« アンチヤマトイズムを止めよ! | トップページ | 飯田 史彦さんの講演会 イン フナクリ »

2005/12/24

日本のエジソン 城戸 淳二山形大学教授のこと

日本のエジソンか? どうかは知りませんが
こんな本を読みました

日本のエジソン 城戸 淳二の発想
    価格: ¥1,260(税込)
    KKベストセラ-
これは 城戸 淳二教授 がご自分の研究されている有機ELのことを
書かれているものです。
その中で城戸 淳二教授は
ソニーの失敗と液晶の韓国サムスン電子との合弁事業による日本の被害
   ソニーは液晶とプラズマ以外の第三の薄型テレビを開発すべく
   アメリカのベンチャー企業と研究をしていましたが挫折した
   ために日本での合弁の道を模索していました。
   経済産業省が音頭をとって日立との合弁の話がすすんでいたのに
   突然韓国のサムスン電子との合弁をしてしまいました。
   そして工場は韓国につくられたのです。
   これでは液晶はじめテレビの技術も韓国へ流れます。
NECの特許大量韓国への流出
   NECとサムスン電子は有機ELの合弁会社を2000年に
   作りました。2005年に立ち上げる予定でしたが2004年
   に突然手を引いて全部韓国側に売り渡してしまいました。
   有機ELについてのたくさんの技術が韓国側に渡りました。
をいたく非難されています
これを読むとごもっともと言うほかはありません
またシャープ亀山工場のこともいい例として紹介されてます

そしてわが国の大学での研究開発のありかた
これからのベンチャー企業育成方法
有機ELによる大型画面の作成や照明革命

について大変夢のあるお話です

本当に日本のエジソンかもしれません

もう一冊はあの青色レーザーの世界的発明者 中村教授との
対談である

「突然変異を生み出せ!」
    城戸 淳二教授 中村 修二カリフォルニア大学教授
    日本実業出版社  価格: ¥1,500(税込)

ここでは中村 修二教授 が日亜化学工業(株)で青色レーザーを
開発されたいきさつが大変興味あるお話です。

|

« アンチヤマトイズムを止めよ! | トップページ | 飯田 史彦さんの講演会 イン フナクリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20176/7806391

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のエジソン 城戸 淳二山形大学教授のこと:

« アンチヤマトイズムを止めよ! | トップページ | 飯田 史彦さんの講演会 イン フナクリ »