« 手さぐりの施療所から   柳原 能婦子さんのこと  | トップページ | ガンの重粒子線治療法 »

2006/02/24

中村 幸昭鳥羽水族館名誉館長のお話

先日 冬桜友の会 の総会で中村  幸昭 鳥羽水族館名誉館長 のお話を聞きました。DSCFkaijyou0002
中村  幸昭様は鳥羽の海産物問屋の長男としてお生まれになりました。
なんと今年77歳 どう見ても60代にしか見えませんね
中村  幸昭様は大学を卒業してから朝日新聞社東京本社にお勤めになり
かの有名な「君の名は」で岸 恵子が演じた氏家真知子が巻いた「真知子まき」
を考えたのは私だよとおしゃっていますが
新聞社と「真知子まき」がどうして結びついたのかは前にお聞きしましたが
忘れました。
それから長男ということでしばらくして鳥羽へ呼び戻されました。
鳥羽へ帰ってから観光客が店の前の生簀を眺めているのを見て魚を売るよりも
見せたほうがいいのではないかと思い立ち昭和30年 27歳でなんと 鳥羽水族館 を作ってしまったのです。
非凡ですねー
ちょっと考えられないことです。
それから氏は中部や関西の小学校 1670校をかたっぱしから回って
修学旅行の客を鳥羽水族館へ呼んだのだそうです。
それが今でも続いているとか
日本中に水族館は64館あるそうですが半分は公立で半分は私立です
公立は全部赤字なんですって  驚いたなー
私立の8割も赤字なんだそうです
その中にあって鳥羽水族館はずーっと黒字を続けています
そして今でも最先端の研究もしているのです
鳥羽水族館は日本で最初にアラスカからラッコを連れてきました。
それからフィリッピンからジュゴンを
またロシアからはバイカルアザラシやアフリカからマナテイを連れてきました。

そしてこれからの夢はと聞かれたら
インドネシアからシーラカンスを日本につれてくることと
中国の蘇州 に10万坪の「生態系博物館」を作ることだそうです。

どこまでもデッカイ 中村  幸昭名誉館長です。

そうそう肝心のお話はいろいろとありましたが

健康のための5つのこと  がエキスでしょうか

◆ 健康の五つの条件

一・ 歩く  足の親指とひとさし指に力を入れて早く歩くこと

   睡眠  五時間 熟睡すること                                 動物 長く寝るが人間は長く寝る必要はない
      日野原 重明 聖路加病院院長は エレベーター乗らない   
   階段を二段飛びで歩く ダンベルを持って
   夜三時まで原稿書いて朝は7時起きる
   仰向けに寝てはいけない  横か俯せで寝る

ニ・ ストレスをためない
     今までのことは忘れる   
    笑うこと
    笑う人はガンにならない

三・セックス  が大事
   男と女は違う
     男は一回射精する  200メートル全力疾走と同じエネルギーがいる
    女  オルガスムス  70メートルジョギングした程度
   ここのところは結局何がどうなのか理解出来ませんでした

四・食物 が大事
   医食同源
   まごわやさしい  を食べなさい

   ま  まめ
   ご  ごま
   わ  わかめ(海草)
   や  やさい
   さ  さかな
   し  しいたけ
   い  いも

五・ の話はなかったような   私が聞き漏らしたかもしれませんが 

|

« 手さぐりの施療所から   柳原 能婦子さんのこと  | トップページ | ガンの重粒子線治療法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20176/8812661

この記事へのトラックバック一覧です: 中村 幸昭鳥羽水族館名誉館長のお話:

« 手さぐりの施療所から   柳原 能婦子さんのこと  | トップページ | ガンの重粒子線治療法 »