« ガンに打ち勝つ患者学 | トップページ | お勧めの行事 1 »

2005/07/12

第9回意識と波動オープンセミナー

第9回意識と波動オープンセミナーが7月2日と3日 名古屋市内と   愛・地球博会場で行われました。

私は3日朝 7時小牧の名古屋空港駐車場へ行きそこからシャトルバスに乗り愛・地球博東口で8時から1時間待って万博会場へ入りました。    こうでもしないと第9回意識と波動オープンセミナーの10時のスタートに間に合わないのです                                      どうも初めから愚痴っぽくなってすみません

このセミナーは9回目ということですが今までは東京などで行われていたようですが、今回は愛・地球博を記念してこの万博会場で行われたものです。  これは事務局をしておられる春日井の十字の漢方  の    亡くなられた前社長 宮崎雅敬氏の悲願だったのです。 それを息子の現社長宮崎 晃太郎さんが立派になしとげられました。もちろん関係者の絶大なる応援があったことは当然です

私は3日朝10時から夜8時30分までずーっと聞いてきました。ほとんど珍しく居眠りをせずにです 

内容は西洋医学以外の東洋医学他の各種の医療による統合医療をさぐるものでした。 内容については大変に中身が濃くまた長時間にわたりますので詳しく知りたい方はDVDがありますので              意識波動医学研究会 までお問い合わせください。

私が驚いたこと

1・堀田 忠弘意識波動医学研究会会長の話です                DSCFhotta0237 堀田先生は京都で堀田医院を開業されているお医者様です。              宝石や石により遠隔治療を行っておられます                      先生は初めに理屈理論より実践 如何に病気が治るかだとおっしゃいました                                                 宝石を入れたボックスの中でLEDを点灯し宝石からエネルギーを出させてボックスの中に患者の顔写真を入れておきます。ボックスの中には200枚くらい入るらしいです  そうするとその顔写真の病人の難病が治るというものです  にわかには信じられません  しかし堀田先生は意識波動医学研究会の会長さまです。  これがインチキならこの会合すべてがおかしいことにもなりますよね   ですから私は無理にでも信じることにしました。  どなたか実際にかかってみてほしいです

堀田医院                                       住所    〒612-8435 京都市伏見区深草フケノ壺町28         電話/FAX  TEL. 075-645-1730   FAX. 075-645-1830

2・渥美 和彦日本統合医療学会理事長 東大名誉教授の話 

DSCFkaijyou0209 DSCFatumi0321        渥美 和彦東大名誉教授は日本を代表する心臓外科のオーソリテイです  先生のお話は統合医療について日本は大変遅れている         アメリカでも韓国でも中国でも統合医療ブームなのに日本は片隅に追いやられている  先生が統合医療にかけられる情熱を大変感じました

もうひとつ驚いたのは渥美 和彦先生は日本学術会議のリーダーですがその会合の中で大勢の学者と50年後の世界について話し合われたそうです    その結果50年後の地球では食料と水と空気が不足することが決定的という結論となったそうです                         これでは人類は生きていけませんね                           先生は50年前医者になられたそうで  あっという間だったとおっしゃってました

3・矢山 利彦先生  (Y.H.C.矢山クリニック 院長) の話

矢山 利彦先生も有名なちょっと変わったお医者様です。            先生の話は病気の原因の大きなものを4つに分けて説明されました   1・金属汚染  2・電磁波 地磁気 3・潜在汚染 ウイルス 細菌 など 4・化学物質  このうち1の金属汚染について先生は歯に注目されました。 歯の治療に使う水銀などの金属が悪さをしていると  また口の中の電気を特殊な機械を使って取り去るととたんに病気が治るともおっしゃいました。  もう一つは最近ドイツで大変流行している 振動医学 を実際に応用されていることです。 これで随分治療効果が上がっているそうです。 

DSCFpaneru0417 DSCFyayama0371

いずれにしても今回の(2日もたくさんの講義がありました)第9回意識と波動オープンセミナーは大変有意義なものでした。早くこれらの医療が一般的にひろく普及することにより病気が減ったり病気になる人が減って医療費の削減が出来ることを期待するものです。

|

« ガンに打ち勝つ患者学 | トップページ | お勧めの行事 1 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第9回意識と波動オープンセミナー:

« ガンに打ち勝つ患者学 | トップページ | お勧めの行事 1 »