« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006/08/31

ソマチッドとは

先日名古屋の NPO こんぺいとう倶楽部 の教養講座で水についての講座がありまして参加しました。

そのときに講師の女性がソマチッドって知ってますか
と言われました。みんなソマチッドなんて知らんんわ ということでその場は過ぎましたが
私は気になってソマチッドについて調べてみました。

「ガン呪縛を解く」の稲田 芳弘様はソマチッドのことでこう書いています

カナダの医学博士 ガストン・ネサンは、
すでに千人以上の末期ガン患者と、数十人のエイズ患者を治癒しています。
その完治率はなんと75%、とにかくこれは驚異的です。
しかも治療でやっていることといえば、クスノキの樹液(天然物質)から作った製剤をリンパ注射するだけのこと。お金をかけず、苦しみ(副作用)を与えず、
実に多くの難病患者を「完治」に導いているのです。しかしこの事実は、相変わらず医学機関によって妨害され、封印され続け、特に日本ではその情報(ニュース)すら全くと言っていいほど伝わっていません。

また最近 日本ソマチット学会 というものが出来ていますがこれもある意味おかしな
あやしいと見られているかもしれません

ソマチッドと千島学説が関係しているとは知りませんでした。
これからこういうものがもっともっと脚光を浴びるといいかもしれません。

| | コメント (0)

2006/08/30

藤原 直哉のワールドレポート 

藤原 直哉のワールドレポート 

・21世紀は大きな変革の時代
   自分が変わらないといけない
   目を内面にむけよ

・金融機能強化法 初適用か
   和歌山の紀陽銀行へ
   熊本ファミリー銀行も続くか
   地方零細銀行が 次々と
     金融緩和の解除
     ゼロ金利解除
   株 不動産 債権   上がっては下がり 上がっては下がる

     外人も売ってくるか

・地方自治体の破綻
   政府 破綻時に銀行貸出や地方債に債務免除をする予定

・靖国問題
   外国はどう見ているか
   日本が第二次大戦の決着に異議を唱えるのではないか?
   日米蜜月時代の終焉ではないのか?

   難しい決着の時代をむかえている

・イラン 中国 北朝鮮
   ミサイル攻撃が近い
   アメリカ情報当局  北朝鮮のミサイル実験は成功だったと発表している

・イスラエル ヒズボラ戦争はイスラエルの全面敗戦

  イスラムの流れを止めることは出来ないだろう 

| | コメント (2)

2006/08/28

木から仏が生まれるとき   松本 明慶 師

今朝 サウナに入りながら友人から送ってきた松本 明慶師の記事のコピーを読んでいました。今まで松本 明慶師という仏像作りの人のこと何も知りませんでした。
読んでいるうちにこれはすごい人だと思いました。
なにせ学校で習ったあの鎌倉時代の運慶の流れをくむ仏師なんですから

「matumotomeikei.pdf」をダウンロード

その中で感心した話は下記の師匠からの口伝の話です。

現代の仏像師 松本 明慶師は昔師匠から聞いた口伝で二つのことが今も忘れられないとおっしゃってます。

野崎宗慶 師匠からの口伝

  ・何事も学ぶときは「少し天狗になりなさい」
    自信がないと仏像を彫るときに怪我をしたり作業がスムーズに進まない。
    天狗になると作品に高慢ちきなところが出て駄目だ。
    「俺はうまくいくんや」というくらいのちょっと天狗くらいがよろしい

  ・一休禅師 の話
    昔一休禅師は京都の木津川のほとりに住んでいました。
    大阪へ出るときは十石船に乗って川を下りました。そのときに頭のいい船頭さんは
    一休さんに難問を投げかけました。
    「一休さん  あなたほど偉いお坊さんなら私に仏を見せてくれるやろう」
    一休さんは何食わぬ顔で「はい お見せします」
    そのかわりに条件がある「あなたが竿さして船をこいでいる間中『仏こい』と
    大阪まで叫び続けなさい。 と
    船頭さんは「仏こい」と叫び続けました。そして大阪淀屋橋に着いたとき一休さんが
    船頭さんに「どうや 見えたか」と尋ねると船頭は「見た」と答えたそうです。

この話を聞いたときはなんとも思わなかったがあれから30年経ったいま自分は一生   懸命仏さんを呼んだら呼んだだけ立派な仏像が出来るのだということがわかってきました。

ホームページを見ていたらこんなのもありました。

京都 「松本明慶仏像彫刻美術館」の開館のおしらせ

2006年7月以降 

場所:京都市上京区下長者町通室町西入 西鷹司町16 プレパレス内
(地下鉄丸太町駅より、烏丸通を北へ信号3番目龍王神社を左へ、一筋超えて北側。徒歩10分)
追記情報:烏丸通の進行方向左側は、京都(御苑)御所です。

開館日:毎月第一週・第3週の土曜・日曜
開館時刻:午前10時より、午後4時30分まで
入場無料
入場ご希望の方は、友の会事務局 TEL(075)332-7974 

松本明慶友の会事務局

師匠とは 野崎宗慶師 のことで
「慶派」の流れをくむ最後の仏師だった。

82歳の宗慶は、勝明が持ちこんだ仏像を一目見て弟子入りを認めた。宗慶にとっては2人目の弟子だった。師匠と弟子は一対一で向き合いノミを振るった。800年にわたる伝統の秘技を手渡す、深く静かな日々だった。しかし、師弟の濃密な時間はまる1年でふつりと途切れた。師匠・宗慶が他界する。勝明は、まだ20歳になったばかりだった

そして昼間テレビをなんとなしに見ていたら
なんと
松本明慶先生の特集番組の放映日時  8月28日(月) NHKBSハイビジョン
                  午後9時~10時50分

                  9月8日(金) NHK総合 人間ドキュメント
                  午後10時~10時50分

何でもいま四国八十八箇所のお寺すべてに奉納する仏像を作っておられるそうですね
木をながめて余分なところを削っていくと中から仏像が出てくるのです
ともおっしゃってます
素晴らしいお言葉です

慈-いつくしみ- / 大佛師 松本明慶作品集  が出ています

   小学館より

| | コメント (1)

2006/08/25

残暑お見舞い

「nbcphoto.pps」をダウンロード

知人から残暑お見舞い ということで写真を送ってきました。 知人ももらったものだそうで原作者から転送の許可をいただきましたのでここに公開します。  なかなかの写真ですが見るのがつらい写真もあります。

| | コメント (0)

2006/08/23

お勧めの行事  25 中村 滋さん 、グロッセ世津子さん 

間際ですがよければお申込みください  
◆ 大自然ーー素晴らしい生命の詩ーー
    「20060902.pdf」をダウンロード

  ● 日 時   9月2日土曜日
            午後2時から 1時30分開場
           

  ● 会 場   ウイルあいち (愛知県女性総合センター)
            1階セミナールーム 
            名古屋市東区上竪杉町1番地
              電話 052-962-2511 

  ● 内 容    講演   中村 滋 さんのお話

  ● 参加費       前売り   2000円   当日    2500円
            

   
    ● 問い合わせ先       (有)アイキュー・メデイア
                          電話 0594-33-4567   FAX 0594-33-4572
                           アドレス  koen@i-cue-m.net

    FAXでお申込みの方は当日会場でお支払いください

◆ 園芸療法家 グロッセ世津子さんのお話の会

「20060902.pdf」をダウンロード

  ● 日 時   9月2日土曜日
           お話会 午後2時から 5時 
           懇親会 午後5時から
           

  ● 会 場   ギャラリー this is it
            
名古屋市中区新栄町2-47-3
              電話 052-262-0139 

  ● 内 容    講演  グロッセ世津子 さんのお話

  ● 参加費     お話会 (お茶つき) 前売り   2000円   当日    2500円
          懇親会 軽食飲み物つき  1500円  

   
    ● 問い合わせ先       エコ・ブランチ   鶴田 紀子
                          電話 052-509-1680  FAX 052-509-1683
                           アドレス  info@eco-branch.com

    ● 振込先    郵便振替口座  00810-3-130623 EcoーBranch

| | コメント (0)

2006/08/16

「夢をあきらめない」  島袋 勉さん

勇気をくれる人 の話です
 その人は島袋 勉さんといいこんな本を出版されています。
「義足のランナー」  文芸社  1365円

【島袋 勉先生のプロフィール】
 1963年4月沖縄県那覇市生まれ。1983年4月20歳で会社創業。新システム開発により成長。2001年4月アメリカのIT事業視察の帰り千葉県にて事故に遭う。両下腿切断。頭部挫創による高次脳機能障害(記憶障害)を負う。2004年11月に両足義足で3キロトリムマラソン初挑戦。同年12月(42.195キロ)ホノルルマラソンに挑戦。株式会社ラシーマ代表取締役。NPO法人チャレンジド理事長。

これを教えてくれた人は北九州市で一人新聞「一心」を発行している石丸 龍さん です。
石丸さんはこの新聞を毎月発行して送ってくださいます。また全国各地で養心の会という勉強会をされています。
私はもう10年以上まえに名古屋のある会合でお目にかかっただけですのに毎月送っていただいて申し訳なく思っています。いつかお返しをしたいと思っている方です。

島袋さんはプロフィールにありますように交通事故で両足切断でなおかつ記憶障害(高次機能障害)というハンデを背負われました。
記憶障害について 「医師からは治す方法はない。あるとすればメモをとることしかない。」
と言われたそうです。幸い思考能力は残っていました。
そこで彼はメモを取ることに徹して、一方脳の働き 栄養の話などの本を片っ端から読みました。しかしすぐに読んだことすら忘れます。忘れる以上に読むことに努め、その中で正常な大人でも脳は一生涯に3%しか使っていないということを知り、残りの97%を使うことを考えました。彼は義足で歩く練習も赤ん坊の歩きを覚えるのを見て学んだと言います。
残りの97%の脳を活性化するには五感を使い脳を刺激させることだと思い、這い這いの練習から嗅ぐ、舐める、触る、見る、聴くまさにもう一度赤ん坊になったのです。
そしてなんと島袋さんはハワイマラソンを完走したばかりではなく、今度はエベレスト登山を目指しておられるそうです。

人間なんでもやれば出来るものですね

石丸龍さんは
「書物を読み、行動を起こし知識から知恵に転換することが出来るのは人間のみである。
 どんなことがあってもその人間を放棄することだけはしたくない。」と言っています。

| | コメント (0)

2006/08/14

お勧めの行事  24 下垣 真希コンサート

ちょっと先になりますが 下垣 真希さん のコンサートのお知らせです

「1021omote.pdf」をダウンロード

「ura.pdf」をダウンロード

下垣さんの平和を訴えるお話はご自身の親戚のおじさんが長崎で原爆に遭遇されたこともありとてもリアルで真摯なもので思わず涙がこぼれます。
今回は思い出の歌シリーズ 9回目です   世界的な二胡のジャーさんとの競演です

◆ 日 時  10月21日 土曜日                                                   
                昼の部   14時30分     開演

                夜の部   18時30分     開演                                                                           

◆ 場 所  中電電気文化会館   ザ コンサートホール

◆ 料 金  4500円  当日 5000円

◆ 出 演  下垣 真希      

        ジャー・バンファン (二胡)
        北川 美晃 (ピアノ)

| | コメント (0)

2006/08/12

「ヒロシマ・ナガサキ 私たちは忘れない」

私が参加していますパソコンの幸齢者クラブ メロウ倶楽部 では「メロウ伝承館」での  「ヒロシマ・ナガサキ 私たちは忘れない」 というコーナーをこのたび公開いたしました。

どうかご覧いただきまして またお知り合いの方々へもPRいただければ幸いです。
もうすぐ終戦記念日です。
再びあのような戦争をすることがないようしっかり見守りましょう。

これは元長崎放送の記者 伊藤明彦さん が半生をかけて自費で収録された被爆者の貴重な音声記録で、「声の世界遺産」という評価もあるそうです。伊藤さんはこの8月「日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞」 を受賞されました。

 

| | コメント (2)

2006/08/11

日本ライン夏祭り

今日も残暑というのでしょうか 暑かったですねー
いいお天気だったのでまた家内を急に誘って犬山の花火に行って来ました。          日本ライン夏祭り と言うのだそうです。
毎年8月10日に行われます。大概のところが土日にやるのにここは毎年10日に決まっています。

Dscfekimae0017Dscfhanabi0030 Dscfukai0053
5時30分に家の近くの名鉄電車に乗って犬山遊園駅へ行きました。6時40分ごろ着きました。駅周辺も木曽川の堤防周辺ももうすでにえらい人出です。
途中でトイレに行きたくなりました。 こういうところはトイレを確認するのが肝心ですね
二箇所ほど仮設トイレがありました。どちらも長蛇の列でいつのことやらわかりません。
大概こういう場合は男性トイレはすいているのですがここはなんと男女共用でしたので長蛇の列は同じです。しばらく並んでいたのですがまだかなりかかりそうでした。
家内にコンビニを探そうや  と言って列を離れて歩きました。しかし歩けど歩けどコンビニは見当たりません。とうとうまた犬山遊園前の駅に来てしまいました。こうなったら駅のトイレがあるではないか  と考えて駅に行って駅員さんにトイレはと尋ねました。
そうしたらトイレはこちら側にはありません。(岐阜行き)トイレは向こうのホームにしかありません。と言うではないですか。
向こうのホームへは簡単には行けないのです。ぐるっと大回りしなければなりません。
文章ではうまく書けませんがそこから5分ほど大回りしないとならないのです。
この段階で家内からは大ブーイングです。「勝手に一人で行ってきたら 」
 そこで向こうのホームへ行こうと思って歩きだしたら先方に犬山鵜飼の乗り場の店が目につきました。これだと思ってそこへ行きました。そこには男女別々のトイレがありました。男性のトイレはすぐ入れました。 そしてなによりうれしいのは缶ビールが1本300円で売っていたことです。また地酒の冷酒もよく冷えていて500円でした。福井から取り寄せたという鯖寿司もありました。花火会場では缶ビールは500円均一なのです。100メートルも離れていないところで300円とはうれしいですねー。そしてそこから花火がよく見える場所へ川岸をたどって行くことが出来て今夜の花火見物は最高でした。いつもこの花火は友人の鵜沼側のマンションから見ているのですが今回は犬山城側から始めて見ました。これも良かったです。

写真をいろいろと撮ったのですがなかなかうまく撮れません。
帰ってからホームページを見ていたらすばらしい人がいました。

http://hero.maxs.jp/qpon6/
こちらのホームページを是非ご覧ください。
昨年の花火ですがきれいに撮れています。
カメラが違うのか腕が違うのか
もう自分で撮るのはやめようと思いました。

| | コメント (1)

2006/08/10

寂光院 ひろ さちやさんの講演

昨日 毎年犬山の 寂光院 で8月に行われているという ひろ さちやさん の講演会に行って来ました。会場には500名くらいの聴衆が時間前の午後1時には集まっていました。
小さなクーラーではとても足りず熱気ムンムンの中での講演でした。

Dscfkaijyou0003_1 Dscfhiro0005

 ●ひろ・さちやさん のプロフィール

1936年生まれ。60年東京大学文学部インド哲学科卒、65年同大学大学院博士課程修了。気象大学校講師、助教授を経て同大学教授となり、20年間教壇に立つ。
仏教を中心に宗教を分かりやすく説く。また「まんだらの会」会長、大正大学客員教授など務める。
著書は仏教初歩(すずき出版)「まんだら人生 上・下」(新潮文庫)「ひろさちやの般若心経88講」(新潮社)仏教の歴史(全10巻=春秋社)愛の研究(新潮社)ポケット般若心経(講談社)など多数。

寂光院の 松平 實胤住職 は毎月第二日曜日 午前11時から 「やすらぎ説法」 というのを開いておられます。その行事の一環として毎年8月にはひろ さちやさんの講演があるのだそうです。ちなみに昨日は水曜日ですからひろ さちやさんの場合は日曜日ではないのでしょうね。

ひろ さちやさんのお話(つまみ聞き)です

まず初めにみんなで3回 拝みましょう

「なむ そのまんま そのまんま  なむ そのまんま そのまんま
    なむ そのまんま そのまんま 」

 
 

まわりの人 家族には  正しいことを言ってはいけない
だからと言ってうそを言えというわけではない
そういう時は何も言わなければいいのだ

人と話をするときは三つのことだけ言えばいい

 ・あ そう
 ・良かったね
 ・困ったね

  この三つだけでいい

うなぎを カナダから輸送する
 途中で半部以上死んでしまう  窒息やら旅の疲れで
 水槽の中にらいぎょうを入れた
 二割はらいぎょうに食べられたがあとは元気だ
 つまり何か緊張状態というものがあったほうがいいのだ
 人間も動物も同じだ

反省は他人の批判ばかり
 反省しているかに見えるが実際は自分の弁解であり
 他人の批判だ

苦とは
  思うままにならないことを思うままにしようと思うこと
  そう思わなければ苦はない

BA型で考えよ
  ビフォアー  アフター
  の順番で

三つのことをせよ

  ・正しいことを言わない(近い人には)
  ・反省をしない
  ・希望を持たない

 
ベンジャミン・フランクリン の名言
   今日することを明日に延ばすな

トルコのことわざ
   明日できることを今日するな
   他人が出来ることを自分がするな   
     
    私はトルコのことわざのほうが好きだ

道元禅師
   いま ここで わたしが
   これが 禅の心 だ

仏様は 人を評価しない 阿弥陀とは比較しないということだ

なむ そのまんま そのまんま

| | コメント (1)

2006/08/06

お勧めの行事23 『2006 EBAシンポジウム』

 『2006 EBAシンポジウム』   「2006ebasinpo.pdf」をダウンロード

1・日  時  9月16日 (土曜日) 10:00~18:30 懇親会 19:00~20:30
         
2 ・会 場  ゴジカラ村 (愛知たいようの杜) 

4 ・会 費  シンポジウム 5000円  懇親会 5000円

3 ・ 内  容  
             講演 ● 10:00~
              上田 紀行さん (文化人類学者 東工大 助教授) 
            ● 11:00~
              さとう うさぶろうさん (うさとデザイナー)
          ● 13:30~
              高橋 卓志さん  (宗教法人 神宮寺 住職)
          ● 14:30~
              鎌田 實 さん  (諏訪中央病院 名誉院長)

      パネルデスカッション
          ● 15:45~
              鎌田 實 さん     高橋 卓志さん
              さとう うさぶろうさん 上田 紀行さん

      野外ライブ
          ● 17:30~
              壱太郎 (和太鼓)
              長尾 ゆうたろう (フラメンコギタリスト)

4 ・問い合わせ先    
      (株)エバ シンポジウム係

        電話 052-891-1200  FAX 052-891-1201
        eba-info@ebanet.co.jp

        振込先  郵便振替  00870-9-107440  株式会社エバ・シンポジウム係

  

 

| | コメント (0)

お勧めの行事 22 日本冬桜の会 9月 健康講演会

◆ 日本冬桜の会  9月行事のご案内   「20060908_tirasi.doc」をダウンロード
      健康講演会

  ● 日 時   9月8日金曜日
            午後6時から 9時30分

           

  ● 会 場   東天紅 名古屋店  25階
            名古屋市中村区那古野1-47-1
             名古屋国際センタービル25・26F  電話 052-562-1015 

  ● 内 容    講演       18:00――― 20:00   
             演題「がんの盲点を探る 白血病はがんではない」
             講師   大沼 四廊先生 自然医学総合研究所所長
            懇親会      20:00―--― 21:30 

  ● 参加費       講演会   会員    1000円   一般    1500円
              懇親会     会員・一般              共 4000円   

  ● 講師紹介  大沼 四廊氏1950年5月17日、北海道桧山郡江差町で生まれる。
                  1983年に自然良能会、故五味雅吉会長に骨盤調整を師事。
         1986年、同名古屋支部長として名古屋市天白に、自然良能会名古屋支部を開設する。以来、癌、奇形、難病、てんかんなどの自然治癒の研究を格的に始める。
                  1998年、血液動態学を確立し、自然医学総合研究所を開設する。
                  現在、独自に開発した「NRT自然免疫活性療法」の普及と啓蒙に尽さ れています。
    ● 問い合わせ先       日本冬桜の会  fujino@fuyuzakura.com
                          電話 052-896-0800   FAX 052-896-0622
                          携帯電話 090-7690-5788
                          藤野 弘二 まで
    ● お申込み   9月5日(火)までに メールまたはFAXにて
           定員(60名)になり次第締め切る場合があります。

| | コメント (0)

伊吹山山頂で日の出

8月1日夜7時のテレビを見ていました。
明日の名古屋は晴れ 
というのを見て急に 伊吹山 の山頂で日の出が見たくなりました。
これから食事もしようかというところでしたが家内に「今から出かけよう」と言いました。
それから大慌てで準備をして、準備と言ってもたいしたことはないのですが
伊吹山ドライブウェイ  事務所へ電話をして何時までやっているかと尋ねました。
「9時までに来てください。」とのこと
家を出たのは8時30分、あと30分しかありません
名神を飛ばして伊吹山ドライブウエーのゲートにたどり着いたのは8時58分 滑り込みセーフでした。すこし上ると途端にガスで前方が見えなくなりました。
だんだんひどくなり5メートル前が見えないくらいです。前方に道路がなくなったと思ったらそこが駐車場でした。 よく見ると駐車場には家族ずれらしい車が2台止まっていました。
後でよくみるともう2台いました。私たちを入れて5台です。駐車場も霧が濃くて殆ど何も
見えません。したのドライブウエーの管理人は山頂に山小屋があり2000円で泊まれます。食事もありますから大丈夫ですよ、こう言われて安心して登ってきたのですが真っ暗でどうやって山頂へ行くのかもわかりません。これでは山小屋へ行くのは無理です。車の中で仮眠をとるのがいいと思います。駐車場には立派なトイレがありますがトイレットペーパーがありませんので、注意したいです。
霧が深いためにトイレットペーパーが湿ってしまい使えなくなるそうです。

山頂の駐車場で仮眠をとって4時に起きて山頂まで20分のぼりました。
山頂にはもう大勢来ていました。大半は真夜中 下から足で登ってきた人たちでした。3合目の駐Dscfyorutyuusya0005 Dscfasatyuusya0179 車場から2時間だそうです。Dscf0083 Dscf0158 話が長くDscf0168_1 Dscf0107_1 Dscf0153_1 なりましたが、結果は大成功午前5時2分の日の出は雲海の向こうから バッチシです。後で山小屋のおじさんに聞いたら7月から日の出が見えたのは今朝が初めてだとのこと雲海もここでは年に2度ほどしかないとか

山頂にあるヤマトタケルノミコト の銅像Dscf0138
昔ヤマトタケルノミコトが伊吹山に来て悪者を退治にきました。ところが熱田に草薙の剣を忘れて来たために逆にやっつけられてしまいます。それがもとで伊勢へ行く途中で亡くなってしまうのですね
その伝説による銅像です。

とっさに思いついて行ったのがこんなに大成功だったとは
帰りはお花畑のようなところを1時間かけて駐車場に降りてきました。
山の上のお花畑で鶯がきれいな声で鳴いています。
家内と「あの世はきっとこうだろうね 予行演習だなあ 」と話し合ったことです

家へは午前8時に帰ってきました。
今度は孫も連れて行って歩いて登ろうと思います。

続きを読む "伊吹山山頂で日の出"

| | コメント (0)

2006/08/01

割り箸を考える

わりばしが今、大きな環境問題になっています。

日本人が1年間に使う割り箸は、およそ250億膳
(国民一人当たり、年間でおよそ210本もの割り箸を使っている計算)
この割り箸の97%を生産しているのが、中国
昔の日本では、割り箸は、間伐材といって、木を大きくするために間引きした木を利用して作っていましたが、今はもう、ほとんど生産されていません。
一方、主要な生産地となった中国では、シラカバの木を中心に、切り倒してわりばしにしているため、森林が急激に減り、深刻な砂漠化が起きています。
事態を重く見た中国政府は、今年の3月から、割り箸を5割値上げするまた割り箸の輸出制限を実施。
 

このシラカバの木を植えたのは日本人だとの声もありますが、そして割り箸を作れないとシラカバの使い道がなく中国人も困るのだとも聞きましたがどうなんでしょうか

●中国から輸入の内訳
1、シラカバ(40%)
2、白楊(中国語)=アスペン(ロシア語)=泥柳(日本語)(20~30%)
3、竹(30%)
4、えぞ(5-7%)
(最近は、竹のシェアが少し伸びている)   

● 日本国内での動き

・国産の間伐材を使っての割り箸つくり                                   価格差が小さくなってきたから  中国から入ってこなくなったから

・マイ箸運動 の活発化  箸を持ち歩こう
  
・コンビニで割り箸を有料化
 イオン系の ミニストップでは1つ 5円で販売
  セブンイレブンで「吉野杉あすか箸」という吉野杉の端材をつかったわりばしを
  全国発売します。
   
・紙で割り箸を作る  佐賀県の「ニシキ」
   昨年愛・地球博では30万個を使用しました

・割り箸のリサイクル運動
   紙や炭に戻しています
   
   王子製紙米子工場
    
    http://www.hal.ne.jp/shokoren/company/technology/ecology/005.html

●割り箸は森林を破壊しているのか
両方の意見がありますがどちらも正しいのだそうです

=わりばしが森を破壊しているという人の論点=

中国などの天然林が伐採され、わりばしになっている。だから森林破壊だ。

=破壊していないという人の論点=

わりばしは林業から出る端材でつくられている。だから、林業にお金を環流し、間伐などを進めるから森林の保全につながる。

●健康面では

わりばしにはうっかりすると防カビ剤、漂白剤が使われてるらしい
特に竹には多く使われているとか  しかも割り箸にはまだ薬品の規制がないらしい   安全な材料を日本から中国へ運んで作っている良心的な会社もあります

●価格はどうか
中国産   1円から    3円 値上げで国産と同等になる見込み
国産    最低でも    5円
      ブランドもの  20円

周りの人たちはかなり「まい箸」を持っています 私もそろそろ「まい箸」を持って歩きましょうか

続きを読む "割り箸を考える"

| | コメント (2)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »