« モーツアルト音楽で健康になろう | トップページ | 藤原 直哉のワールドレポート »

2006/07/26

投げたらダメ DON’T QUIT

投げたらダメ DON’T QUIT  
作者不詳 (アメリカで読みつがれた)

この詩を最近教えてもらいました。
本当は英語で書いてあるのですが誰かが約したのでしょう
原文の作者は不詳とのことです
思い当たることばかりです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ものごとは、いつだって、そう、うまくはいかない。

とぼとぼ歩く道が、この先もずっと上り坂に見えたり、

手もとに資金はなく、借金だけがかさ高かったり、

笑いたいのに、ため息しか出てこなかったり、

苦労があなたを少し落ち込ませる。

そんな時、休みが要るなら休みなさい、でも途中で投げたら、ダメ。
 

When things go wrong, as they sometimes will,
When the rorad you're trudging seems all uphill,
When the funds are low and the debts are high,
And you want to smile, but you have to sigh,
When care is pressing you down a bit,
Rest, if you must, but don't you quit.


だいたい人生はあっちにいったり、こっちにいったり、ねじくれてばかり。

でもだからこそ、失敗と見えたことが成功にくるりと転じたり、

終りまで粘り続けた人が、勝ったりする。

ものごとが進む速度が遅くても、途中であきらめないこと。

あきらめなければ、もうひと押しで、思いをとげられるかもしれない。

Life is queer with its twists and turns,
As everyone of us sometimes learns,
And many afailure turns about
When he might have won had he stuck it out;
Don't give up though the pace seems slow
You may succeed with another blow.


失敗と成功は表裏一体。

行き先をはばむ雲の中に、銀の輝きはひそむ。

けれど、人は、それがいかに近くにあるかわからない。

ものすごく遠くに見える輝きでも、もしかしたらすぐ近くにあるかもしれない。

だから、打たれ、へこまされている時ほど、闘い続けるべき。

ものごとが最悪に見える時こそ、絶対、途中で投げてはいけない

Success is failure turned inside out,
The silver tint of the clouds of doubt,
And you never can tell just how close you are,
It may be near when it seems so far;
So stick to the fight when you're hardest hit,
It's when things seem worse that you must not quit.

|

« モーツアルト音楽で健康になろう | トップページ | 藤原 直哉のワールドレポート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まやさん

ありがとうございます。
インターネットで探すと同じことを書いている人がいました。
やはり言い伝えのようですね

投稿: えーさん | 2006/07/27 11:17

すてきな詩ですね
共感できます

投稿: まや | 2006/07/27 08:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モーツアルト音楽で健康になろう | トップページ | 藤原 直哉のワールドレポート »