« おめでとう あやかちゃんを救う会  | トップページ | 雑誌 ガモン のこと »

2005/12/05

シャープの液晶戦略

先日 シャープ 元副社長 谷 善平氏のご講演を聞きました。
シャープの経営者が外部で講演されるのはきわめて稀なことだそうです。
最近同社は液晶で絶好調ですがそこいらの戦略についてお話いただきました。
・液晶は現在第五世代に入っており来年第六世代 再来年第七世代と なる
 2010年には今の3倍くらいの需要が見込まれる

・今年6月 国内の出荷 テレビ全体で液晶がブラウン管を抜いた

・液晶 国内で頑張っているのはシャープだけ
 最近 韓国 台湾の追い上げが激しい
 中国も大型投資がこれから

・シャープ 亀山工場
 亀山第一工場  1500億円の投資
 引き続き第二工場を建設する   
 液晶とテレビの一貫生産工場
 三重県の熱心な企業誘致によるがシャープにとっても地理的に
 最適な場所だと思う
 奈良 天理工場と三重 多気工場の中間にあり便利
 何故 国内でやるのか
  ・液晶はまだ発展途上である
  ・技術の外国へのもれを防ぎたい
  
 スーパーグリーンファクトリーの実現
   CO2削減  コージェネシステム
   用水使用量の削減 
   産業廃棄物の完全処理

  DSCFdaini0088

・技術を如何にして守るか
 液晶については全てのタイプの工場を作ってきた
 今までは作るあとから海外の会社に技術がもれてしまった
 それは生産設備を作る会社が外国へも同じものを売るので
 亀山工場からは
   製造設備を作る会社には設備の改良 メンテをさせない
    他社もしくは自社でやる
   社員も関係するところ以外には入れない
   特許を出さない

・液晶技術の今後
  プラズマには負けないようなものを作る
  3D 立体映像技術とその応用
  カーナビ  運転手 地図を見る
        助手席 テレビを見る ようになる
  
  1枚のガラスの上に テレビ パソコンが出来るまでになっている

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 同社の液晶戦略はまだまだ大きく発展すると期待が持てるお話でした

と同時にこれからの東南アジア各国との技術競争についても多くの示唆を

いただきました
 

|

« おめでとう あやかちゃんを救う会  | トップページ | 雑誌 ガモン のこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20176/7473846

この記事へのトラックバック一覧です: シャープの液晶戦略:

« おめでとう あやかちゃんを救う会  | トップページ | 雑誌 ガモン のこと »