« お勧めの行事  12 | トップページ | 答志島の八幡祭り »

2006/03/10

ワールドレポート 藤原 直哉さんから

3月の藤原 直哉 ワールドレポートから

・鳥インフルエンザ  えらいことになりそうだが日本は対策遅れている
   
・日本企業の最高益 更新中
   しかし現場は病んでいる
   リストラで士気が上がらない
   不祥事の続出
   内部告発
     団塊の世代がごっそりやめたら組織が組織として機能しない
     会社が続出するのではないか

・予算が成立する4月にもある種の経済破綻が起きるのでないか

  もっと他の理由は
    天変地異
    イランとの戦争勃発
    
・日本の建て直し
    大きな犠牲を払わねばならないだろう
    しかしその後には素晴らしい新生日本がうまれるはずだ

    チャップリンの言葉
       人生に必要なものは勇気と想像力と少々のお金

日銀の政策転換
    資金量を30兆円から6兆円に1年で縮小するということ

・アメリカの問題
    FRB  どんどん利上げする
    財政赤字の増大
    中古住宅 5ヶ月連続でダウン
    ブッシュ大統領の支持率ダウン
    イラク戦争の行き詰まり
・中国の問題
    市場経済導入によるコストアップ要因の増大
    資源不足
    環境問題

詳しくは シンクタンク藤原事務所 で購入してください

|

« お勧めの行事  12 | トップページ | 答志島の八幡祭り »

時事問題・ほか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワールドレポート 藤原 直哉さんから:

« お勧めの行事  12 | トップページ | 答志島の八幡祭り »