« ゴミを拾いながら歩いて全国縦断 小山田 浩子さんのこと | トップページ | モーツアルト音楽で健康になろう »

2006/07/26

NPO法人 いずみの会

NPO法人 いずみの会 の会報が参りました。

名古屋市に本拠を置くがん体験者の患者会「いずみの会」。末期がんと宣告されたにもかかわらず、長期生存をしている会員が多いことで、医療関係者からも注目されています。自らも胃がんを克服し、「『がんは治せる』の旗振り役」を自称する 中山武代表 を中心に活動をされています。この会は1990年に設立されています。

今回の会報によると

昨年の会員の死亡者の内容  会員数   796人   死亡者   64人    8%

一方全国では  がん患者数 128万人  死亡者  30万人  23・8%

なんといずみの会は全国平均の3分の一ということになりますこれは昨年だけのことではなくもうずっとこういう数字は続いています。しかもいずみの会の会員は5割以上が末期がんの患者さんでお医者さんから見離された人たちです。

いずみの会で勧めている療養法                                                                                                                            玄米菜食   枇杷葉温灸   気功   運動(散歩など)   飲尿療法       など

お勧めしないこと   抗がん剤

2ヶ月に一度講演会を行っておられますが毎回300人ほどの盛況で早く申し込まないと満員で断わられることが多いです。

いずみの会

〒454-0815 名古屋市中川区長良町2-58 TEL・052-363-5511 FAX・052-362-1798 (水曜・木曜・日曜休み) 最近東京支部も出来たようです 

いずみの会東京事務所  

〒135-0045 東京都江東区古石場2-8-4 篠川淳子                                                                                                   TEL/FAX 03-3643-2262                                                                                               080-3389-3106(篠川携帯)

|

« ゴミを拾いながら歩いて全国縦断 小山田 浩子さんのこと | トップページ | モーツアルト音楽で健康になろう »

健康」カテゴリの記事

コメント

私は、大腸がんを患い、1月11日に摘出手術を受けました。13日には縫合不全で再手術を受け、小腸に人工肛門を付けています。現在は退院して、同じ病院で温熱療法を受けています。ただ、2月28日の血液検査で、CEAが121,9、CA19-9が1361と以前よりたかくなっており、今日のCTでは、肝臓への転移癌が少し大きくなっていることと、新たな転移が見つかりました。主治医からは、抗がん剤治療を強く勧められています。半年も放置すれば、肝不全で処置ができなくなるとも言われています。中山先生のご著書で、抗がん剤は効果がないと書かれていましたので、化学療法は受けたくないのですが、主治医の言うことも本当なのか悩んでいます。私と同じような状態の方で、快方に向かっておられる方の良いアドバイスを頂けませんでしょうか?宜しくお願い致します。

投稿: 杉野幹夫 | 2012/03/09 19:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NPO法人 いずみの会:

« ゴミを拾いながら歩いて全国縦断 小山田 浩子さんのこと | トップページ | モーツアルト音楽で健康になろう »