« 「たんぽぽの会」に参加 | トップページ | アサヒドーカメラ 後藤社長の話 »

2005/09/04

お勧めの本 1

1・病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
   
  サンマーク出版
  新谷 弘実 (著)

  価格:  ¥1,680 (税込)
      本書は、誰もが共通してもつそんな夢のような願望をかなえよう   という本です。

では、どうすれば健康で長生きできるのか。ひとことでいうと、ミラクル・エンザイムを消耗しない生活を送り、食事を通じてミラクル・エンザイムをとり入れることだと、著者は語っています。
これまで30万例以上の胃腸を検査してきた著者は、その膨大な臨床結果から、「食歴」と「生活習慣」こそがその人の健康状態を決める最大の要因であることをつきとめました。そして、何がミラクル・エンザイムを消耗させ、何がミラクル・エンザイムを補うのかがわかれば、日々のちょっとした努力で、「病気にならずに天寿をまっとうすることができる」というのです。

全米ナンバーワンの胃腸内視鏡外科医が教える「太く、長く、生きる方法」に触れてみてください

「政治家、経営者から絶大な信頼を寄せられている“伝説の外科医”、それが新谷先生です。本書を読むと、健康に対する考え方が一変します」――孫正義氏

「近代文明の歴史は科学知識と技術力による人間の限界への挑戦でした。本書は新谷弘実先生の“人間の寿命の限界への挑戦”の貴重な記録です」――江崎玲於奈氏

2・胃腸は語る 食卓篇レシピ集
    新谷 弘実 (著), 新谷 尚子 (著)
    弘文堂
    価格:  ¥1,575 (税込)

    良い食生活を送って、胃相・腸相をきれいにし、健康になろう。和食メニューを中心とした、    かんたんでおいしい胃相・腸相を良くする元気食のレシピを紹介。
    98年刊「胃腸は語る」の姉妹篇。

3・「臨死体験」を超える死後体験―死後世界を超えた先は宇宙につながっていた!
 
   ハート出版

  ・坂本 政道【著】
   [B6 判] NDC分類:147 販売価:\1,575(税込) (本体価:\1,500)

   本当に生きながら死後の世界が垣間見えるのか?!話題騒然の前作につづく第2弾。
   今度は米国モンロー研の最新プログラムに参加。
   宇宙とは何か?生命とは何か?意識とは何か?
   日本人ハイテク・エンジニアの渾身のレポート。

4・絵で見る死後体験 わかりやすい!   

   著者/訳者名 : 坂本政道/著
    出版社名 : ハート出版 
 
    価格  : 1,575円(税込)
 
5・恋愛運を呼び込むしあわせレシピ
    技術評論社

「kirei_food.pdf」をダウンロード

    緋宮 栞那 著    1,449円(1,380円+税)
    2005年8月 出版  

    名古屋 金城学院大学出身の美人栄養学の先生です
    彼女の食事をすれば美人になれるそうです

    添付  きれいな食事kirei food.pdf

・ リーダーの易経
    時の変化の道理を学ぶ
       マナハウスベストセラーランキング 
       1位 (ビジネス)  1位 (総合)

    著者  :  竹村亞希子 著
    定価  :  1,470円(本体1,400円)
    出版社  :  PHPエディターズ・グループ   
 : 
    出版年月  :  2005年08月

    あの有名な 「占いの玉手箱」 の竹村 亜希子社長の本です。
    久しぶりの出版ですが早くも売れ筋NO.1とは流石です。
     

7・天使に会える本―あなたの人生はあなたの手の中に
    リーナ アサヒ (著)
    価格: ¥546 (税込)  

   この本は船戸クリニックの船戸 崇史院長先生のお勧めです。 病気を治すには心の転換が必要です。 それにはこの本がお勧めです。                

   著者 リーナ・アサヒ 略歴
      父親の仕事の事情で10代後半まで中米、南米、東南アジア、    中近東等で長期の海外生活。                              大学は日本で学ぶ。1993年、米国にて不思議な日本人に出会う。   彼との交流を契機に“天使たち”と出会い、生命の永遠性について悟る。一人でも多くの人たちが魂の向上ができるようセミナー等を行っている。心のこもった、それでいて威厳のある明快な語りは、多くの人を魅了する
 

    

|

« 「たんぽぽの会」に参加 | トップページ | アサヒドーカメラ 後藤社長の話 »

お勧めの本」カテゴリの記事

コメント

えーさんへ
メールを戴き有り難うございました。

竹村さんの「リーダーの易経」も楽しませていただいております。時間がかかりそうですが・・

船戸先生推薦の「天使にあえる本」は一気に読みました。
年に1度、毎年の黙想会は10日間、修道院にて、日常を離れ、沈黙のうちに祈りの中で自分と向き合う作業を致します。

これは心のありようを確認する作業で、私にとりまして、心豊かに満たされる大切な時なのです。

日々の祈りの中で自分の確認を朝と休む前の祈りとして続けています。

「天使にあえる本」を読み、心の中から力が湧きあがってくるのを感じました。

え~さん日記を楽しませていただいてます。
伊路波村に伺える日が来ますことを願いながら心からの感謝を込めて                    西岡


投稿: 西岡 洋子 | 2005/09/11 15:44

西岡様

その節は楽しい行事に参加させていただきありがとうございます。私はみなさんの元気をいただいたように思います。
また竹村 亜希子さんの本を買われたとは奇遇ですね
竹村 亜希子さんとはたまに一緒にお酒を飲む仲間です。博識で美人で歌がうまくて素晴らしい女性です。
この本はかねてからの彼女の持論をまとめられたものです。
それに腕振り体操をやっておられるとのことうれしいです。
これも竹村 亜希子さんが関博士から直接に聞かれたものらしいです。
私も1月以来続けていますよ
どこまで続くか楽しみです
一緒に続けましょうね

投稿: えーさん | 2005/09/09 00:52

え~さん日記を楽しく拝見致しました。
9月4日「たんぽぽの会」の日帰り旅行に大阪から参加いたしました西岡でございます。

竹村亜希子著の「リーダーの易経」を購入したところでして、尚一層お話を興味深く伺いました。
腕振り体操をその日以来始めています。
怠け者の私でも、いつでもどこでもできるので続けられるのでは・・・・・と思っています。

これからも楽しみに致しております。
本当に有り難うございました。

投稿: 西岡 洋子 | 2005/09/07 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お勧めの本 1:

« 「たんぽぽの会」に参加 | トップページ | アサヒドーカメラ 後藤社長の話 »