« お勧めのブログ | トップページ | A speech of the Dalai Lama »

2006/01/06

藤原 直哉ワールドレポート1-4から

藤原 直哉 ワールドレポート 1-4から

藤原 直哉さんは今売れっ子の経済アナリストです。 藤原 直哉さんが月二回発行されているワールドレポートというのがありFAXで送ってきます。今年初めのは1月4日号です。   それにようると今年は容易ならぬ年になりそうでおのおの方お気をつけなされと言われているようです。

・日本の現在の体制はいつから出来たか
   信長・秀吉の時代からだ
      国内天下統一から世界へ目を向けだした
      中央集権体制の確立
      その後徳川時代は鎖国したが明治になって
      再び世界へ目を向けた

   天下一  という言葉が流行った
      職人や芸能人の間でよく使われた
      時の政治的最高権力者が与える称号のようなもの
      芸術や文化を保護するということでもある
      天下とはどこまでを言うのかいまだにはっきりしないが
      日本一、世界一、京都一  ?

2006年は
・日本の政治の行方

・アメリカと為替
    
・中国の経済危機
        

・中東大戦争の行方

についてのレポートでした  詳しくは書けませんのでもっとお知りになりたい方はシンクタンク藤原 のほうへ

|

« お勧めのブログ | トップページ | A speech of the Dalai Lama »

時事問題・ほか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤原 直哉ワールドレポート1-4から:

« お勧めのブログ | トップページ | A speech of the Dalai Lama »