« ワールドレポート 藤原 直哉さんから | トップページ | 月の桂  酒蔵見学 »

2006/03/10

答志島の八幡祭り

答志島の八幡祭り     DSCFminato0076

今年の2月15日 答志島の八幡祭りに友達に誘われて行って来ました。答志島そのものも初めてです。
9時ころの鳥羽港からの船に乗りました。
熊野からシンセサイザーの 矢吹 紫帆さん夫妻 とカメラマンのHさんも加わり総勢5名です。
船はガラガラでお祭りだというのに鳥羽から行く人はあまりいないようです。
聞いたところによるとこのお祭りは島の人たちの豊漁祈願のお祭りで観光客目当てのものではないそうです。ですから民宿もお休みで漁師さんたちもみんな休みなんだそうです。
学校も午前中で終わりだとか    DSCFposuta-0115

八幡祭り  DSCFkaijyou0096 DSCFkabuki0176 DSCFkodomo0158 DSCFmusume0151 DSCFkifukin0109

毎年旧暦の1月17日18日19日の3日間行われます。
八幡神社は海岸の小高いところにある神社ですが祭りの間中は女性やよそ者は神社に
入れません。
15人で行われ、その中の1人が的に矢を射る真似をすると、同時に町の人々がお的の墨紙を奪い合い、護符に代わるこの墨紙で、各戸の戸板や船に八の字を書いて、一年の大漁、家内安全を祈願する。
 

今回は行けませんでしたが島の小高い丘の上に九鬼嘉隆の首塚というのがあるそうです。あの有名な九鬼水軍のお城は鳥羽だったのですね。  九鬼嘉隆という人は大変立派な武将だったようで九鬼家を大名にまでした人です。なかなか波乱万丈の人生だったようです。

島へついたら八幡神社の宮司さんの奥さんが迎えに来ていただいてました。そして今日の祭りのメーンイベント会場のお祭り広場へ
すでに特等席を用意していただいてましてそこでしばらく島の人たちの演芸を見ました。
ここで3日間いろいろな出し物が催されるのです。
志摩地方では昔からお祭りは3日間となっていましたがいま3日間やるのはこの答志島だけだそうです。
子どもから民宿の女将さんたちやまた老人までまさに島総出の演芸大会です。
まわりには赤や黒で書かれたご祝儀の張り紙がいっぱいです。
5千円というのが多かったですね
島の老人が教えてくれました。 このお祭りのために漁業組合では毎年300万円を用意しているんですと
それにこのご祝儀が約100万円でつごう400万円でまかなっているそうです。

お昼は島の旅館でいただきました。
新鮮な刺身やお魚それに茶碗蒸しなど一杯出てきました。
これで1500円とは驚きです。

旅館 定洋    DSCFryouri0131

また演芸場へ戻ってお祭りを見ました。
会場はもう満員です。みると女性ばかりなんですね そこにいるのは
またご老人に聞きました。 そしたらこんな答えが返ってきました。
「ここはなー 女子どもを楽しませるお祭りなんや
だから女子どもにいい場所をとらせて男は裏方やったり家で酒飲んだりしとるんや。」
お祭りのメーンである墨紙の奪い合いがはじまりました。
これは私たちの場所からはあまりよく見えませんでした。 残念です
それからもう一つのメーンの獅子舞いです
男の人2人が入ってやるのですが変わっているのは獅子が大きな魚を次から次へと
飲み込んでいくのです。おそらくこれが大漁の祈願なんでしょうね
一番大きな鰤はなんと富山の氷見で買ってきたのだそうです。
1匹 10万円もしたとおっしゃってました。DSCNsisimai2294

そのあと代々の獅子頭をしまってある蔵を見せてもらいました。
そしてお祭りが終わって入ってもよくなった八幡神社へも参拝してから島をあとにしました。 DSCFipai0217 DSCFsisikura0209 DSCFhatiman0236

|

« ワールドレポート 藤原 直哉さんから | トップページ | 月の桂  酒蔵見学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

女の子3人で踊っている写真にうちの子を見つけ、うれしさのあまり、ついついコメントを書いております。答志島は、どうでしたか?

投稿: 島娘 | 2006/03/22 21:12

笹原さん
ご覧いただき有難うございました。
ヨットとはいいですねー
竹村 亜希子さんはほんとに神出鬼没で
私はどうもああいうゆれに弱いので食事どころではありません
その島は答志島からもう少し東へ行った神島だと思います。いいところらしいですね
私も一度行ってみたいと思っている島です。
歴史がいろいろあるらしい

投稿: えーさん | 2006/03/19 15:36

1月、私も竹村亜希子さん他4名で鳥羽に真冬のヨットクルーズに行ってきました。荒れた海でヨット、良かったですね。名前忘れましたけど三島由紀夫の潮騒の島の民宿へ(鳥羽国際の予定が海が荒れて帰れなかった為)その島でご馳走になった食事を思い出しました。写真と同じものが出ていました。おいしかったなあ。

投稿: 笹原 真二 | 2006/03/18 21:24

大正坊やさん
こんにちは
お久しぶりです
そうでしたね
近くまで行っていながら素通りですみません
帰りに二見のパールセンターへ寄って来ました
初めて行ったのですがなかなかのところですね
あそこの小西社長はボランティアで随分活躍されていて冬桜もたくさん植えておられます
昨年は6月21日に夏至と満月が重なって賓日館で行事をやられました。私たち夫婦も参加しましたよ

投稿: えーさん | 2006/03/12 18:33

え-さん こんにちは
志摩地方の祭り見物とは珍しいことで、
私は近くにいながらまだ行った事がありません。
志摩は漁村が多いから豊漁祈願や安全祈願
の神事や祭りの多いところで、弓引き神事や
獅子舞はあちこちで行われます。
これから夏にかけて面白い祭りが行われます
から又遊びにきて下さい。

                   大正坊や

投稿: 大正坊や | 2006/03/12 11:30

ら・めーるさん
コメントありがとうございます。
いろいろご旅行に行かれていいですね
オーストラリアはまだ行った事ないので是非
行ってみたいです。
また宜しくお願い申し上げます。

投稿: えーさん | 2006/03/11 22:10

えーさん。ご無沙汰しております。
ブログ楽しく拝見させていただきました。
楽しさが伝わってきます。
幹事会室も大変ですね。我々が口を挟む余地はありません。こうして楽しい旅や写真が心をなぐさめてくれます。私も2月はじめにオーストラリア、3月19,20、とセントレアから山陰の旅1泊2日とあちこち楽しんでいます。又おめにかかれる日を楽しみにしています。

投稿: ら、めーる | 2006/03/11 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20176/9027449

この記事へのトラックバック一覧です: 答志島の八幡祭り:

« ワールドレポート 藤原 直哉さんから | トップページ | 月の桂  酒蔵見学 »