« 第21回 地方銘酒を楽しむ会 | トップページ | 自作のワイン »

2005/03/29

愛・地球博 「森の自然学校」

友人からのお知らせです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛知万博  「森の自然学校」   について、ご案内申し上げます。

環境をテーマにした21世紀万博 「愛・地球博」 が、3月25日に開幕しました。今
回の万博は、自然が有するすばらしい仕組みや命の力に学び、新しい文化・文明
のあり方と、21世紀社会のモデルを実現することを目指しています。

会場は、約半分を自然のまま残しています。長久手会場には、世界各国や企業出
展による色鮮やかなパビリオン郡のほか、広大な自然を利用した森林体感ゾーン
があります。ここに、昭和の木造校舎を彷彿とさせる「森の自然学校」が立地し
ています。自然の叡智を体感できる森の自然学校は、森そのものがパビリオン。
全国から集まったインタープリター100名が、参加・体験型の環境教育プログ
ラムを提供し、来場者を森にご案内します。愛・地球博のメインテーマである
「自然の叡智」を、まさに自然の中で体感できるゾーンです。

自然と人との橋渡し役であるインタープリターとして、私もこの事業に関ってい
ます。インタープリターとは自然翻訳者、自然が発するメッセージを通訳して伝
える森の案内人のこと。100名の仲間は、大学で環境関連の勉学を重ねている学
生や、森林インストラクター、環境カウンセラー、自然観察指導員、環境政策に
携わる行政マン、自動車会社の技術者、海外青年協力隊員としてアフリカで活動
された経験の持ち主など、年齢・経歴・セクターともに様々です。ことに、環境
分野で自らを生かしたいとの熱い思いを抱いてインタープリターに志願した若い
世代の前向きな姿が目を引きます。

南の森には、葉っぱのドームや水の東屋、森の隠れ家などが点在します。踏みし
める森の小道はふんわりとやわらかく、足に心地よい感触があります。今の時
期、アセビ(馬酔木)がたくさんのかわいらしい白い花をつけ、ヒサカキが春の
香りを放っています。僅かに残ったソヨゴの赤い実は、緑の森の中で小鳥たちに
存在をアピール。ソメイヨシノが開花をむかえれば、春爛漫の世界が森の中に一
気に広がります。

南の森では、いつもとは違うより深い自然体験や、森の中での時間を楽しむ「イ
ンタープリターと歩く森のツアー」が、10時から16時までの間、随時実施されま
す。(所要時間45分)また、森を楽しむヒントが書かれたワークシートとマップ
を手に、ご自分のペースでゆったり森を楽しむお散歩プログラムの「森あそびセ
レクトツアー」は、自然の不思議を発見し、美しさを楽しみ、自然の仕組みを学
んだりすることができます。「森の秘密をさがしに」や「花鳥風月のささやき」
「森の住人を探せ」など数種類のツアーガイドが、その日の天候に合わせ用意さ
れています。

体験工房では、昭和40年代の学校にタイムスリップして、暮らしや食について考
える「おもいで教室」(平日11:45,14:15開催、土日10:45,12:15,13:45開
催)と、自然素材のおもちゃで遊ぶ「あそび工房」を毎日開催中。

北の森では「絵物語の散歩道」で、森の自然を題材にした絵本の世界を楽しむこ
とができます。路傍に設置された木製の絵本パネルを読みながら、自然の見方や
感じ方のヒントを受けつつ森を自由に散策します。出口では、いま見てきたス
トーリーがかわいらしい絵本となってプレゼントされます。また、「気づきの
道」は、森の中に点在するさまざまなアート作品を通して、森をゆっくり楽しむ
散策路となっており、森の奥には見晴らしのよい休憩所も設置されています。

瀬戸会場には 「里の自然学校」 があり、より深い自然体験ができる山の小径・里
の小径・窯の歴史館コースの3つが、インタープリターと歩く里のツアーとして
実施されます。

愛知万博総合プロデューサーの木村尚三郎氏(東大名誉教授)は、「森に遊び、
木々を愛して生きる知恵を引き出す。元気と幸せと安心がそこから生まれる」と
述べていらっしゃいます。なお、森林体感ゾーンは環境保護のため、南の森は1
日2千人、北の森は1日千人までの入場制限管理区域となっています。また、森
の自然学校の2階には、環境省さんが「エコ・リンク」を出展されており、地球
温暖化問題などグローバルな環境情報と、21世紀のライフスタイルなどを提案さ
れています。

一方、スタッフが利用するカフェテリアは、多彩なコスチュームをまとった世界
各国の人々が集い、さながら成田空港のよう。皆なごやかに会食を共にしてお
り、万博というフィルターを通して世界の平和を実感できるひとときでもありま
す。なお、私は愛知環境カウンセラー協会の一員として、キッズエコツアーも担
当します。こちらは小中学生が対象のツアーで、会場内の環境配慮施設を紹介し
ながら、環境を考えるきっかけを提供するというもの。事前予約制で、修学旅行
や環境学習としての参加も可能です。

環境というテーマのもと、EXPO会場に世界中の人々の知恵が結集し、持続可
能な循環型社会形成に向け、豊かな未来社会を作り出すきっかけをつむぎだします。

ロボットや燃料電池など新エネルギーをはじめとする最新技術の発信や、工夫を
凝らした映像で地球環境の過去・現在・未来を表現するパビリオンめぐりも楽し
いですが、一時喧騒からはなれ、季節感あふれた自然を満喫できる森林体感ゾー
ンに、ぜひ一人でも多くの皆さんにお出でいただけたらうれしい限りです。

森の自然学校・北の森(長久手会場)、里の自然学校(瀬戸会場)で、皆様のご
来場をお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 インタープリター  浅野 智恵美さんから でした

|

« 第21回 地方銘酒を楽しむ会 | トップページ | 自作のワイン »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛・地球博 「森の自然学校」:

» 愛知万博 でだし低調 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
関連するブログ記事から内容の濃いものを独断で選んでみました。 いろいろなご意見が... [続きを読む]

受信: 2005/08/20 15:10

« 第21回 地方銘酒を楽しむ会 | トップページ | 自作のワイン »