« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005/07/31

藤原 直哉のワールドレポート

藤原 直哉さん は知る人ぞ知る政治・経済の評論家で
日本のホープと言える人です。その藤原 直哉さんが
毎週発行しているのがこのワールドレポートです。
藤原 直哉さんは東大卒業後住友電工で電線の営業を
されてましたがそこから経済産業省へ出向となり
ここいらから世界へ目を向けるようになったのかな
それからソロモン・ブラザーズ・アジア証券会社
入り株の世界へ
そして独立してシンクタンク藤原事務所所長として
現在八面六臂の大活躍です。

続きを読む "藤原 直哉のワールドレポート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/30

大藤萬松寺副住職様の話

萬松寺 副住職 大藤 元裕氏の話   DSCFdaitoufukujyuusyoku0079

先日大藤萬松寺副住職様の話をお聞きする機会がありました。         萬松寺は名古屋城が出来たときには今の名古屋城のところにあった由緒あるお寺です。氏はその萬松寺 の42代目の住職になられる人です。

・名古屋城  徳川 家康が作った

   名古屋の防衛ラインとして三つ作った

   宮の渡し    本町通り     名古屋城 
   第一次防衛    第二次防衛    第三次防衛

続きを読む "大藤萬松寺副住職様の話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第17回愛知サマーセミナー

毎年名古屋市内の私立学校を会場に愛知サマーセミナーという行事が開かれます。 夏休み3日間で延べ1000以上の講座が開かれます。    今年は東海学園高等学校でひらかれました。

愛知サマーセミナーとは、誰でも講師になれ、誰もが生徒になり、本当に学びたいことを学んだり、いつも疑問に思っていることをいっしょに考えたりできる「夢の学校」です。私のような定年後の高齢者から家庭の主婦、学生や中学生まで年齢層はまちまちです。 また先生もノーベル賞の小柴東大名誉教授から学校の先生、役者や家庭の主婦、サラリーマンなど多士済々です。

続きを読む "第17回愛知サマーセミナー"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/07/28

呼吸する家

これは三重県上野市にお住まいの宮本 喰悟さんが提唱されている家です。何が呼吸するかというと家の上下の自然の風により家が呼吸するということらしいのです。

呼吸する家  とは                                         ・常に空気が流通しており適正な含水率を維持しています                   ・薬品なしでシロアリやダニが発生しません                         ・500年もつ家です                                        ・自然の法則に従う工法    

呼吸する家と称するものはたくさんありますのでお間違いのないようにしてください

今も宮本 喰悟さんは伊賀市で呼吸する家の体験ハウス-「猪田」 を建築中です 

また今年秋にむけて 呼吸大学  会員制度を準備しています          今事前予約受付中です
 

続きを読む "呼吸する家"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ありがとうございますノートから」

「ari.pdf」をダウンロード

いま「ありがとうございますノートから」という小冊子を無償で配布するお手伝いをしています。 この小冊子はありがとう村というところにご縁のある方が作られたもので今月中に100万部を全国で配布しようということでこれまたご縁のある人たちで無償配布をしているものです。そのうちにあなたのところへも配られるかもしれません。

「ありがとうございます」という言葉は誰もが言えば気持ちが良くなる言葉ですね。 「ありがとうございます」 これを毎日一日中唱えているおじさんがいます。このおじさんはみんなからありがとうおじさんと呼ばれています。(最近はありがとう村の先生と言っているようですが)          そして「ありがとうございます」と唱える人たちが全国に増え続けています。

続きを読む "「ありがとうございますノートから」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/27

中丸 薫さん 講演会 

中丸 薫さん の講演会に行ってきました

DSCFkaijyou0001

名古屋では年に2回か3回開かれます。中丸 薫さんはご存知の方もあると思いますが明治天皇のお孫さんで戦後マスコミで大活躍された方です。世界180カ国以上を回り著名人を歴訪しインタビューをされた方です。中丸 薫さんは太陽の会というのを作って世界平和を願って活動をされています。

その1  日本はアメリカの属国

・日本アメリカベッタリ  段々戦争に巻き込まれる
・9-11テロ アメリカの自作自演だ
  当日フランスのテレビ局があのビルの取材をしていた
  飛行機 ぶつかったのはアメリカ軍の窓のない飛行機だ
  無線操縦で誰も乗っていなかった
  消防士の証言 あのビルには各階に爆薬がしかけられていた

続きを読む "中丸 薫さん 講演会 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/23

お勧めの行事 1

ここ当分の間に行われる行事でお勧めのもののみ書いてみます。お申込みはそれぞれの担当までお願い申し上げます。私はたぶん行くと思います。

1・『エバ・シンポジウム』2005

   「20050909.pdf」をダウンロード

  主催 (株)エバ

   日時: 9月10日(土)9時30分 受付10時00分~18時00分

   場所: ゴジカラ村  

   費用: シンポジウム 3000円 懇親会 2800円

   お申込み先: (株)エバ TEL052-891-1200 FAX052-891-1201                  shiraishi@ebanet.co.jp          

2・葉室宮司 (春日大社)のお話を聴く会

  「20050925.pdf」をダウンロード

   日時: 9月25日(日) 13時 開場  13時30分~15時30分

   場所: 名古屋国際会議場   221号室(2号館2階)

   費用: 2000円

   お申込み先: TEL・FAX 052-751-6337 勝山 

続きを読む "お勧めの行事 1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/12

第9回意識と波動オープンセミナー

第9回意識と波動オープンセミナーが7月2日と3日 名古屋市内と   愛・地球博会場で行われました。

私は3日朝 7時小牧の名古屋空港駐車場へ行きそこからシャトルバスに乗り愛・地球博東口で8時から1時間待って万博会場へ入りました。    こうでもしないと第9回意識と波動オープンセミナーの10時のスタートに間に合わないのです                                      どうも初めから愚痴っぽくなってすみません

続きを読む "第9回意識と波動オープンセミナー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/11

ガンに打ち勝つ患者学

「ガンに打ち勝つ患者学」という本を薦められました                 先日岐阜 養老にある船戸クリニックでの船戸 崇史院長先生の健康講座でです。

続きを読む "ガンに打ち勝つ患者学"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/10

ディクシャを初体験

昨日の土曜日 養老でいろいろな勉強会がありました。その中のハイライトは栃木の潮音寺のご住職の菅澤照真氏のお説教とディクシャというものの体験でした。

私にとっては本当に初体験のことばかりで

続きを読む "ディクシャを初体験"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/01

愛・地球博  愛着「衣」生活館

愛・地球博の地球市民村で行っていた愛着「衣」生活館も無事昨日6月30日で終了しました。 私も少しだけお手伝いのまねことをしました。

この愛着「衣」生活館はEPT(エコプラットフォーム東海)という環境教育のプラットフォームを作ろうというNPOとインドのチャタジーさんという人がやっている農業改善のEGOがコラボレーションして行ったものです。

続きを読む "愛・地球博  愛着「衣」生活館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛・地球博 の楽しみかた その2

愛・地球博 の楽しみかた その2 

  外国パビリオンの美人コンパニオン アテンダント と話をする 聞く

今回の愛・地球博には120を越える国が参加しています。その殆どのパビリオンにはその国の人が説明や販売に来ています。 これらの人を掴まえて話をしたり聞いたりするのも楽しみの一つです。              私は日本語しかわかりませんので相手が日本語でしゃべってくれないとダメなんですが、英語が出来る人ならその楽しみ方は飛躍的に大きくなるでしょうね                                          先日イギリス館を見に行ったとき美人の説明員がいました。  彼女に説明を頼んだところ快く引き受けてくれました。そして中にある展示物一つづつ実に丁寧に説明してくれました。 この説明を聞いていなければわからないことがたくさんありました。 イギリスのまじめな展示方針がよくわかりました。 環境と開発の融合をじつによく考えていると思いました。  DSCFigirisukonpa0056

ほかにはチェコ館もビールとともにアテンダントの女性が良かったですね    思わず写真を撮ってきました   

cheko         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »