« ミームについて | トップページ | 日本ホリスティック医学協会 ご案内 »

2005/04/04

宇野 正美 国際時事講演会IN 篠山

宇野 正美 国際時事講演会IN篠山へ行って来ました

いつもなら桜が満開の時期ですが今年はまだつぼみが固かったです。
残念でした

いつもの 田園ホール には全国から宇野 正美ファンで約1000名ほども
集まり満員の盛況でした。
なんでも世界情勢からここでの開催は今年で終りで来年はもう出来ない
だろうと言うことだったのですが、チラシには来年の予定が印刷してあった
のはしゃれでしょうか


今回は宇野 正美氏と終戦時の大本営参謀だった高橋 正二氏 93歳の
お二人でした。
おおよそこんなお話でした
詳しくはテープをお買い求めください

申込み済み先

    ㈱リバティ情報研究所       
           079-552-7082

◆宇野 正美の話

・2005年はどういう年か
    100年         60年        20年        15年

   1905年
   日露戦争 戦勝の年 太平洋戦争敗戦  円高       バブル崩壊
                 の年        日本経済最高

    最高          最低         最高         最低

・ローマ法王   死去
    次の法王はじつはもう決まっている
    ユダヤ人になるはずだ

・世界はユダヤが握っている
    カソリック   中枢は ユダヤ人

    ロシア正教    ヾ   ヾ
韓国との問題
  思想
  朱子学
  儒教 中華思想
  日本 は野蛮な国だと思っている

これからユダヤが出てくる
  われらは世界支配の責務がある
   宗教も
   政治も   ユダヤだ

病気 治らない
 抗癌剤 毒で出来ている
 まともな食べ物を食べなさい
 ハンバーガー
 コカコーラ
  が原因

原爆 は実験だった
 ユダヤがやった
 アメリカ軍はじめに死傷者の内蔵を
 持ち帰った

スマトラ地震  人工地震か
  中国対策 石油を止める
  マラッカ海峡での拉致
  中国への警告

徳川時代
   百姓 町民 五人組でしばった

日本の本来は
   安土桃山時代だ
   自由活発

   江戸時代以降はダメ

日露戦争
 日本は勝ったらすぐに
 アメリカが出てくるように頼んでいた

吉良 いい人だった
  忠臣蔵 ほんとの原因わからない
  朱子学を広げるための作りごとではないか
  歌舞伎 映画 ほとんど作りごと
  討ち入り 生活に困ってやった

地球温暖化
  CO2が原因ではないうそ
  フォトンベルトだ
   
日本と戦った国はみな滅んでいる
  中国 清
  ロシア 二コライ二世
  アメリカ  朝鮮戦争
        ベトナム
        イラク
  日本には
    古代ユダヤがいるからだ


◆高橋 正二氏

    1945年 大本営参謀
    大正2年生まれ   93歳
    1945年3月6日 戦地から東京へ帰ってきた
      それからの大空襲  ひどいもんだ
      B29  350機  焼夷弾 2000トン
      
    東京 名古屋 大阪 神戸   50万人が死んだ

      カーチスロメル少将   S39年 勲一等旭日賞をもらっている

    8月6日  広島に原爆 投下
      アメリカ軍から連絡があった
      原爆だということすぐにわかった
      7日から 一人で広島へ入った   情報収集のために
      死臭がひどい
      後日 白血病になった

ソ連 仲立ちを頼んでいた
  ヤルタ協定 密約をしていたが日本は知らなかった
ボツダム宣言の打ち合わせに行っていた
ソ連 突然に参戦してきた
ボツダム宣言について
アメリカだけが署名している
鈴木貫太郎総理 どこまでもやるといった
東郷外務大臣  困った
終戦受けるか
天皇を助けるという条件で受けた
、マッカーサーの指揮下に入ること
、天皇のことは国民が決める

鈴木総理
    受け入れられない
天皇 そう心配するな
    受け入れようではないか

一億総決戦すべきである
   とみんながいった
   あなみ大将  冷静だった
     あなみがここにいる限りは安心してください

       
最近の話題について  
  領土侵犯
  北朝鮮の拉致

、コミンテルンの影響
   国際共産主義
   大正11年日本共産党
   目的は天皇制の破壊
   日本共産党が 天皇制という言葉はじめてつかった
   日教組の活躍
、東京裁判史観の影響
   これほどひどい裁判はない
、フリーメーソンの陰謀
   天皇制の破壊
   日本の紙幣にユダヤのマークが入っている
   なぜ菊の紋章がないのか


今後に期待すること
  ・国防力の強化をせよ
  ・憲法改訂
  ・青少年の健全な育成をせよ


|

« ミームについて | トップページ | 日本ホリスティック医学協会 ご案内 »

時事問題・ほか」カテゴリの記事

コメント

前田様

すごい資料をありがとうございます。
とても勉強になりました。

投稿: えーさん | 2007/03/08 23:59

証言:
近代天皇制は海賊某の孫大室寅之祐を明治天皇にすり替えた長州の大陰謀で成立した

-部落民出身の大室寅之祐=明治天皇の弟の玄孫地家[ジケ]康雅氏が暴露証言した!

 天皇家初代リーダーはユダヤ12部族第3部族の難民第3支族が南西諸島伝いに鹿児島
大隈半島の大根占へ上陸、長髄彦指導下の古代の日本=「耶馬台国」を侵略して北上、
日向に本営を構えて北上、「東進」して侵攻し、奈良の橿原で大和政権を樹立、千数百
年かけて源頼朝時代にやっと日本の統一占領支配に成功した、日本侵略者だった。中国
人はそれを非難を込めて「邪」馬台国と呼んだ(魏志倭人伝)。
 皇国史観の天孫降臨説も、左翼の神話説も共に侵略を美化して、日本人を長年騙して
きたユダヤ日本侵略美化論の売国的理論である。こうして歴史を書き直して初めて、日
本民族は精神的奴隷状態から解放される。
 従って、「邪馬台国」は九州にあった、いや畿内にあったという歴史学会の不毛な論
争は、曲学阿権の白痴者らの日本侵略の美化・隠蔽のキャンペーンである。

 東北日本人の親子代々の祖国防衛戦争は不滅である。明治維新の長州の大陰謀も英国
フリーメーソンの指導で実現した。東北日本人、とくに会津藩の2度目の英雄的な抵抗
戦争、戊辰戦争、北海道の函館五稜郭での戦いと玉砕などは、世界支配を目指したフリ
ーメーソンの侵略に対する日本人民の輝かしい不滅の祖国防衛戦争であった。新撰組の
闘いも、本人らには自覚と認識がなかったが、改めて高く再評価する必要がある。
 戦前は世界支配の総本山である英国フリーメーソンとの裕仁の日英同盟、第2次大戦
後は、米国フリーメーソンの日本占領と属国支配が続いている。
 第2次大戦ではカトリック信者でヨゼフと名乗っていた吉田茂が、対米英開戦を決定
した所謂「御前会議」の内容と決定を細大漏らさず米フリーメーソンの米国大使に通報
していた日本人最高機密のスパイ名「ヨハンセン」だった。裕仁は、吉田にそれを指示
した売国容疑が濃厚だった(鬼塚英昭「天皇のロザリオ」上下:成甲書房、下pp402~
403)。裕仁が戦後戦犯訴追をトルーマンの命令で免れ、吉田がマッカーサーのひいきで
首相になったのは、それゆえだった疑いがある。

天皇は保守と革新の対立で国民統合の象徴ではない

憲法第1条も、自民党改憲案第1条も虚偽である。

天皇家は全員カトリック信者で、心はアメリカ人だと米国では見られている

宇宙管理界と地球管理界の1981年決定で天皇家は民間人化する運命にある。
天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず。天皇制廃止。

地球破壊・人類破滅の「先制核ハルマゲドン」の米世界戦略に日本を組み込む売国
的な自民党改憲案をまかり通すな。*
 * 以上は筆者の見解。地家[ジケ]康雅氏の証言への筆者の論評参照:
               
  必見: http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/24.html

                         前田 進 jcfkp201@ybb.ne.jp

近代天皇制は海賊某の孫大室寅之祐を明治天皇にすり替えた長州の大陰謀で成立した
-それは、大室寅之祐=明治天皇の弟の玄孫地家[ジケ]康雅氏が証言した!
 詳細は下記URLで参照せよ。

さらに、地家康雅氏の証言の一部を要約すると:

昭和天皇裕仁は大正天皇の息子ではなくて、海賊某の息子地家作蔵の息子大室寅之祐
(すり替え東京明治天皇)の息子である。つまり海 賊某の子孫である。

天皇明仁は裕仁の息子ではなくて、徳川斉昭の息子中川宮朝彦の息子東久邇稔彦の息子
三笠宮崇仁の息子である。つまり徳川の子孫である。

皇太子浩宮は天皇明仁と美智子の息子ではなくて、前記大室寅之祐(すり替え東京明
治天皇)の弟大室庄吉の息子大室儀作の息子大室近祐の息子徳川恒孝の息子である。
つまり海賊某の子孫である。

敬宮愛子は、橋本龍太郎の第二夫人の娘和子の娘で、皇太子浩宮と雅子の内密の養子
である(雅子の鬱病はそれが元である)。

橋龍は橋本卯太郎と前記大室庄吉の娘大室ヨネとの息子橋本龍伍の長男である。

明治維新での長州大陰謀の実現について詳細は、必見:
 
  http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/24.html



投稿: 前田 進 | 2007/03/08 13:33

三宅 様

ありがとうございます。

投稿: えーさん | 2005/04/05 22:52

内容がうまくまとめられてわかりやすかったです。また、参考にしたいと思います。

投稿: 三宅 敏宏 | 2005/04/05 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇野 正美 国際時事講演会IN 篠山:

« ミームについて | トップページ | 日本ホリスティック医学協会 ご案内 »