなかにいいことが書いてあります。

この ジェームス・スキナー氏 というのはアメリカ生まれで早稲田大学を卒業にアメリカ大使館やNEC、日本生産性本部などを歴任し現在は経営コンサルタントとして100社以上の大企業や政府機関を指導している方だそうです。
また仕事だけでなく趣味も多彩で仕事と遊びをうまく両立されている大成功者ですね。
この人が自分の成功体験を多くの人にも知ってもらおう
成功して豊かな人生を送ってもらいたいということで本を書いたり講演をしたりしているのです。
私がいただいた本はそれなんです
そしてこのジェームス・スキナー氏の講演や本を販売している(有)ジェームス事務所ではこの小冊子やCDを無料で配っているのです。

みなさんも一度取り寄せて読んだり聞いたりされては如何でしょうか?
私はもうこれからもっと人生を成功したいというには時間と意欲がありませんが

大事なのは意欲かもしれませんね

ただここのセミナー むちゃ高いです  それでもそれだけの価値があるのかどうか    インターネットではあれは詐欺だよという意見もありますので、あくまでも自己責任ということで   本とCDだけなら無料で送ってきます

続きを読む "ジェームス・スキナー氏の 「成功の9つのステップ」"

| | コメント (0)

2006/09/04

お勧めの行事  27 一人芝居ほか

◆ 一人芝居  四畳半襖の下張り

     演者   外波山 文明      「20060920tobayama.pdf」をダウンロード

  ● 日 時   9月20日水曜日
            午後7時00分から  
           
    ● 会 場  ギャラリー 美雅 
           名古屋市中区新栄1-4-28 古川ピル2F
              電話  052-263-0820 

  ● 木戸銭       3000円 (一ドリンク付き)
            
    ● 問い合わせ先     ギャラリー 美雅 電話  090-3307-1501
                            外波山         090-1101-4671

◆ 船戸クリニック フォーラム
       中森じゅあんさん  講演会
   
  ● 日 時   10月15日日曜日
            午後13時30分から  

  ● 講 演   中森じゅあんさん  
           

  ● 会 場   船戸クリニック   天音の里にて
          〒503-1382  
           岐阜県養老郡養老町船附中代1344
             
   
  ● 会費     2000円  
            

  ● 問い合わせ先  船戸クリニック    

              TEL (0584)35-3335
              FAX (0584)35-3330
  
             Emai:funacli@k2.dion.ne.jp

 ◆ 昇 幹夫Dr  講演会
         
  ● 日 時   10月18日水曜日
            午後13時10分から  
           
  ● 内 容   講師    昇 幹夫Dr 日本笑い学会 副会長
                「笑いは免疫力をアップして、ガンも治る」

  ● 会 場   岐阜市 文化センター
             岐阜市金町5丁目7番地2
                ● 入場料     無料
            

  ● 問い合わせ先  岐阜市南市民健康センター
           担当:里見さん
           TEL:058-271-8010

| | コメント (0)

2006/09/02

お勧めの行事 26  日本ホリスティック医学協会

◆ NPO 日本ホリスティック医学協会 9月例会「20060912npo.pdf」をダウンロード
    

  ● 日 時   9月28日木曜日
            午後6時30分から 8時30分
  ● 会 場  名古屋ボランティア・NPOセンター 
            12階第一研修室
             〒460-0008
              名古屋市中区栄1-23-13 伏見ライフプラザ12階
              電話  052-222-5781

  ● 内 容    講演   長谷川 信博 氏 
                NPO 日本ホリスティック医学協会 中部支部長
              「これでいいのか がん治療ガイドライン」

  ● 参加費        1500円 (一般)
            

    ● 問い合わせ先      電話  0586-46-1273
                        FAX 0586-46-0367
                           アドレス  kenko@world.interq.or.jp

◆ NPO 日本ホリスティック医学協会 特別講演 シンポジウム

  ● 日 時   12月3日日曜日
            午後1時10分から 4時10分
  ● 会 場  ウイルあいち (愛知県女性総合センター) 
            ウイルホール
             愛知県名古屋市東区上竪杉町1番地
               TEL 052-962-2511 FAX 052-962-2567

  ● 内 容    講演  作家 精神科医  なだいなだ 氏 
                
              「こころの処方箋」
          シンポジウム  社会と医療 
                 私に自由が少ないわけ

  ● 参加費        前売り 3000円 
            

  ● 振込先   郵便振替先  00800-2-31893 日本ホリスティック医学協会
                          中部支部
   
    ● 問い合わせ先      電話  0586-46-1273
                        FAX 0586-46-0367
                           アドレス  kenko@world.interq.or.jp

    

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »