«  「きっこの日記」  | トップページ | 日本のエジソン 城戸 淳二山形大学教授のこと »

2005/12/24

アンチヤマトイズムを止めよ!

という小冊子を読みました。今年の11月1日の出版です。
竹本氏は元筑波大学の教授で現在はフランス在住の美術・文学評論家だそうです。
もちろん私にとっては遠い人で今まで存知あげませんでした。

そしてこの本を読んで始めてしりました。
フランスが排日の国だということを
日本人をとても軽蔑していることを

ル・モンド紙が終始一貫 排日運動を扇動していることを
朝日新聞と繋がっていることを
ル・モンドの日本特派員として何十年も日本にいたロベール・ギラン氏が
大変な親日家のように日本では振舞っていたのですがフランスに帰って
から実は大変な排日運動家であることがわかったこと
南京大虐殺を大々的に世界に広めていること
今年中国で起こった排日運動を全面的に支持していること

驚くことばかりです
竹本 忠雄氏はそれに対してフランスでただ一人日本人として
立ち上がりル・モンド社会長 あてに抗議文をだしました。
またラジオの実況番組にも出て日本の実態を訴えています

また同書で竹本さんは自分のこうした運動に在フランスの
日本人や大使館がきわめてさめた目で見たりフランス人に
媚をうるようなことなのが残念だとおっしゃっています。

良かったら読んでみてください

|

«  「きっこの日記」  | トップページ | 日本のエジソン 城戸 淳二山形大学教授のこと »

時事問題・ほか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンチヤマトイズムを止めよ!:

«  「きっこの日記」  | トップページ | 日本のエジソン 城戸 淳二山形大学教授のこと »