« 広小路物語 | トップページ | お勧めの行事  2 »

2005/08/26

からくり人形の話

先日犬山市文化資料館の溝口館長さんのお話を聞く機会があり
犬山市のからくり人形の話を中心に尾張文化について
いろいろとお聞きしました。
DSCFtyahakobi0019 DSCFtyahakobi0023
祇園祭りの かまきり山車のからくりを毎年操作しに行く
人です  正式名を 蟷螂山 (とうろうやま)といい蛤御門の変で消失してしまったのを 1981年 に7代目玉屋庄兵衛さんが復元したのだそうです。 玉屋庄兵衛さんはかまきりの生態を調べるために岐阜の名和昆虫館へ通ったり自宅にかまきりをたくさん飼ったりしたそうです。

そのお話の中で面白かったというか興味をひいた話が
ありました
それは8代将軍 吉宗公 が発明を禁止したという話です
そんなことは今まで知りませんでした
今の日本いや世界も発明なくしては成り立ちませんね
その発明をご法度にしたということです

なんでも発明をするとそれをした藩が強くなりやがては
幕府にとっても脅威となるからという理由だそうです
ただし 祭りや遊びごとだけは発明工夫を許すという
但し書きがあったそうで

そのころ尾張名古屋は7代藩主 徳川宗春の時代でした。
この徳川宗春さんは本来ならば将軍になるはずでしたが
放漫経営のために紀州の吉宗さんに将軍の座をとられたのでした。
そのため吉宗のすることなすこと気にいりません。
尾張藩は歌舞音曲 お祭りなどを大変盛んに行いました。

それで上方あたりから仕事がなくて困っていたからくり人形師
たちがこぞって尾張へ来たというわけです。

それで尾張地方は大変からくりが盛んになったというわけです。
現在でも尾張地方には400台の山車が残っており
そのなかの250台にはからくり人形がついています。

今年の愛・地球博ではこの400台の山車のうち100台が
長久手会場に集まりました。
これの仕掛け人も知っていますがたいしたことをやってくれました。

このからくり人形の技術から現在の東芝やトヨタ自動車が
出来たのですから徳川宗春さんもいいことしたわけです。

◆名古屋城と犬山の関係について                                 名古屋城は徳川 家康が作った城ですがそこの初代城主は1607年に9男の徳川 義直がなりました。そのときはまだ8歳だったか           それでつけ家老として成瀬氏が江戸から来ました。 実質的な城主です  成瀬氏はその功労により犬山城をもらいました。以降犬山は成瀬氏のものです。最近成瀬家から犬山市へ犬山城が移管されましたね。 これも時代ですね。 今の成瀬当主は12代目だそうです。 当時成瀬氏の住居は犬山 名古屋 江戸 京都 堺にあり犬山には殆どいなかったそうです。 

◆犬山祭り  名古屋の名古屋東照宮の祭りをみならって始めた。13の町内に山車を作り全てにからくり人形をそなえた。

なかでも傑作は茶運び人形と弓曳童子でしょうね
先日 9代目玉屋庄兵衛さん が持っている茶運び人形を見せていただきました。
実に精巧に出来ています
からくりを動かすバネは、希少な背美鯨(せみくじら)のひげを薄く削ったものを使います。
ひげと言ってもこれが歯の代わりをするのです
200本もあるそうです
日本ではこのひげをあまりに使いすぎて背美鯨(せみくじら)は絶滅種となってしまいました
今ではこのひげを取ることは至難の業です
そしてあとはすべて木で出来ています
驚いたのは人形の頭です
この頭はいったん作られた後で真っ二つに割られて中をくり抜くのです
そしてまたふたつの木を精密にくっつけるのです
なぜこのようなことをするかと言うと木が湿気で伸び縮みするので
それを調整するためだそうです。伸び縮みするとなぜいけないか
化粧がひび割れしてしまうからです

また人形に使われている木もいろいろで全部で7種類の木を使っています。1枚の歯車を作るのに8枚の樫の木を使って1年がかりで作るそうです。
昔の人はじつによく考えたものですね

◆からくりずい( 機巧図彙 ) からくりの作り方を書いた図面  当時としてはこういうものは大変珍しいものです                          9代目玉屋庄兵衛さんは大英博物館で茶運び人形の機巧図彙を見つけてこれを復元して寄贈しましょうと提案した。そして 寄贈は、2005年7月10日現地ロンドンの大英博物館にて行われ、基調講演や実演を行いました。   玉屋庄兵衛さんがロンドンについたのはあのテロがあった時なんです。 なんとか事なきをえて無事納入されました。 

|

« 広小路物語 | トップページ | お勧めの行事  2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日子さん
トラックバック有難うございました。
からくりを作っていらっしゃるのですか
すごいですね
山口には知合いがいませんので友達に
なってください
また宜しくお願い申し上げます。

投稿: えーさん | 2006/03/21 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20176/5652291

この記事へのトラックバック一覧です: からくり人形の話:

» 茶運びロボット [日子のさらさら日記]
 茶運びロボットほとんど完成しました{/ee_2/}       足の部分           上に出ている円筒形の部分が首になります{/hiyo_en2/}            この状態だと良く走ります{/roket/} 服を着せるとバランスが変わったり、少し重さが加わるせいか、まだうまく走りません{/kaeru_shock2/} 微調整をして初動画{/apple_up/}目指します{/kiraki... [続きを読む]

受信: 2006/03/20 15:01

« 広小路物語 | トップページ | お勧めの行事  2 »