« 岐阜学会 発足 | トップページ | 木内 鶴彦さんがあの世で見たものは »

2005/05/05

天の橋立 福知山の旅

ちょっと前のことですが4月の初め宇野 正美 国際時事講演会を篠山まで聞きに行くついでに福知山に一泊しました。

・旅の順路  岐阜羽島ー敦賀ー舞鶴ー天の橋立ー福知山ー篠山

  -京都ー岐阜羽島

 ●舞鶴   

軍港

             DSCFgunkou0006

       

レンガ博物館

DSCFakarenga0011

       

舞鶴引揚げ記念館 

DSCFhikiagekinenkan0064

●天の橋立 股覗き

DSCFmatanozoki220133

      

智恵の湯 (日帰り温泉)

DSCFtienoyu0096

 

●福知山

     福知山城址

DSCFfukutiyamajyou0038

     御霊神社

DSCFgoryoujinjya0070

     

長安寺

DSCFtyoumeiji0091

     

広峯古墳記念公園

DSCFkofun0123

    

 福知山温泉 養老の湯(日帰り温泉)

DSCFfukutiyamaonsen0154

 

●篠山  篠山城址大書院

DSCFdaisyoin0224

●京都  橋本関雪記念館 

DSCFhasimoto0267  

私にとって舞鶴、天の橋立、福知山は生まれて初めて訪れた街ですが

なかでも福知山は行って良かったです。

みなさんに話をすると「なんで福知山?あんなとこ泊まるような所じゃ

ないでしょ」  と言われます。

確かにどの観光の本を読んでも福知山はちょっと載っているだけです。

実はここへ泊まったのには訳がありまして

福知山の財閥? 村上商事グループの「むらいち」が経営する

福知山サンホテルの社長 村上 裕子様に会いたかったからです。

実は彼女は社長業のかたわら京都大学大学院で環境学の博士課程

で勉強する生徒でもあるのです。

名古屋の環境団体 日本グリーンビルディング協会の会合で

何度もお目にかかっています。 どうせ近くへ行くのだからと福知山に

決めた次第です。夜は同じむらいち経営の丹波の和食処 由良川

でおいしく食事をいただきました。 そして何より安いこと

同行のみんなも(といっても家内と福井の女性の二人だけ)

大喜びでした。

そしてたいして期待もしていなかった福知山の観光ですがその

内容の多さと歴史と中身の濃さにはビックリ

もっともっと広くPRすべきだと感じた次第です。

また最近出来たという福知山温泉は元の料亭が掘りあてたもの

らしいですが山全体を借景とした露天風呂のすばらしさ

日帰り温泉としては最高のものでした。

帰りには京都の橋本関雪記念館に寄ってきました。

おいしいスパゲッティの夕食を食べました。

そしてこの日ここでは丁度 泉田 宗健老師の

「無へ 禅・美・茶のこころ」という本の出版記念パーティが開かれて

200名もの参加者があったそうです。

それでこの本を1冊わけていただきました。

これも良かった。 

これはまた後ほど

|

« 岐阜学会 発足 | トップページ | 木内 鶴彦さんがあの世で見たものは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20176/3988561

この記事へのトラックバック一覧です: 天の橋立 福知山の旅:

» 日帰り温泉 []
... [続きを読む]

受信: 2005/05/05 19:06

« 岐阜学会 発足 | トップページ | 木内 鶴彦さんがあの世で見たものは »