« 宇野 正美 国際時事講演会1月のテープ | トップページ | タニサケ 松岡会長の話 »

2005/02/07

水素時代は来るか?

DSCF0095 先日名古屋で EPOC 環境パートナーシップ・CLUBのエネルギーフォーラムがありました。
EPOC 環境パートナーシップ・CLUBとは名古屋のトヨタはじめ財界がこぞって全国に先駆けてつくった
経済界の環境団体です。

今回のタイトルは「21世紀のエネルギーエコトピアを目指して」というものです。
そしてこの日 2月4日に愛知県水素エネルギー産業協議会が発足し架谷 昌信名古屋大学名誉教授が
会長に就任しました。

このフォーラムでは基調講演として柏木 孝夫東京農工大大学院教授と山地 憲治東大教授による
新エネルギーについての話がありました。
新エネルギーの展開やESCO事業の活用の推進などの話でした。

その後のパネルディスカッションも面白かったです。
最首 公司NPO燃料電池・水素エネルギー・ネットワーク理事の水素は平和のエネルギーである
また今までエネルギーはおじいさんが山へ柴刈りに行ったときから男の仕事でしたが
これからはエネルギーは女性の時代になると言っていたのが印象に残りました。

またこの日愛知県から「愛知県新エネルギー関連産業振興計画(仮称)」の発表がありました。
愛知県では愛・地球博の後の対策として精力的に環境問題に取り組んでいることが
目立ちます。
一般にはまだ知られてはいませんが

|

« 宇野 正美 国際時事講演会1月のテープ | トップページ | タニサケ 松岡会長の話 »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水素時代は来るか?:

« 宇野 正美 国際時事講演会1月のテープ | トップページ | タニサケ 松岡会長の話 »