« スキャナーで栄養状態がわかる? | トップページ | 中丸 薫さん  明治天皇のお孫さん »

2005/02/13

安保 徹新潟大学教授の話

DSCF0042DSCF0030DSCF0029安保 徹教授は昨年あたりから「免疫革命」や「体温免疫力」という本で非常に人気のあるおなじみの先生です。
今年愛知県にあるガン患者の組織「NPO法人 いずみの会」
15周年記念講演会でおよびしたものです。

その中で安保先生はこうおっしゃいました。
これが最大のエキスでしょうか

ガンとわかったら実施すべき4か条

1・生活パターンを見直す

2・ガンの恐怖から逃れる

3・消耗する治療は受けない、続けない
    手術、抗がん剤、放射線治療など

4・副交感神経を優位にして免疫力を高める

ガンになるとお医者さんはまず手術そして抗がん剤や
放射線治療となりますね
これらのことはガンをやっつけますが体もボロボロに
なるそうです。
ガンは自分の責任で治せとおっしゃいます
安保先生は

またNPO法人 いずみの会では現在770名の会員が
いますが、昨年までの10年間での年間平均死亡率は
5%だそうです。
これは大変な数字ではないでしょうか
同会の会員の条件は抗がん剤を飲まないことなんですって

|

« スキャナーで栄養状態がわかる? | トップページ | 中丸 薫さん  明治天皇のお孫さん »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安保 徹新潟大学教授の話:

« スキャナーで栄養状態がわかる? | トップページ | 中丸 薫さん  明治天皇のお孫さん »