« お勧めの行事 1 | トップページ | 「ありがとうございますノートから」 »

2005/07/27

中丸 薫さん 講演会 

中丸 薫さん の講演会に行ってきました

DSCFkaijyou0001

名古屋では年に2回か3回開かれます。中丸 薫さんはご存知の方もあると思いますが明治天皇のお孫さんで戦後マスコミで大活躍された方です。世界180カ国以上を回り著名人を歴訪しインタビューをされた方です。中丸 薫さんは太陽の会というのを作って世界平和を願って活動をされています。

その1  日本はアメリカの属国

・日本アメリカベッタリ  段々戦争に巻き込まれる
・9-11テロ アメリカの自作自演だ
  当日フランスのテレビ局があのビルの取材をしていた
  飛行機 ぶつかったのはアメリカ軍の窓のない飛行機だ
  無線操縦で誰も乗っていなかった
  消防士の証言 あのビルには各階に爆薬がしかけられていた

・小泉首相 無茶苦茶している
  政府の借金 1200兆円
  国民貯蓄  1400兆円 殆ど使われた

  金融政策は植民地以下だ
   落ちるところまで落ちるか

・今のマスコミおかしい
  まともな放送少ない
  3S  スポーツ  セックス  スクリーン
     政治評論家  CIAよりの人しか出られない
     毎日NHKが松井が打った打たない やる必要あるか?

・ベンジャミンフルフォード氏
   長男が見つけてきた
   「ヤクザ・リセッション さらに失われる10年 」
   「日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日」
   光文社ペーパーバックス
   を書いた人

   カナダの外交官の息子で日本が好きでやってきたが
   知れば知るほどおかしな国だと思うようになった
   山口組にも取材した

 中丸 薫さん 彼と組んでこれからやっていこうと思っている
   むやみに動くとやばいよ と忠告した
・北朝鮮問題
   日本は経済制裁すべきではない
   世界の世論はかならずしも日本の見方と違う
   日本は経済制裁する前に戦争の補償と国交回復をすべき
   それから拉致問題だ という見方がヨーロッパにはある

   日本はアメリカに毎年随分お金をみついでいるではないか
   その何分の一でも北朝鮮に払うべきだ

・国連安全保障理事国入り
   日本 入る必要ない
   国連はマッチポンプだ
   世界の戦争の責任は国連にあり

・アメリカ 北朝鮮とイラクの暴発を20年前から願っている

パリサダ  秘密組織
   軍産複合体の組織で、世界の金融家、大企業家、政治家などに
   よ って構成されている
   うそでも7回言われると本当になる

・靖国問題  お互い被害者意識が強い
   冷静になるべきだ

その2  自己の確立 についてです

・人間は三次元の存在であるが同時に四次元とも繋がっている
・人間的体験をしていくことが霊的なことである
  サムシンググレート 人間は神の子である
  宇宙の神がいる
     キリスト モーゼ マホメット 釈迦
     誰も自分が神であるとは言っていない

・魂は死なない
・子供  母の胎内に入るとき地球の歴史すべて持ってくる
     しかし生まれるとき殆ど忘れてしまう
     母親との縁は深い

・人生は 未完の頂を歩むもの
     完成はない
     これで終りはない
     自分として出来ることは精一杯やる
     心配は神様に任せよ
・否定的な言葉は言わない
     常にポジティブに
・今は何億年に一度の激動期だ
     21世紀は日本人が世界をリードすべきだ

・川の流れのように  素直な心で生きる
・生きる目的
     魂   愛のエネルギーになるまで
     ゆがんだ魂をまっすぐにする
     逆縁の人がいる  心を修復しよう
     自分の魂のクセを見つけよう

・失業や病気
     より豊かな魂になるための試練かもしれない
     前向きに考えよう
     感謝の心を持って
・自己確立  自分が変わること
       人は変わってくれない
       自分が変わればみんなが変わってくる

・因果果報  原因は自分にあり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中丸 薫さんの話は飯田  史彦さんの「いきがいの創造」に書いてあることと同じだと思ったのは私だけでしょうか

|

« お勧めの行事 1 | トップページ | 「ありがとうございますノートから」 »

時事問題・ほか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中丸 薫さん 講演会 :

« お勧めの行事 1 | トップページ | 「ありがとうございますノートから」 »